趣里、壮絶な“舞い”で内なる感情を表現! 映画『生きてるだけで、愛。』EDテーマMV公開。音楽は世武裕子

■「彼女(=趣里)が新しい時代の本物の表現を担うひとりであることを、このミュージックビデオでも感じていただけると思います」(関根光才監督)

『異類婚姻譚』で第154回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子の、芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説『生きてるだけで、愛。』が待望の映画化、11月9日に公開となる。

キャストには、主演の趣里をはじめ、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗ら実力派俳優が集結。監督は、同作が初の⾧編監督作となる映像作家・関根光才が務める。

現代社会を生きる不器用な男女たちを、実力派キャストが演じることでも話題の本作。あわせて話題を集めているのが、映画公開に先がけて公開中の予告編でも流れる、世武裕子の歌うエンディングテーマ「1/5000」だ。

このたび、映画公開を記念し制作された、本曲のミュージックビデオが解禁となった。

出演は趣里、メガホンを取ったのは関根光才と、『生きてるだけで、愛。』の主演女優と監督が再びタッグを結成。

ミュージックビデオは、汚れた顔で横たわる女(趣里)の姿から幕を開ける。その焦燥した表情とは裏腹に目に情熱をたぎらせている彼女は、ゆっくり立ち上がると真っ赤な傘を手にし、真っ蒼な服をまとい、荒野を歩いていく。ちなみに「赤」と「青」の美しい色使いは、映画でも印象的に使われるポイントのひとつ。公開後はぜひ本編で確かめてみよう。

やがて水辺にたどり着いた彼女は、まるで言葉にできない思いを表現するかのように、全身を駆使して激しく踊り始める。

映画でも、主人公の寧子(趣里)が「ほんの一瞬でも、誰かとわかり合うこと」を求め苦悩する姿が描かれるが、内なる思いや感情が伝わってくるようなエモーショナルな“舞い”は、バレエや舞台経験で身体表現力を磨いてきた趣里ならでは。

質感ただよう映像美と、世武のあたたかみのある歌声とあいまって、観る者の心をゆさぶる、あらたな映像作品がまたひとつ完成した。

さらに、スタッフにも一流クリエイターが集結。撮影を担当したのは、THE YELLOW MONKEY やYUKIのミュージックビデオや、オムニバス映画『乱歩地獄』(2005年)への参加で知られる映像作家・写真家の竹内スグル。美術は、有名企業のCMや、アレハンドロ・ホドロフスキー監督『エンドレス・ポエトリー』(2015年)や石井岳龍監督『蜜のあわれ』(2015年)の佐々木尚など、エンタメ、アート界の第一線で活躍する面々が揃った。

いよいよ 11月9日より公開を迎える映画『生きてるだけで、愛。』。まずはエンディングテーマから世界観を堪能してみよう。

■関根光才監督 コメント
この曲は映画『生きてるだけで、愛。』のために世武裕子さんが書き下ろしてくれた曲で、僕個人としても非常に思い入れがあるとても印象的な曲ですが、ミュージックビデオを作るにあたっては、映画の主演であった趣里さんに演じてもらいながらも、映画とは切り離した主題で臨み、日本のクリエイティブシーンをリードしてきた写真家/映像監督の竹内スグル氏に撮影を依頼するなど、あえて異なるスタッフに参加していただきました。
刹那的に、しかし永遠に続く何かを切望し彷徨う女性として描かれる趣里さんの存在感と気迫ある動きは、このミュージックビデオでも素晴らしく、撮影現場ではスタッフから感嘆の声があがりました。彼女が新しい時代の本物の表現を担うひとりであることを、このミュージックビデオでも感じていただけると思います。


映画情報

『生きてるだけで、愛。』
11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲里依紗
原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会


リリース情報

2018.10.24 ON SALE
世武裕子
ALBUM『Raw Scaramanga』


映画『生きてるだけで、愛。』作品サイト
http://ikiai.jp

世武裕子 staff(たまに本人)OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/sebuhiroko


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人