マツコ・デラックス、レディー・ガガ主演映画を語る。「アカデミー賞最有力って言われてるけど、絶対ムリ!」。その理由とは!?

■「ベタでイイわよ! 随分エンターテインメントだった。ベタを観に行け! 堂々と!!」(マツコ・デラックス)

現代最高の歌姫・レディー・ガガ初主演×監督・主演ブラッドリー・クーパーで描く感動のエンターテイメント映画『アリー/ スター誕生』(12月21日 日本公開。2D/IMAX 上映)。

ベネチアやトロントなど、世界中の国際映画で絶賛され、『フォーブス誌』ほか名だたるメディアが称賛を送る本作。10月5日に全米で封切られた本作は、公開後も全米No1 映画評サイト『ロッテン・トマト』で驚異の90%フレッシュを記録し、すでに200億円突破の大ヒット! 全世界興行収入は400億円を超え、現在も数字を伸ばし続けており、その勢いは止まるところをしらない。

さらに劇中で披露される楽曲の数々を収めたサウンドトラックは、全米アルバムチャート3週連続1位、全英アルバムチャート2週1位、そして世界83ヵ国のiTunesで1位を獲得! ガガ史上最大のヒットであると共に『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』を抜く、驚異的セールスを樹立。2019 年度ゴールデン・グローブ賞、並びにアカデミー賞最多ノミネートが、いま確実視されている。

歌って、恋して、傷ついて、私は生まれ変わる――。愛と成功のはざまで、主人公アリーが最後につかんだものとは? 観る者を釘づけにするレディー・ガガ書き下ろしの楽曲たち、そして全身全霊で挑んだ圧巻のパフォーマンス。一生忘れないほどの“エモーショナルな体験”が、この冬、日本中を感動の涙で包み込む!

そしてこのたび、本作のTVCMにマツコ・デラックスの異例の出演が決定。デビュー当時からレディー・ガガに注目していたからこそ実現した、今回のCM出演。スクリーンで映画を観たのは、ビョーク主演の『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000年公開)以来なんと18年ぶりだという。

『アリー/ スター誕生』鑑賞後は、「アカデミー賞最有力って言われてるけど、絶対ムリよっ!(笑)」とひと言目からマツコ節全開。「ガガは大スターだからよ! だから選ばれないと思うのよ」とマツコらしい毒舌から始まった。

「メイン楽曲の『シャロウ』を聴いて、アリー(レディー・ガガ)とジャクソン(ブラッドリー・クーパー)、やだ、(出逢ってすぐなのに)ハモった! って思った!(笑)でもベタでイイわよ! 随分エンターテインメントだった。ベタを観に行け! 堂々と!!」「夢を見させてくれる、ミュージカル映画ね」と本作の楽曲とエンタメ性を賞賛。

「周りがドン引きする恋愛、周りが見えなくなる、それが恋なのよ!」と独自の恋愛論を展開し、「薄っぺらいハッピーエンドじゃなく、“強く生きる”ってことを描いた作品ね」と本作のストーリーの深さにも言及。

そして最後にレディー・ガガについて「今この時代に、アリーを誰がやれるかって言ったら、そりゃガガだったのは必然」と、ガガが演じるアリーの強さや、本作の持つメッセージ性を踏まえ、「アリーがある意味したたかで強い。最終的に道を切り開いていくのは自分だし、自分の行きたいように生きるしかないワケじゃない、人生って。その熱量がスゴイ伝わってきて。映画で人生なんて変わらないって思ってる人にぜひ、観てもらいたいわね」と締めくくった。

マツコ・デラックス出演の『アリー/ スター誕生』TVCMは12月8日からオンエア予定。マツコ節全開なTVCMは必見だ。


映画情報

『アリー/ スター誕生』
12月21日(金)全国ロードショー
監督&製作:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
全米公開:2018年10月5日
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


映画『アリー/ スター誕生』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人