女王蜂、SHIBUYA 109前を巨大ディスコ化!「すごいねー、マルキューの前でやれるなんて」(アヴちゃん)

■女王蜂の轟音サウンドと共に、渋谷に異空間が出現!「続きはまた今度」

10月21日、秋晴れの快晴の中、渋谷音楽祭の一環で、SHIBUYA 109前路上特設ステージにて開催された『SHIBUYA DIVERSITY SESSION powered by mixi GROUP』に、女王蜂、BabySitter、近藤利樹が出演。次々に素晴らしいパフォーマンスを披露し、休日、渋谷の路上に集まった観客を魅了した。

BabySitterのキュートなガールズバンドサウンド、大人顔負けの素晴らしい高速グルーヴを生みだす近藤利樹のウクレレに誘われ、会場は早くも路上ライブイベントならではの心地良いムードに包まれる。

そして15時20分頃、いよいよ女王蜂のライブがスタート。いつになくシックな衣装に身を包んだメンバーが次々とステージに姿を現すと、路上に溢れた人の渦から歓声が沸き上がる。

そして最後に、サングラスにカジュアルなデニムの上着を纏ったアヴちゃんが登壇。背中に109を背負ったアヴちゃんの勇姿と共に「金星」をドロップ! 早くもオーディエンスは異常な盛り上がりを見せる。

「Are you ready?」PAテントの後方まで溢れ出した観客にアヴちゃんが呼びかける。「ヴィーナス」の演奏が始まるとアヴちゃんは上着を脱ぎ捨てて、セクシーなシースルーのシャツ姿に。ファンから垂涎の悲鳴にも似た大きな歓声が巻き起こる。

「すごいねー、マルキューの前でやれるなんて!」。新曲「催眠術」、ライブでおなじみの「デスコ」「HALF」と代表曲を矢継ぎ早に繰り出し、路上の観客のテンションは最高潮を迎えた。

それはまるで、女王蜂の轟音サウンドと共に、いつしか渋谷の109前路上特設ステージに突如、異空間が出現したと言っても過言ではない風景。女王蜂のファンが振る、色とりどりの数々のジュリ扇が頭上で美しく揺れている。

気が付くと、女王蜂は圧倒的な存在感とその素晴らしいパフォーマンスでファンのみならず、通りがかりのオーディエンスまでを魅了し、すさまじい熱気があたり一面に充満。いつしかSHIBUYA 109前路上特設ステージは白昼、巨大なディスコと化していった。

「それでは最後の1曲」。一転、女王蜂の美しきダークチューン「告げ口」が、路上の雰囲気を一瞬にして静寂の波で包み込んでいく。「続きはまた今度!」。鳴りやまない拍手の中、女王蜂はステージをあとにした。

「多様な価値観、多様な人生を送る人々が、多様なジャンルの音楽に出会い、交流する」という『渋谷音楽祭2018』の趣旨にまさにふさわしい、独創的かつ衝撃的な女王蜂のパフォーマンスが、路上に押し寄せたオーディエンスを魅了。まさに非日常的な、渋谷の109前路上特設ステージにおける一期一会の路上フリーライブはここに幕を閉じた。

PHOTO BY Viola Kam (V’z Twinkle)


リリース情報

2018.10.03 ON SALE
SINGLE「催眠術」


「催眠術」配信URL
https://smar.lnk.to/MkblPWN

女王蜂 OFFICIAL WEBSITE
http://www.ziyoou-vachi.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人