吉本坂46、デビューシングル「泣かせてくれよ」より個性的なユニット3組のビジュアル解禁

■吉本坂46、デビューシングルには選抜メンバーが歌う「泣かせてくれよ」に加え、若手ユニット、ベテランユニット、松浦志穂×たかし×マサルコによるユニットの楽曲も収録

12月26日にシングル「泣かせてくれよ」でデビューする吉本坂46。

そのデビューCDには、選抜の16人以外の30人が3つのユニットを組んでそれぞれパフォーマンスした楽曲が収録される。

すでに選抜16人のビジュアルは公開されているが、その3つのユニットのビジュアルがこのたび公開された。

ひとつ目のユニットは、ダンス選抜ともいえる若手を中心とした16人。

このユニット1がパフォーマンスする「君の唇を離さない」のタイトルどおり、情熱の赤をモチーフにした衣装と強い眼差し、想いの強さを前面に出したビジュアルに。

撮影はミュージックビデオ収録の合間に行われ、激しいダンスシーンを撮り終えた直後の、ダンスの気迫と一体感でエネルギッシュな写真となった。

ふたつ目のユニットは、まさに大人の雰囲気と華麗さを漂わせる女性4人と男性7人の11人。

人生経験豊富で個性豊かなユニット2は、普段はアメリカ(野沢直子)、大阪(珠代、▼さゆり、てつじ)など、それぞれに拠点を置いて活動しているため、この日のためにメンバーは東京に結集して撮影に臨んだ。
※▼はハートマーク

そんなユニットにふさわしく、思惑と欲望が渦巻く大人の社交場の雰囲気をコンセプトに撮影。撮影当日は大人の社交場をちょっと覗いたような和気あいあいでありながら、決めるとこは決める大人の雰囲気に満ちていた。

3つ目のユニットは、個性の強い3人を集めたユニット。

このユニット3のそのバラバラに見える個性はひとつになると、とてつもない魅力を発揮する。それらの才能を赤・黄・ピンクの衣装で表現し、それぞれの靴にほかのメンバーの色が入りメンバー間の繋がりを表現。ポップでカラフルなビジュアルとなった。

■ユニット1 メンバー(メイン写真)
(左から)HIDEBOH、三秋里歩、光永、多田智佑(トット)、田中シングル(8.6秒バズーカー)、
しゅんしゅんクリニックP、A-NON、榊原徹士、藤井菜央、SHUHO、きょん(ラフレクラン)、高野祐衣、西村真二(ラフレクラン)、まちゃあき(エグスプロージョン)、小寺真理(新喜劇)、池田直人(レインボー)

■ユニット2 メンバー
(左から)八木真澄(サバンナ)、岩橋良昌(プラス・マイナス)、野沢直子、鰻和弘(銀シャリ)、島田珠代(新喜劇)、▼さゆり(かつみ▼さゆり)、おたけ(ジャングルポケット)、山本圭壱(極楽とんぼ)、旺季志ずか、てつじ(シャンプーハット)、川島章良(はんにゃ)

■ユニット3
(左から)たかし(トレンディエンジェル)、松浦志穂(スパイク)、マサルコ


リリース情報

2018.12.26 ON SALE
SINGLE「泣かせてくれよ」


吉本坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://yoshimotozaka46.com/


ユニット2

ユニット3

選抜メンバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人