土屋太鳳、「幼なじみであり、同志のような存在」北村匠海(DISH//)からのサプライズレターに感激!

■土屋太鳳、映画『春待つ僕ら』の“バリ熱”エピソードを博多弁で披露!

土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ『春待つ僕ら』が12月14日に公開となる。

本日、11月21日に福岡・岩田屋きらめき広場にて本作の公開記念スペシャルトークイベントが行われ、スペシャルゲストとして、本作の主人公・春野美月を演じた土屋太鳳が登壇した。

イベントを心待ちにしていた大勢のファンで一杯になった会場に土屋が登場すると、一気にヒートアップ。会場の熱気同様に、本作はバスケの試合など、北村匠海(DISH//)演じる朝倉永久をはじめとするバスケ部男子の熱いシーンが盛りだくさん。

博多弁では「とても熱い」ことを「バリ熱(あつ)」と言うことにちなみ、土屋は「見どころはたくさんありますが、バスケットのシーンはスタッフさんキャストさん共に、リアルを追求するこだわりから一連の流れで撮影しました。実際に撮影時には小さな怪我などもありつつ障壁を乗り越えてワンカットで撮影したんです。私自身もバリ熱く応援したシーンでもあるので、ぜひ皆さんにみていただきたいです」と本作のバスケシーン “バリ熱”になったことを明かした。

そんな、バスケ部の永久を演じた北村匠海は、本日参加できなかったが、会場のファンと土屋に手紙のサプライズが。福岡の皆様へ「僕のいないぶん、たおがしっかりと楽しい時間を作ってくれると思うので、安心しておりますが、“ラーメン”やら“もつ”やら食べたかったなぁ。また、いつか行きます!」と手紙が読まれると会場のファンは大熱狂!

土屋へは「8年前、まだ僕が中学1年生のときに、出会いました。なんだかひとりだけ雰囲気が違くて、すごい大人に見えたのを覚えています。でも、一緒に撮影の期間を共にしていく中で、すこし抜けている部分や、まっすぐなところをみれて『こりゃ、みんなついていきたくなるわ~』と、子供ながらに思っていましたよ。それは大人になっても、変わらなくて、今回の撮影も、たくさん現場をひっぱってもらいました。本当にありがとう」と8年前の共演時の印象や本作での共演を振り返った。

手紙を預かったことが伝えられた土屋は“えー、びっくり”と驚きつつ、「北村さんはすごくていねいで気配りの利く方。とてもうれしいです!」と北村の印象を語りながら何度もうれしいとマイクを通して話していた。

ふたりが結成した音楽ユニット“TAOTAK(タオタク)”が歌う楽曲「Anniversary」が本作の主題歌に決定したばかりだが土屋は「8年前、北村さんと初めて会ったときは、人見知りでまったくしゃべらなかったんです」と前置きし、「でも、北村さんがしゃべり出すとみんなが真剣に話し出すような、何かスイッチが入るものを持っていました。それが8年の月日が経ち、ちゃんと成長して、お互い続けてこれたね。と思える関係になれててうれしくて。本作で共演した際もみんなを食事に誘ったりととてもリーダーシップを持って、みんなを引っ張ってくれる存在でした。“立派だな。引っ張ってくれているな”と現場中感じてました。幼なじみであり、同志のような存在なので、また次回も共演するまで私も成長したいと思います」とTAOTAKとしてだけでなく、本作での美月と永久としての共演についても、振り返った。

“バリ熱”シーン満載のバスケ、友情、そして恋。様々なキャラクターが交差し紡ぎ出すアツい青春の物語『春待つ僕ら』は12月14日公開。


映画情報

『春待つ僕ら』
12月14日(金)全国ロードショー
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉友 泉里香 佐生雪 緒川たまき
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会


リリース情報

2018.11.16 ON SALE
TAOTAK
DIGITAL SINGLE「Anniversary」


映画『春待つ僕ら』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/

TAOTAK OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TAOTAK/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人