けやき坂46×きゃりーぱみゅぱみゅ、日本武道館で“ひらがなコラボ”が実現

■「こんな幸せな時間はないなあと思いました」(けやき坂46・佐々木久美)、「けやき坂46の皆さん本当にかわいい」(きゃりーぱみゅぱみゅ)

10月26日から28日の3日間にわたり東京・日本武道館にて開催される、ホットスタッフ・プロモーション40周年記念イベント『Hot Stuff Promotion 40th Anniversary MASAKA』の初日公演が開催された。

“Mutation of POP”と題されたこの日は、けやき坂46ときゃりーぱみゅぱみゅが出演。けやき坂46(通称:ひらがなけやき)、きゃりーぱみゅぱみゅとアーティスト表記がひらがな同士による“ひらがなコラボ”となった。

今か今かと待ちわびるファンたちを前に、まずはけやき坂46が登場。「ひらがなで恋したい」をパフォーマンスすると会場を揺らさんばかりの歓声が巻き起こった。

続いて最新曲「ハッピーオーラ」が披露され、キャプテン佐々木久美は「ホットスタッフさん40周年おめでとうございます! 40周年という記念のライブに出させていただけるなんて夢のようです!」と挨拶。加藤史帆は「今日はきゃりーぱみゅぱみゅさんも出演されるということで、きゃりーぱみゅぱみゅさんとけやき坂46のコラボTシャツを作っていただいたんですが、同じステージに立てるだけで光栄なのに、Tシャツに名前が並ぶなんて!」と改めてきゃりーとの競演の喜びを噛み締めた。

また、ハロウィンが近いということで、この日限りの特別な演出でハロウィンダンスを披露、本来は5人のユニット曲「ハロウィンのカボチャが割れた」はメンバー全員でパフォーマンスされ、ひと足早いハロウィンを会場全体で楽しんだ。

続いてきゃりーぱみゅぱみゅのステージが始まり、ヒット曲満載の圧倒的パフォーマンスで会場を盛り上げていく。

まさにハロウィンといえばきゃりーぱみゅぱみゅということを再認識させられたライブとなった。

「キズナミ」できゃりーぱみゅぱみゅのパフォーマンスが終わると会場からはアンコールの掛け声が。そして、きゃりーぱみゅぱみゅが再登場しヒットナンバー「最&高」をパフォーマンス。

ここで、きゃりーぱみゅぱみゅの呼び込みによりけやき坂46が再登場。会場からはどよめきにも似た大歓声が巻き起こる。

佐々木久美が「メンバーのなかに特にきゃりーぱみゅぱみゅさんのことが好きな子がいるんです」と振ると、東村芽依が「実はずっときゃりーぱみゅぱみゅさんのことが大好きで、ライブにも行ったことがあるんです……。今日はこうやって一緒のステージに立つことができて本当にうれしいです!」と喜びを露わに。

また、渡邉美穂は「フェスにきゃりーぱみゅぱみゅさんが出演していたときになんとしてでもライブを見たくて5時間最前列で立って待ってました!」と思いの丈を伝えた。

ここで、きゃりーとけやき坂46は「原宿いやほい 」をサプライズで披露。異色のコラボにファンは大興奮となった。

最後に佐々木久美から「きゃりーさんの後ろで踊ってたんですけど、本当にかわいくてこんな幸せな時間はなないなあと思いました」ときゃりーに伝えると、きゃりーも「ありがとうございます! けやき坂46の皆さん本当にかわいいですし、パフォーマンスも力強かったので私もこれから頑張っていこうと思いました!」と感謝を述べた。

<セットリスト>
■けやき坂46
01. ひらがなで恋したい
02. ハッピーオーラ
03. こんな整列を誰がさせるのか?
04. 未熟な怒り
-DANCE TRACK-
05. ハロウィンのカボチャが割れた
06. 永遠の白線
07. 半分の記憶
08. 期待していない自分
09. 誰よりも高く跳べ!
10. NO WAR in the future

■きゃりーぱみゅぱみゅ
01. 音ノ国
02. にんじゃりばんばん
03. キミに100パーセント
04. インベーダーインベーダー
05. もんだいガール
06. 演歌ナトリウム
07. ちゃみ ちゃみ ちゃーみん
08. Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~
09. つけまつける
10. ファッションモンスター
11. キズナミ
【ENCORE】
12. 最&高
13. 原宿いやほい with けやき坂46


『Hot Stuff Promotion 40th Anniversary MASAKA』公式サイト
https://www.red-hot.ne.jp/40th/

欅坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/?ima=0000

やりーぱみゅぱみゅ OFFICIAL WEBSITE
http://kyary.asobisystem.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人