KIRINJI、メジャーデビュー20周年コンピ盤とシンクロしたショートムービー『melancholy mellow』を公開

■『少女邂逅』の枝優花がキリンジ / KIRINJIの楽曲にインスピレーションを受けてオリジナル脚本を執筆!主人公はジャケットにも起用されている古川琴音と安藤ニコ

KIRINJI/キリンジのメジャーデビュー20周年を記念したコンピレーションアルバム『Melancholy Mellow I -甘い憂鬱-19982002』と『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』が、それぞれワーナーミュージックジャパン、日本コロムビアからリリースされる。
※LPはレコードの日の11月3日に先行発売

このコンピレーション盤との連動企画として、全国単館系映画館でロングランを続けている映画『少女邂逅』の監督であり写真家の枝優花が、オリジナル脚本を書き下ろし、自らメガホンを取ったョートムービー『melancholy mellow』を制作。前篇がワーナーミュージックジャパン、後篇が日本コロムビアの公式YouTubeチャンネルで公開された。

枝優花は、今回のコンピレーション盤のテーマであり、作品タイトルともなっている「Melancholy Mellow(甘い憂鬱)」という世界観とキリンジの楽曲にインスピレーションを受けてオリジナル脚本を執筆。

ショートムービーにはワーナー盤のジャケットに登場している古川琴音とコロムビア盤のジャケットに起用されている安藤ニコが出演。古川演じるトキの大人役は巽よしこが演じた。

KIRINJIはこの2枚のコンピレーション盤のほか、メジャーデビュー20周年を記念したワーナー時代のシングルベスト『SINGLES BEST~Archives~【完全版(CD+DVD)】』や「エイリアンズ」のアナログ、コロムビア時代のオリジナルアルバムの再発など予定。詳細はそれぞれのレーベルサイトで確認を。

■枝優花 コメント
「若い世代へ新しいキリンジを届けたい」というキリンジさん側からの想いを作品に落とし込みました。積み上げてきたものへの尊重・これからの未来への飛躍の共存は、たいへん難しく緊張のあるテーマでした。しかし、その先にあるものは誰しも持ち得る普遍なのではないかと思います。平成が終わろうとしている今、ぜひ多くの方々に観ていただきたいです。

■KIRINJI 20th Anniv.ショートムービー『melancholy mellow』
監督・脚本・編集:枝優花

【キャスト】
トキ:古川琴音
みっちゃん:安藤ニコ
トキ(大人):巽よしこ

【音楽】
◇『melancholy mellow -前篇-』
「P.D.M.」
「エイリアンズ」
「Drifter」

◇『melancholy mellow -後篇-』
「いつも可愛い」
「鼻紙」
「セレーネのセレナーデ」


リリース情報

2018.11.03発売
LP『Melancholy Mellow Ⅰ -甘い憂鬱-19982002』

2018.11.07 ON SALE
ALBUM『Melancholy Mellow I -甘い憂鬱-19982002』

2018.11.03 ON SALE
LP『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』

2018.11.07 ON SALE
ALBUM『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』


『Melancholy Mellow I -甘い憂鬱-19982002』詳細はこちら
https://wmg.jp/kirinji/

『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』詳細はこちら
http://columbia.jp/artist-info/kirinji/

KIRINJI OFFICIAL WEBSITE
https://natural-llc.com/kirinji/


LP『Melancholy Mellow Ⅰ -甘い憂鬱-19982002』

ALBUM『Melancholy Mellow I -甘い憂鬱-19982002』

LP『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』

ALBUM『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人