千眼美子(清水富美加)が魔法使いに! 映画『僕の彼女は魔法使い』メインビジュアル&コメント公開

■千眼美子(清水富美加)は、映画挿入歌「夢の時間」も担当!「前作とは声も雰囲気もガラっと変わっているので、そのあたりも楽しんでいただけるとうれしいです! ぜひ!」

映画『僕の彼女は魔法使い』が2019年2月22日に公開されることが決定した。

人々の幸せを奪い去る黒魔術の脅威から、“愛の魔法”で世界を守る白の魔法使い。そんな白の魔法使いである彼女が、赤い糸で結ばれた「運命の人」を探し出し、時空を超えた戦いに立ち向かっていく。

主人公の魔法使い・風花を演じるのは、千眼美子(清水富美加)、その恋人・優一役に『君のまなざし』(2017年)で好評を博した梅崎快人を起用。魔法とは? 奇跡の力とは? そして“神の愛を信じる”とは――誰も体験したことがない感動作が誕生した。

主演を務めるのは、今作が復帰後初主演作となる千眼美子。女優復帰作『さらば青春、されど青春。』(2018年)では、久しぶりの千眼の熱演が話題を呼び、初登場5位を記録。そして続いて声優として参加した『宇宙の法―黎明編―』(2018年)でも、その演技力に「ほんとうに千眼さん!?」と感嘆の声も上がった。『宇宙の法―黎明編―』は公開より2週連続1位を記録し、興行収入7億円を突破と、復帰後2作連続で特大ヒットを記録した。

監督は、今作が劇場公開作品としては初監督となる清田英樹が務める。

そしてこのたび、メインビジュアルも解禁。初公開となるメインビジュアルは、透き通るような白い肌の千眼美子演じる・風花が青空をバックにこちらに微笑みかける印象的な仕上がり。「ある日、突然目の前に現れたキミは、地上に舞い降りた“最後の白魔女”だった―」と風花のバックボーンを示唆するフレーズが添えられ、「愛の魔法が、世界を包む。」と気になる言葉が並ぶメインビジュアルとなっている。

主演・千眼のほかキャスト情報も解禁。風花との突然の出会いから身の回りで不思議なことが起き始める高校生・優一に梅崎快人。『君のまなざし』(2017年)での好演も記憶に新しい梅崎は、2作連続でメインの役どころを演じる。そして、風花の恋のライバル役に春宮みずき。その他にも佐伯日菜子、高杉亘、不破万作といったベテラン俳優陣が本作の脇を固め、盛り上げる。

あわせて、本作のイメージソングを主演の千眼美子が担当することが決定。タイトルは「夢の時間」。千眼の2ndシングルとなる。

1stシングル「眠れぬ夜を超えて」では、昨年8月に東京ドームで初披露をし、多くのメディアに取り上げられ話題になった。その情感のこもった切ない歌声で、女優だけでなくアーティストとしても高い評価を受けた千眼。今回は、映画の主人公である魔法使いの女子高生・風花の心情を、ガールズロックにのせてキュートに歌い上げ、新境地を開拓した。

千眼美子 コメント
言葉の一つひとつを拾いながら、自分の中でビジョンを描きながら歌いました。一人ひとりが自分のビジョンを思い浮かべながら、楽しんで聴いていただけると思います。そのビジョンは、きっと色や形が違うけれど、同じ方向に、結論に向かっていけたらうれしいなぁ、と思っております。映画音楽に参加させていただくのはこれで2回目ですが、前作「眠れぬ夜を超えて」とは声も雰囲気もガラっと変わっているので、そのあたりも楽しんでいただけるとうれしいです! ぜひ!


リリース情報

2018.12.12 ON SALE
千眼美子
SINGLE「夢の時間」


映画情報

『僕の彼女は魔法使い』
2019年2月22日(金)全国ロードショー
製作総指揮・原案:大川隆法
出演:千眼美子
梅崎快人 春宮みずき 佐伯日菜子 高杉 亘 不破万作
監督:清田英樹
配給:日活
配給協力:東京テアトル
(C)2019 IRH Press


映画『僕の彼女は魔法使い』作品サイト
https://bokukano-maho.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人