まじか! 運動神経良すぎの土屋太鳳が、目を疑う連続シュート! 映画『春待つ僕ら』バスケメイキング映像公開

■映画『春待つ僕ら』より“バスケットすごい映像”解禁! 経験者の北村匠海(DISH//)、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友に加えて、バスケ未経験の小関裕太もスゴ技を披露!

土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ映画『春待つ僕ら』が、12月14日に公開となる。

本作はリアルなバスケシーンを追求したことでも話題となっているが、このたび、その裏側を捉えた“バスケットすごい映像6選”メイキング映像が到着した。

何をするのもひとり。そんな“ぼっち女子”美月(土屋太鳳)の運命を変えたのは、バスケに真剣で、仲間を大事にする4人のバスケ部の男子との出会いだった。バスケ部男子4人を演じるのは、朝倉永久(とわ)役の北村匠海、若宮恭介役の磯村勇斗、多田竜二役の杉野遥亮、宮本瑠衣役の稲葉友。彼らは全員バスケを経験者で、到着した映像では、稲葉、杉野、磯村とパスが回り、最後に華麗に3ポイントシュートを決める北村の姿も収められている。

実はこの4人、Bリーグのプロ選手にも指導を仰ぎ、本作のために撮影の数ヵ月前からスケジュールを合わせて、部活動ばりの激しい練習を続け、バスケの技術だけでなく、チームワークも磨いた。

そんなバスケ経験者の4人とは異なり、アメリカ帰りの天才バスケ選手の神山亜哉を演じた小関裕太は、バスケ未経験。しかし、到着した映像では、難易度の高いジャンプシュートを見事に決める姿が映し出されており、小関が「亜哉をやるには覚悟が必要でした」と明かした言葉を裏付けるように、誰よりも早く練習を開始したという血の滲む努力が垣間見える。

バスケ経験者の北村、磯村、杉野、稲葉や、未経験の小関が魅せるリアルなバスケシーンの裏には、まるで部活の顧問のような怖すぎる(!?)平川雄一朗監督の妥協なき演出があったようで、到着した映像は、平川監督のアツい演出に応えるキャストたちの姿も捉えている。

そして、バスケ部の一員でもマネージャーでもないが、4人の“仲間”として彼らを応援する美月を演じた土屋も、役を離れるとバスケ部男子も顔負けの連続シュートで、バスケスキルを披露している。本気のバスケと、友情、そして恋。様々なキャラクターが交差し紡ぎ出す青春の物語は、この冬、誰もが胸を熱くする。


映画情報

『春待つ僕ら』
12月14日(金)全国ロードショー
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉友 泉里香 佐生雪 緒川たまき
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会


リリース情報

2018.11.16 ON SALE
TAOTAK
DIGITAL SINGLE「Anniversary」


映画『春待つ僕ら』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/

TAOTAK OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TAOTAK/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人