バラバラに来る音を生でいじる喜び。サウンドクリエイター・新野 実【舞台の袖から】

ステージの“袖”で活躍する人々のドキュメンタリー『舞台の袖から』。第3弾は、サウンドクリエイター・新野 実。高校時代から、何十年にもわたりステージを見つめ続けても、いまだに「緊張感がある」と語る新野の仕事論とは?

この記事の画像一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

この記事に関するキーワード