桐谷美玲、映画『リベンジgirl』トークショーで、ある熱烈なファンについて言及。「今日も来てくださってます」

■桐谷美玲、映画『リベンジgirl』Blu-ray&DVD発売記念上映会&トークショーに登壇!

桐谷美玲と劇団EXILE・鈴木伸之の共演で話題を呼んだ、映画『リベンジgirl』のBlu-ray&DVD発売を記念した、上映会&トークショーイベントが、10月31日、愛知県・名古屋市にて行われた。

会場となった東建ホール・丸の内は、彼女がイメージキャラクターをつとめる“ホームメイト”の東建コーポレーション株式会社の本社ビルにあるホール。抽選で250名が無料招待されたこのイベントには、2,200名を超える応募があった。

東大首席卒業、ミスキャンパス・グランプリ、性格以外は超完璧な宝石美輝(桐谷美玲)が、政治家一家の御曹司・裕雅(清原翔)にまさかの失恋。彼女が決めた恋のリベンジは「総理大臣になる」ことだった……。

無謀なリベンジに燃える美輝を演じた桐谷美玲が、自身がCMキャラクターを務める「ホームメイト」と映画のイメージカラーでもあるピンクのワンピースで登場。会場からは「かわいい!」「美玲ちゃん!」などの歓声があがった。

2017年の12月23日に公開された『リベンジgirl』。「公開からこんなに時間が経ったあとに、またこうやって作品を振り返ることができる機会はあまりない」と冒頭で桐谷が語ったとおり、公開から約1年経ったが、この日のイベントへの応募は約10倍の争いだったということからも、作品の完成度がいかに高いかがよくわかる。

いよいよトークショーへ。「名古屋で好きなものはありますか?」の質問に桐谷が「味噌煮込みとひつまぶし」と回答すると、名古屋の人たちもどこか誇らしげな様子。

「映画キャンペーンでの思い出は?」の質問には、地域によって反応が違うこと、そしていつもどこに行っても来てくれている人がいる、と桐谷。司会者が「その方は今日もいるんですか?」と聞くと、「はい! 来てくださってるんですよ!」と返答。このやりとりに、会場は大いに盛り上がった(キョロキョロとその人を探す人も)。

「映画の中で思い出に残っているシーンは?」という質問では、街宣車で演説するシーンをチョイス。撮影時期が本物の選挙と被っていたらしく、本物の候補者と間違えられてしまったエピソードを語った。

また、今作では「約47パターンのかわいい衣装がポイントだった」と桐谷。その中でも桐谷がいちばんかわいいと思ったのは、赤レースとフラワープリントが艶やかなワンピースだそう。

そして話は映画に引っ掛けた質問コーナーへ。「所属事務所のスカウトの仕方が独特」と桐谷が語ると「スカウトしてくれてありがとう」と会場は拍手喝采。

「今年リベンジできたことはありますか?」の問いには「毎年1回は食べに行くお寿司屋さんに、去年は行けなくて今年は行けたこと」とコメント。桐谷のオススメは透き通った「イカ」だそう。

“ホームメイト”のイメージキャラクターということで桐谷にお部屋探しのポイントを聞くと、くつろげるソファが大事とのこと。「そのソファで寝転びながら、お腹に乗っているワンちゃんとエアー会話をしている」と普段の過ごし方も語った。

また、「女子割」というひとり暮らしをはじめる女性にお得なサービスがあることにちなみ、「女子のひとり暮らしに大事なものは?」との質問には、「大きなクローゼットとキッチン」と生活感を見せる一面も。

そして、イベントの最後に「この『リベンジgirl』は、チーム全員が魂を込めて作った作品です。そしてこの作品が頑張る誰かの背中を少しでも押せるモノになってくれたらうれしいです」とメッセージ。割れんばかりの拍手が、桐谷に贈られた。


リリース情報

2018.09.05 ON SALE
Blu-ray&DVD『リベンジgirl』


映画『リベンジgirl』作品サイト
http://www.revengegirl-movie.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人