斉藤和義、有村架純×國村隼W主演映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』主題歌「カラー」MV公開

■小さな駅や、雄大な海の横を走るたった1両の気動車と共に、曲のテーマでもある“再出発”を描いたMV。斉藤和義が映画の舞台・鹿児島を訪れ撮影!

斉藤和義の新曲「カラー」(11月28日発売)ミュージックビデオ(ショートバージョン)が斉藤和義オフィシャルYouTubeチャンネルとGYAO!にて同時公開された。

「カラー」は、有村架純と國村隼のW主演にて、11月30日に全国公開される映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の主題歌として斉藤和義が書き下ろし提供した楽曲。

映画は人生を鉄道になぞらえて描く『RAILWAYS』シリーズの最新作で、その舞台は鹿児島県と熊本県を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」。鹿児島県の阿久根市など、美しく彩り豊かな九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った“ふぞろい”な3人の家族の再出発が描かれている。

若くして夫を亡くし、夫の連れ子を抱え夫の故郷・鹿児島で一念発起して「運転士」を目指す主人公・晶役を有村架純、晶の義父で、最初は頑なだったが、晶の明るさと孫の駿也とふれあうことで徐々に心を通わせていく節夫役を國村隼が演じる。

斉藤は曲を制作するにあたり、鹿児島での本作撮影現場を訪れ、実際に主人公・晶(有村)や節夫(國村)が劇中で運転する肥薩おれんじ鉄道に乗車するなどして、イメージを膨らませ曲を書き下ろしたが、ミュージックビデオの撮影においても再びこの鹿児島を訪れ撮影に挑んだ。

小さな駅や、雄大な海の横を走るたった1両の気動車と共に、曲のテーマでもある“再出発”を描く物語が美しく仕上がった。ディレクターは22歳の気鋭の映像作家、Spikey John。

さらに、『斉藤和義2019年弾き語りツアー』の開催とそのスケジュールも公開。4月13日の石川・本多の森ホールを皮切りに、6月22日の沖縄・沖縄コンベンション劇場まで全29公演をまわる。


リリース情報

2018.11.28 ON SALE
SINGLE「カラー」

2018.11.28 ON SALE
ALBUM『Kazuyoshi Saito LIVE TOUR 2018 Toys Blood Music Live at 山梨コラニー文化ホール2018.06.02』

2018.11.28 ON SALE
DVD&Blu-ray『Kazuyoshi Saito LIVE TOUR 2018 Toys Blood Music Live at 山梨コラニー文化ホール2018.06.02』


「カラー」(MUSIC VIDEO Short)※GYAO!
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v07962/v0994000000000543719/

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』作品サイト
http://www.railwaysmovie.jp/

斉藤和義2019年弾き語りツアー特設サイト
http://www.kazuyoshi-saito.com/tour2019/

斉藤和義 25周年スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/ks/

斉藤和義OFFICIAL WEBSITE
http://www.kazuyoshi-saito.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人