「石原さとみに似ている」と話題の美少女・内田珠鈴、初出演映画『ヌヌ子の聖★戦』舞台挨拶に吉田凜音らと登壇

■「普段からよく行く原宿で大好きなおしゃれをして撮影するのがとても楽しかったです!」(内田珠鈴)

内田珠鈴(メイン写真左からひとり目)が、11月16日に都内で行われた映画『ヌヌ子の聖★戦』の舞台挨拶に登壇した。

内田は、フジテレビ系『めざましテレビ』にイマドキガールとしての出演中。11月12日の放送では食レポを披露し、そのあまりのかわいさにネット上では「石原さとみに激似!」と話題となっていた。

吉田凜音、久間田琳加がダブル主演を務める映画『ヌヌ子の聖★戦』は、夢に向かって絶対に諦めない不屈の精神をもったオシャレが大好きな女子大生・田原葵(吉田)と超現代っ子で容姿端麗・現実主義な読者モデル・三好里奈(久間田)を主人公とした物語。

ふたりは「双子」ではなく、双子に憧れて、双子コーデを楽しむほどお互いのことが好き過ぎる「ヌヌ子」(ぬぬこ)。お互いのことを理解しているつもりだったが「夢」「希望」「不安」「悩み」からすれ違いが生じるふたりを、原宿ファッションのカルチャーにフォーカスしながら描く。

『白夜行』『神様のカルテ』でメガホンを取った深川栄洋がプロデュースし、新進気鋭の監督・進藤丈広、脚本家・濱田真和により制作された。

本作が映画初出演となった内田が演じるのは、「ヌヌ子」に憧れるファン・紀代。同じく熱狂的ファン・歩美(糸瀬七葉)とヌヌ子に憧れて双子コーデを楽しんでいる。

主演の吉田凜音や久間田琳加のふたりに加えて、カリスマモデル・清美サリー役の横田真悠、原宿の住人・ハイジ役の西岡徳馬、人気バンド“オリオン”のフロントマン・久保昭久役の中山咲月とともに舞台挨拶に登場した内田は「普段は歌ったり自分として出ることが多かったので、今回は初めて自分以外の役になってお仕事するのは難しかったんですけど、とっても楽しかったです」とコメント。

内田珠鈴の女優としての今後の活動にも注目だ。

■内田珠鈴 コメント
今回、初めての映画で、出演が決まったときはとてもうれしかったと同時に、映画の撮影がどんな感じかまったくわからなくて、少しだけ不安もありました。

でも、紀代ちゃんが自分自身に近い部分があったり、相方の歩美ちゃんとはだんだん打ち解けて、普段からよく行く原宿で大好きなおしゃれをして撮影するのがとても楽しかったです!

『ヌヌ子の聖★戦』を、たくさんの方に観ていただきたいです!


リリース情報

2018.09.04 ON SALE
SINGLE「青の季節」


ライブ情報

#shuri_next
12/21(金)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE


『ヌヌ子の聖★戦』作品サイト
http://nunuko.com/

内田珠鈴 Twitter(@shuri_uchida)
https://twitter.com/shuri_uchida

内田珠鈴 Instagram(@shuri_uchida)
https://www.instagram.com/shuri_uchida/?hl=ja

内田珠鈴 OFFICIAL WEBSITE
http://www.uchida-shuri.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人