女子大生ユニット・キャンパスクイーン、警視庁の制服姿で交通安全の大切さをアピール

■「私たちの交通安全ソングをもっと多くの人に知ってもらいたいです!そして、全国に広めていくことが目標です」(キャンパスクイーン・岡田彩花)

神田うのや栗山千明らが所属する芸能事務所「スペースクラフト」のミスコン出身者で構成された女子大生ユニット・キャンパスクイーンが11月17日、東京・青海のパレットタウンで行われた交通安全啓発イベント『交通安全。アクション2018お台場』に参加した。

メンバーは、昨年に引き続き参加の2014年度ミス成蹊大・岡田彩花、2016年度中央大学ミスコンファイナリスト・松井りな、2014年度準ミス帝京大・高尾美有、そして新しく東洋大学・三上珠英瑠、学習院大学・市川怜美、白百合女子大学・寺崎里恋、明治大学・須見円香が加わった7名。

これまでも交通安全運動に積極的に貢献し、昨年6月には警視庁新宿署から感謝状を贈呈された同ユニット。ステージに登壇した7人は、警視庁の制服を着用し、オリジナルの交通安全ソング「明日も・安全・愛コンタクト」「Eyeのアムール▽」を披露。
※▽はハートマーク

休日のお台場だけあって会場には多くの親子連れが来場しており、ライブパフォーマンスでは小さい子供からのかわいい声援も飛び交い、振り付けを真似るなど、大盛り上がりのイベントとなった。

岡田は本イベントについて「今日は実際にブースを回ってみて、このイベントが子供から大人まで楽しく学べるイベントだということがよくわかりました」とコメントし、「私たちの交通安全ソングをもっと多くの人に知ってもらいたいです! とにかくCDをリリースしたいんです! そして、全国に広めていくことが目標です」と意欲を見せた。

普段交通安全について感じることとして松井は「幼い従兄弟がいて、一緒に出掛けるとき、私は後部座席でチャイルドシートに挟まれて座ってるんです」と笑いつつ、「幼い子供って思いがけず危険な行動をとってしまうんです。そのとき、チャイルドシートの大切さを痛感します」と実体験を語った。

現在、教習所に通っている高尾は「今日のイベントで自動車を運転することの危なさを再認識しました。平成のうちに免許とってみせます!(笑)」と決意を表した。


キャンパスクイーン OFFICIAL WEBSITE
https://campusqueen.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人