西城秀樹の妻が17年の闘病の真実を綴る、感涙のノンフィクションが早くも重版決定

■明かせなかった本当の病状。入院してからも奇跡を信じ、祈り続けた最期の3週間……。家族だけが知るスターの素顔が、今明かされる!

西城秀樹の妻が、夫の17年の闘病の真実を綴るノンフィクション『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』が、本日11月14日に発売。

各メディアで話題沸騰の同書の重版が、早くも決定した。

63歳という早すぎる人生の幕をおろした西城秀樹。2回の脳梗塞を発症後、リハビリを続けてきたことは知られているが、実はその闘病は17年にもわたり、これまで伝えられてきた以上に過酷なものだった。

明かせなかった本当の病状。
家族だけが知るスターの素顔。
入院してからも奇跡を信じ、祈り続けた最期の3週間……。

ファンからの声を励みに、ステージに立ち続けることを願っていた夫・西城秀樹に替わって感謝の気持ちを伝えたい、 そして同じ病気と闘ったりリハビリを続けていらっしゃる方とご家族に少しでも参考になることが届けられれば――。

家族全員で闘った、 感涙のノンフィクションだ。


書籍情報

『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』
著者:木本美紀
発売:11月14日
定価: 本体1,400円 +税
四六判/200ページ
ISBN 978‐4‐09‐388643‐7
発行 小学館


『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』の詳細はこちら
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388643

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人