映画『ボヘミアン・ラプソディ』の爆発的ヒットを受けて、クイーンのヒストリーDVDが大ヒット

■インタビューやパフォーマンス映像に加えて、イギリスのBBC監修のもと、音楽ジャーナリストや音楽誌編集者らがクイーンの素晴らしさを前のめりにコメント!

現在公開中の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の爆発的大ヒットにより、サントラやアルバムが軒並みオリコンにランクインするなど、人気再燃中のイギリスを代表するロックバンド、クイーン。

そんなクイーンの、デビューから黄金期の1980年までの紆余曲折を時系列に追ったドキュメンタリー『クイーン ヒストリー 1973-1980』が、AmazonのDVDドキュメンタリー部門で1位(11月30日現在)を獲得する大ヒットを記録している。

フレディ・マーキュリーの秘蔵インタビュー映像や、各楽曲のライブやスタジオでのパフォーマンス映像が織り込まれているのはもちろんのこと、この作品の特徴は、何といっても、クイーンと強い結びつきがあったイギリスのBBC監修のもと、音楽シーンに精通した音楽ジャーナリストや音楽誌編集者などの有識者たちによって前のめりに語られる、クイーンの楽曲が世に出るまでの舞台裏や彼らの進化の過程など、唯一無二のユニークさと人気の秘密を多角的に掘り下げた充実の内容。

さらには、ドキュメンタリーには珍しく、ブライアン・メイの音楽センス、そして高度なギターテクニックの技巧から音色までを、プロのギタリストが自ら演奏しながら熱く語る解説にも注目だ。

収録されている主な楽曲は、「キラー・クイーン」「ボヘミアン・ラプソディ」「愛にすべてを」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」「バイシクル・レース」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」「愛という名の欲望」「地獄へ道づれ」ほか、すべての登場曲に日本語対訳が付く。

映画をきっかけにクイーンのことを復習したいと思う人にも、クイーン本人たちの映像を観ながらクイーンについてより掘り下げたいと思うファンにとっても、楽曲ごとの魅力を存分に味わえる、クイーンを語る上で必須の作品となっている。


映画情報

『ボヘミアン・ラプソディ』
大ヒット上映中
監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング/ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック/ジョセフ・マッゼロ/ベン・ハーディ/グウィリム・リー/ルーシー・ボイントン/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox


リリース情報

2018.10.19 ON SALE
ALBUM「『ボヘミアン・ラプソディ』オリジナル・サウンドトラック」

2018.11.02 ON SALE
DVD『クイーン ヒストリー 1973-1980』
※DVD発売&レンタル中/デジタル配信中
発売元:ジェットリンク
販売元:ポニーキャニオン
(C)CHROME DREAMS MEDIA 2005. ALL RIGHTS IN THIS DVD VIDEO ARE RESERVED


映画『ボヘミアン・ラプソディ』作品サイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

『クイーン ヒストリー 1973-1980』の詳細はこちら
https://news.ponycanyon.co.jp/2018/08/26373


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人