涙なしでは観られない! 大泉洋主演『こんな夜更けにバナナかよ』主題歌「フラワー」映画版MV公開。音楽はポルノグラフィティ

■映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、難病を患って体が不自由にも関わらず真っ直ぐに生きた主人公と、彼に会って変わっていく人々の人生を描いた、感動の実話!

車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の“笑いと涙の実話”を大泉洋主演で映画化した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日より全国公開となる。

本作は、難病の筋ジストロフィーを患って体が不自由にも関わらず、自由気ままにワガママに生きた鹿野靖明(大泉洋)と、そんな真っ直ぐな生き方をする彼に会って変わっていく人々の人生を描いた、この冬最高の感動実話。先日11月12日に行われた完成披露試写会でのアンケートでは、驚異の作品満足度95.9点を記録! さらに、

「笑った!」99.7%
「感動した!」97.7%
「お薦めしたい!」97.7%

と高評価を得ており、笑いあり、涙ありの感動実話に期待が高まるばかりだ。

そしてこのたび、ポルノグラフィティが本作のために書き下ろした主題歌「フラワー」の映画版ミュージックビデオが完成した。

これまで数々の大ヒット曲を生み出し、先日グループとして初のライブビューイングを開催するなど、1999年のメジャーデビューから音楽業界を牽引してきたポルノグラフィティ。今回解禁された映画版ミュージックビデオは、計2分30秒の映画予告ロングバージョンとなっており、先日解禁された主題歌入り予告ではサビしか聴くことのできなかった同曲の魅力を、いち早く聴くことができる内容となっている。

わがままで、おしゃべりで、ほれっぽい鹿野(大泉洋)が、美咲(高畑充希)や田中(三浦春馬)をはじめ大勢のボランティアに支えられながら風変わりな自立生活をするさまが映し出されるも、サビがかかると一変。鹿野が突然倒れ、命の危機に。病弱していくも力強く生きようとする鹿野と、彼を支えようとするボランティアたち。大切な“家族“として共に病と闘う姿と、鹿野の強さと優しさ、美しさを表現した主題歌があわさり、涙なしでは観られない映像になっている。

主題歌「フラワー」は、2018年12月14日よりダウンロード配信がスタートする。

そして、現在、877(バナナ)人の宣伝ボランティアスタッフとバナナを愛するサポーター店を大募集中。スタッフに認定された人は宣伝ボランティアスタッフとして宣伝活動に協力する。サポーター店に認定された場合は、本作のポスター・チラシに加え、公認特製ステッカーが送られ、本作公式SNSにて紹介される。


リリース情報

2018.12.14 ON SALE
DIGITAL SINGLE「フラワー」


映画情報

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
12月28日(金)全国ロードショー

出演:大泉洋
高畑充希 三浦春馬
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵/竜雷太 綾戸智恵/佐藤浩市/原田美枝子
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
配給:松竹
(C)2018 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会


「宣伝ボランティア&サポーター店募集かよ!」キャンペーンページ
http://bananakayo.jp/volunteer/

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』作品サイト
http://bananakayo.jp/

ポルノグラフィティ OFFICIAL WEBSITE
http://www.pornograffitti.jp/index.php


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人