高橋優の新曲「若気の至り」が、西加奈子原作の話題の映画『まく子』主題歌に決定

2018.11.14

■「この映画が人の心の中に残るとき、必要なのはどんな音だろう。どんな言葉だろう。それを探し探し、必死にすくい上げるように『若気の至り』という曲を書きました」(高橋優)

10月24日に6枚目となる最新アルバム『STARTING OVER』を発売し、自身最高位となるオリコンウィークリーチャート2位(11月5日付)を獲得した高橋 優。

そんな高橋 優の過去曲から最新曲までのストリーミング配信が、本日11月14日0時より解禁となった。

2010年に1stシングル「素晴らしき日常」でメジャーデビューを果たし、デビューから8年でこれまでに20枚のシングルと6枚のオリジナルアルバムをリリースしてきた高橋 優。

今回のタイミングで、メジャーデビュー8年分の楽曲が、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、AWA、Amazon Music Unlimited、Google Play Music、レコチョクBest、KKBOX、dヒッツ、うたパスほか配信サイトにてストリーミング配信される形となった。

なお、高橋 優は12月から過去最大規模となるツアー『高橋 優 LIVE TOUR 2018-2019「STARTING OVER」』を全国18ヵ所22公演で開催する

■高橋 優、映画『まく子』主題歌を担当!
アルバム『STARTING OVER』収録の「若気の至り」が、2019年3月公開の映画『まく子』の主題歌となることが発表された。「若気の至り」は映画『まく子』のために書き下ろされた楽曲。今回の主題歌発表に際して高橋 優からのコメントも届いた。

映画『まく子』は小説家・西加奈子が第152回直木賞(『サラバ!』)受賞後1作目として書き下ろした小説。児童小説では異例の累計5万5,000部の売り上げを記録した作品だ。映画には山崎光、新音、須藤理彩、草なぎ剛らが出演することが発表されている。
※山崎光の「崎」は立つ崎、草なぎ剛の「なぎ」は弓へんに前+刀が正式表記

■高橋 優コメント
あれは夢だったのか。恋だったのか。
言葉で表し難い思いだけが胸に残っている。そこにあったハズの何もかもが思い出になっていく、それを一欠片でも消えないように必死にすくい上げたような映画。
この映画が人の心の中に残るとき、必要なのはどんな音だろう。どんな言葉だろう。
それを探し探し、必死にすくい上げるように「若気の至り」という曲を書きました。
ずっと大切にしたい、そんな作品に巡り会わせていただきました。


リリース情報

2018.09.19 ON SALE
SINGLE「ありがとう」

2018.10.24 ON SALE
ALBUM『STARTING OVER』


映画情報

『まく子』
2019年3月 テアトル新宿ほか全国ロードショー
原作:「まく子」西加奈子(福音館書店刊)
出演:山崎光、新音、須藤理彩/草なぎ剛
監督・脚本:鶴岡慧子
(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


配信先情報はこちら
https://takahashiyu.lnk.to/streaming

『まく子』作品サイト
http://makuko-movie.jp/

高橋 優 OFFICIAL WEBSITE
https://www.takahashiyu.com/


[期間生産限定盤/CD+DVD]

[通常盤/CD]

[数量生産限定盤/CD+LPサイズBOX+フォトブック]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人