稲垣吾郎&草なぎ剛&香取慎吾、『ParaFes 2018』でパラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」を熱唱

■パラアスリートとオリンピアンによる息をのむ勝負、障がいのあるミュージシャンと国内人気アーティストによるここでしか見ることのできないコラボが展開

日本財団パラリンピックサポートセンター(以下パラサポ)が11月23日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナにて『ParaFes 2018 ~UNLOCK YOURSELF~』を開催した。

『ParaFes』は、パラスポーツの普及啓発を通じインクルーシブ社会の実現を目指すライブエンターテインメントイベントで、3回目の開催となる今年のテーマは「真剣勝負」。パラアスリートとオリンピアンによる息をのむ勝負や、障がいのあるミュージシャン、国内人気アーティストたちによる、ここでしか見ることのできないコラボレーションステージが行われた。

過去最高の6,000人の来場者が見守る中、パラフェスダンサーズによるオープニングパフォーマンスに続き、パラサポ最高顧問の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 森喜朗会長、パラサポ特別顧問の日本財団 笹川陽平会長、パラサポ会長 山脇康による登壇者挨拶の後、ParaFesロゴオブジェの点灯が行われた。

続いてスクリーンには国際パラリンピック委員会 アンドリュー・パーソンズ会長のメッセージVTRが投影され、「僕の特別な友達、国際パラリンピック委員会特別親善大使(※1)を紹介しましょう!」の掛け声で、草なぎ剛と香取慎吾が登場。会場は歓声に包まれ、「パラフェス2018、開幕です!」と開会が宣言された。
※草なぎ剛の「なぎ」は、弓へんに前+刀が正式表記

ナビゲーターを務める草なぎが満員の客席を見て、「こんなに大勢の方が集まってくれて、選手もうれしいと思う」と感想を述べると、香取も、「2020年も満員のお客さんで、選手を応援したいですね」と、『東京2020パラリンピック』へ向けての意気込みを語ったところで、アスリートによる“真剣勝負”がスタート。

まずは、『東京2020パラリンピック』で正式競技に採用されたテコンドーの勝負。日本チームをけん引するパイオニア、伊藤力選手と、ニューヒーロー星野佑介選手が登場し、『東京2020パラリンピック』で実際に行われる試合形式である2分×3ラウンドの試合で対戦した。開始早々、星野選手が2ポイントで先制するも、伊藤選手が連続得点で盛り返すなど一進一退で緊張感溢れる攻防が繰り広げられた結果、17-16で伊藤選手が勝利した。

伊藤選手は「このような機会に、パラテコンドーを観ていただき、ありがとうございます。ぜひ、また観に来てください」とコメント、星野選手は「負けてしまって悔しいですが、大きな舞台で試合を体験できて幸せです」と話し、ともに東京大会でのメダル獲得の目標を口にしていた。

続いては、パラリンピアンとオリンピアンとの卓球での真剣勝負。『リオ2016パラリンピック』代表の岩渕幸洋選手とリオデジャネイロオリンピック2016銀メダリストの吉村真晴選手が、パラアスリートから見える卓球台を具現化した世界初の“変形する卓球台”を使い、11点先取の1セットマッチで真剣勝負を行った。序盤は岩渕選手がリードするも、吉村選手が徐々に得点を重ね、熱い戦いの末、吉村選手が11-5で勝利した。

岩渕選手は「(大舞台での試合に)緊張しました。入りはよかったが、徐々に力が入ってしまいました。この経験を糧に、東京大会ではいいパフォーマンスをしたいです」と意気込みを語った。また、吉村選手は、左サイドが長い変形した台での慣れない卓球に、「やりにくかったです。卓球台が広くて、スタミナも必要。岩渕くんのすごさを感じました。勝ててほっとしました」と感想を述べた。

最後は、車いすフェンシングの真剣勝負で、加納慎太郎選手が、『ロンドンオリンピック2012』銀メダリストの三宅諒選手と、エペ種目で5トゥッシュ先取の試合を行った。三宅選手が先制するも、加納選手が徐々にリズムをつかみ、得点を重ねます。目にも止まらない素早い剣さばきが、観客を魅了。緊迫感溢れる戦いが繰り広げられた結果、5-3で勝利したのは加納選手だった。

加納選手は「応援のおかげで、勝つことができました。オリンピアンの三宅選手と剣を交えられて、光栄でした」と感想を語ると、慣れない車いすに座っての競技に三宅選手は「(フットワークで逃げられないぶん)どこに行っても逃げられず、息のつけない競技でした」と、車いすフェンシングの難しさも語った。また、ふたりは「応援は力になる」と、会場での観戦を呼び掛けていた。

UNLOCK LIVEは、会場で配布されたアイマスクをつける「ブラインドコンサート」形式で、今回で3回目の登場となった全盲のシンガーソングライター・木下航志の「明日に架ける橋」からスタート。続いて、『リオ2016パラリンピック』閉会式でもパフォーマンスを披露した両腕のないブラジル人ピアニスト兼ギタリストのジョナタ・バストス(Johnatha Bastos)による「Just The Way You Are」が演奏された後、盲目の小学生ドラマー・酒井響希が登場し、3人による「Isn’t She Lovely」が披露された。

ここで、現在、出演しているミュージカルの舞台終演後、パラフェスに駆け付けた稲垣吾郎がステージに登壇。「到着して、まだ5分だけど、もう感動しています」とコメントし、会場を盛り上げた。

最後に、May J.が加わってのスペシャルセッションがスタート。温かで透明感溢れる歌声と息の合った圧巻の演奏で、「This Is Me」が披露されると、会場は拍手に包まれた。May J.は「3人の演奏がパワフルで、負けないように歌いました。このまま皆で、ツアーを回りたいくらいです」と感動のステージを振り返った。

SPECIAL LIVEでは、パラフェス初参加の秦 基博が登場し、まず「アイ」を歌い上げると、「パラスポーツは初めて観ましたが、間近に見て、すごい迫力でした」と感想を語り、続いて、「鱗(うろこ)」を披露した。ラストとなった秦の代表曲「ひまわりの約束」では、出演したアスリート、ミュージシャンら全員がひまわりの花を手に登壇し、一緒に歌唱。会場は黄色一色に染まり、ひまわり畑にいるような一体感に包まれた。

最後にグランドフィナーレとして、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾によるパラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」(※2)が披露された。ステージ上の出演者と観客がひとつになった華やかなフィナーレとなり、拍手と歓声の中、『ParaFes 2018』は幕を閉じた。

今年は、隣接するサブアリーナにてテーマパーク型のパラスポーツ体験イベント『i enjoy ! パラスポーツパーク in ParaFes 2018』が同時開催され、10組の動画クリエイターも含む約1,300人が来場し、様々なパラスポーツにチャレンジ。パラスポーツパークでは初めての実施となった視覚障害者柔道をはじめ、車いすバスケットボール、パラ陸上(レーサー)、ボッチャ、パラ卓球、パラ・パワーリフティングの計6種のパラスポーツ体験コーナーを開設。パラアスリートによるレクチャーもあり、障がいのあるなしにかかわらず、子供も大人も一緒になってパラスポーツを楽しんだ。

また、会場内には、ParaFes 2018協賛各社のブースも出展され、今年の世界選手権においては見事金メダルを獲得した池崎大輔選手も来場し、タックル体験で会場を盛り上げたほか、応援メッセージの寄せ書きなど、各社特徴あるブースそれぞれは多くの来場者でにぎわっていた。

特設ステージでは、『ソウル1988パラリンピック』金メダリスト(陸上競技)の永尾由美が講師をつとめる『あすチャレ!Academy』と、『アテネ2004パラリンピック』銅メダリスト(水泳)の杉内周作による講演『知らなきゃ損!パラスポーツの魅力』も行われた。永尾は、「うなずきや笑い声など反応が多く、来場者の熱心さが伝わってきました」と話していた。

会場ではさらに、香取がパラサポのキーメッセージである 「i enjoy !」をテーマに描いた壁画(縦2.6メートル、横6.1メートル)をレゴブロックで実寸大で再現した「レゴ壁画」もお披露目された。普段は「日本財団パラアリーナ」に展示され一般公開はされていないこともあり、多くの来場者が記念撮影するなど、貴重な機会を楽しんでいた。

今回のすべてのイベントを支えたボランティアとして、視覚障がい者や聴覚障がい者を含む約190人が参加。会場には、車いす席とアクセシブルシートに加え、聴覚障がい対応席を設け、手話パフォーマーによる情報保障も提供した。

※1 国際パラリンピック委員会特別親善大使就任について
2018年7月8日に開催されたパラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付贈呈式に出席した国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長が、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾に対し“東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使(International Paralympic Committee (IPC) Special Ambassador toward Tokyo 2020 Paralympic Games)“就任を要請し、3人がその場で快諾したもの。

※2 パラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」について
「雨あがりのステップ」は、パラスポーツ支援を目的としWarner Music Japanと作曲家・菅野よう子、作詞家・麻生哲朗らの賛同のもとで書き下ろされたオリジナル楽曲。3月19日から6月30日まで期間、パラスポーツ応援チャリティソングとして、iTunes Store、レコチョク限定でリリース。

チャリティ期間中の売上金額全額は日本財団パラリンピックサポートセンターを通じ、6万ユーロ(約780万円)が国際パラリンピック委員会公認パラリンピック教材の世界各国への普及活動を行うアギトス財団へ、約1,520万円が国内のパラスポーツ普及支援を目的に、パラリンピック競技団体の実施する大会観戦・イベント参加拡大に寄与する事業への支援金として現在、活用されている。


『ParaFes 2018』公式サイト
https://www.parasapo.tokyo/parafes/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人