タイトルに“DREAM”がつく楽曲はドリカム史上初! 新曲「THE WAY I DREAM」がTVCM楽曲としてOAスタート

■ドリカムの新曲「THE WAY I DREAM」が、トレーニング機器“シックスパッド”を手がけるMTG社初の企業TVCMに起用!

DREAMS COME TRUEの新曲「THE WAY I DREAM」が、トレーニング機器“シックスパッド”を手がけるMTG社初の企業TVCM『MTG 「The Way I Dream 」篇』に起用され、本日11月13日よりオンエアがスタートする。

「THE WAY I DREAM」は、DREAMS COME TRUEが「MTGのチャレンジングな姿勢で革新的なブランドを次々と世界へ発信している『ブランド開発カンパニー』としてのイメージをもとに作曲した」楽曲。一人称ではっきりと宣言するような力強さのある曲に仕上がっており、サウンドのアプローチしかり、メロディラインしかり、 言葉の一つひとつしかり、いままでのドリカムのバラードにはなかったような試みがなされている。

今回、タイトルに「DREAM」という言葉が使用されているが、ドリカムがバンド名にもなっているこの言葉を、オリジナルの日本語詩楽曲としてタイトルに使うのは初めてのこと。今回それを解禁したのは、MTGのスローガン“We have many dreams”という、夢を大切に、夢に挑戦し続ける姿勢と、ドリカムの30周年に向けたあらたな夢、挑戦に対する意志がシンクロしたことが理由だという。要注目だ。

■CMの見どころ
本CMは、「誰も見たことのない壮大な景色」の中、夢に向かって力強く進む姿を表現するため、連日スペイン各地を中心にまわり撮影。スペインの海、 砂漠、太陽、風を体で感じている様子が印象的で、CMの最後は、吉田美和の「THE WAY I DREAM」「MTG」のナレーションで締めくくられている。

なお、風景の一部には、MTG社・松下社長の出身地である五島列島とドリカム吉田美和の出身地である北海道の景色も映し出されているとのこと。MTG社にとって初の企業CMとなるが商品は一切登場せず、壮大な景色と力強い音楽が心を打つ内容になっている。

■MTG社・松下剛社長 コメント
「”We have many dreams”のスローガンのとおり、MTGが最も大切にしている、”夢へ挑戦する姿勢”に、DREAMS COME TRUEのおふたりに共感いただき、素晴らしい楽曲を作っていただきまして、こうして初の企業CMが完成しました。
美しさ、力強さ、そして何よりも”夢へ挑戦する姿勢”を、このCMでは表現しています。
また、このCMには吉田美和さんの出身地である北海道、私の出身地である五島列島の映像も使われています。グローバルに成長を続けるMTGだからこそ、世界の雄大な大自然と共に、”原点”を表す映像を入れたいと考えました。長崎県の皆様にも、ご覧になっていただき、少しでも夢に向かう元気を与えられたらうれしいですね。

■DREAMS COME TRUE・中村正人 吉田美和 コメント
MTGさんは何事にもチャレンジ精神で挑む新しい時代の会社。
社訓が“We have many dreams”ということで、私たちのオリジナル日本語詩楽曲としては初めて、タイトルに「DREAM」というワードを使いました。
MTGさんのアグレッシヴな姿勢にインスパイアされ、歌詩はもちろんのこと、パフォーマンスにおいても、トラック制作においても、ドリカムとして様々な挑戦をした作品です。


リリース情報

2018.11.14 ON SALE
SINGLE「あなたとトゥラッタッタ♪/THE WAY I DREAM」


イベント情報

ENEOS×DREAMS COME TRUE ドリカム 30周年前夜祭 ~ENERGY for ALL~
11/16(金)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11/17(土)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11/28(水)愛知・日本ガイシホール
11/29(木)愛知・日本ガイシホール
12/04(火)大阪・大阪城ホール
12/05(水)大阪・大阪城ホール
12/15(土)神奈川・横浜アリーナ
12/16(日)神奈川・横浜アリーナ
12/27(木)福岡・マリンメッセ福岡
12/28(金)福岡・マリンメッセ福岡


MTG OFFICIAL WEBSITE
https://www.mtg.gr.jp/

ニューシングル特設サイト
http://dreamscometrue.com/anatato/

DREAMS COME TRUE OFFICIAL WEBSITE
http://dreamscometrue.com/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人