「三世」と「お姫さま」がついに結婚! 出川哲朗&本田翼出演、“ニチガス”新CM12月よりOA。歌と語りは吉澤嘉代子

■出川哲朗演じる「スルーノ三世」が、本田翼演じる「でんきのお姫様」のキスで本来の姿に!?

日本瓦斯株式会社(以下「ニチガス」)が、業界最安値を目指す、でんきとガスの新セットプラン「でガ割」のプロモーションの一環として、12月より新CMの放映を開始する。

新CM「ウエディング・ダンスパーティー/出会い篇」および「同・変身篇」には、ガスの王様「ニチガス・ニ・スルーノ三世」(以下「スルーノ三世」)を演じる出川哲朗と、「でんきのお姫様」(以下「お姫様」 )を演じる本田翼が出演。「出会い篇」は12月1日、「変身篇」が12月29日からオンエアがスタートする。

新CMは、スルーノ三世とお姫様の結婚を祝したウエディングダンスパーティを舞台としており、電気とガスが一緒になることで、品質や安全性はそのままに、大変お得になる「でガ割」を提案している。

新CMのいちばんの見どころは、お姫様のキスで、本来のサイズに変身するスルーノ三世。

これまでのかわいらしいスルーノ三世が、お姫様をスマートにリードする紳士的なスルーノ三世に姿を変え、お姫様もうっとり……。

くるくる変わるふたりの表情も必見だ。ダンス中、お姫様に持ち上げられたスルーノ三世の無邪気な笑顔、見つめ合う幸せそうなふたりの表情、スルーノ三世を抱きかかえてキスをするお姫様の美しい横顔など、観ていてキュンキュンするシーンが盛りだくさんだ。ふたりが、今までにない大人の素敵な雰囲気で作り上げるウエディングダンスパーティに注目だ。

また、CM楽曲では、今回からあらたに、シンガーソングライターの吉澤嘉代子を起用。吉澤は、歌唱とナレーションを担当している。

なお、本CMに関する特設サイトは11月30日にオープン。CMやメイキングムービーは本日11月12日よりニチガスのオフィシャルサイトで視聴できる。

【新CMについて】
■「ウエディング・ダンスパーティー/出会い」篇
放映期間 : 12月1日(土)~12/16(日) 予定
放映エリア: 関東・静岡・山梨

登場篇は、ウエディングダンスパーティーでガスの王様「スルーノ三世」と、でんきのお姫様が歩み寄り、一緒にダンスをするところからスタート。くるくると回ったり、お姫様に持ち上げられるスルーノ三世は、なんともかわいらしい様子だ。

また、お姫様からの「こんにちガス」という気の利いた挨拶に「おデンキですか?」としゃれた返しをするスルーノ三世はどこか誇らしげ。はにかみながらもうれしそうなスルーノ三世の表情に注目だ、

■「ウエディング・ダンスパーティー/変身」篇
放映期間 :12月29日(土)~2019年1月6日(日) 予定
放映エリア: 関東・静岡・山梨 ※山梨エリアは12月1日(土)~12月16日(日)のみの放映

変身篇は、スルーノ三世を抱きかかえたお姫様がおでこにキスをする美しいシーンが印象的なCMに。お姫様のキスをきっかけに天から光が降り注ぎ、スルーノ三世が本来の姿「巨大スルーノ三世」に大変身。驚くお姫様をスマートにエスコートするスルーノ三世は、今までのかわいらしいイメージと打って変わってとても紳士的だ。

ふたりの、くるくると変わる豊かな表情に注目を。

【メイキング】
10月某日、意気揚々と撮影スタジオに現れたのは「スルーノ三世」を演じる出川哲朗。これまでのCM撮影では、共演者である本田翼と同日時での撮影がかなわず、悔しい思いをしてきたようだが、今回は顔を合わせる場面も多く、テンションMAXで撮影にのぞみ、本田の撮影を、出川が見守ったりするなど、終始和やかなムードとなった。そして、ドレスをまとって「でんきのお姫様」として登場した本田翼の姿は、美しく、お姫様そのもので、撮影現場に入った瞬間、スタジオからは歓声が巻き起こった。

また、ふたりとも社交ダンスのシーンも難なくこなし、なかでも出川は、先に踊った本田の動きに合わせてひとりで踊るという、難易度の高い振り付けもすぐにコツをつかみ、余裕の表情。まるで本田と一緒に踊っているかのような演技は、まさに名人芸で、OKがかかるたびに拍手喝采となった。

今回は“ガスの王様とでんきのお姫様の結婚式”というコンセプトで、結婚披露宴のような上質な仕上がりのセットの中で、ふたりとも気品ある王様・お姫様を演じていた。


「でガ割」詳細はこちら
https://www.nichigas.co.jp/for_home/denki/charge/

ニチガス OFFICIAL WEBSITE
https://www.nichigas.co.jp/freedom/commercial.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人