千原ジュニア、川谷絵音が手がけた主題歌を絶賛!「1回聴いただけで夜まで頭の中にインプットされてる」

■映画『ごっこ』の主題歌として川谷絵音(indigo la End)が“夢作曲”した「ほころびごっこ」MVには千原ジュニアの娘役を演じた平尾菜々花が出演

映画『ごっこ』の初日舞台挨拶が10月20日、東京・渋谷のユーロスペースにて行われ、主演の千原ジュニア(千原兄弟)、子役の平尾菜々花、熊澤尚人監督、主題歌を担当したindigo la Endの川谷絵音が登壇した。

本作は、社会の暗部をファンタジックに描いた小路啓之の同名漫画を実写化。主人公の城宮役(パパやん)を千原ジュニア、その娘・ヨヨ子を平尾菜々花が演じた。

上映後の熱気冷めやらぬなか、「撮影は3年前で、当時は川谷君が世間を騒がせていて……」といきなりの暴露で口火を切り、場内を爆笑させた千原ジュニアは、脚本を読んだときには「女の子の役が誰かによって大きく変わるんやろなと思っていた」と述懐。

ヨヨ子を演じた平尾菜々花は撮影当時9 歳ながら、千原ジュニアも「完ッ全にただの天才!」というほどの逸材。

「(ヨヨ子をビンタするシーンでは)ほんとに思いっきりいけるんかな? と思っていたんですけど、いざ撮影になると脳がばっちーんと行くくらいといってもうて。あれは完全にイニシアチブをとられてる感じでしたね」と絶賛。

平尾は「いえいえそんな……。天才とかじゃないんですけど……』とかわいらしくはにかむと、「千原さんが撮影中すごく優しくしてくださって、リラックスして演技することができました」と感謝。千原は「当時は結婚したばかり、兄弟の子供も男の子ばかりで普段女の子と接することがなかったので楽しかったですね。カラフルな輪ゴムで編んだブレスレットくれたり。撮影以外のときはずっとつけてました」と笑顔で語り、仲睦まじい絶妙なコンビネーションが伺えるエピソードを披露した。

平尾は、撮影での大変だった思い出のシーンとして「カレーを投げるシーン。私はカレーを投げたことがなかったので……。テストのときにはあんまりうまくできなくて。本番のときには思いっきり投げていいよと監督に言われました。気持ちよかったです!』と笑顔で答えていた。将来については「女優を続けていきたいです。できれば、コメディとかアクションもやってみたい」と意欲を見せていた。

熊澤監督はキャスティング当時のことを回想し、「(パパやんは)ジュニアさん以外ありえないと思っていた。原作は少し違うのですが、ジュニアさんの何が起こるかわからない演技を大切に映画を作っていきました。(平尾は)100人以上オーディションして選んだんですが、決め手は、彼女は子役ではなく、“女優”だったので」と説明。

ちなみに熊澤監督は『ごっこ』の後に撮影した『ユリゴコロ』『心が叫びたがってるんだ』にも彼女を起用している。

また、主題歌を手がけたindigo la Endの川谷絵音は「熱海でこの作品を観たんですけど、最初はめっちゃ暗いなと思っていました。でもどんどん映画に引き込まれていって、見終わるころには“早く曲作りたい”という感じでした。夢で作曲したとコメントしたんですけど、半分くらいはそうなんですけど……、ちょっと盛っちゃいましたね(笑)」と突然の吐露。

千原も「1回聴いただけで夜まで頭の中にインプットされてるって、名曲なんやろなと思ってました。僕の数少ない友人の音楽プロデューサーが聞いて“これはえげつない! この曲を聴くためだけに映画館に行くくらいの名曲や!!”と言っていて。“あ、そうなんや”と思いました(笑)』と語り、場内を沸かせていた。

本日10月20日に解禁となった主題歌「ほころびごっこ」のミュージックビデオには平尾が起用されているが、川谷は平尾の演技について「映画を観たときから表情がすごいなと思っていて、表情だけでミュージックビデオが作れるんじゃないかなと思っていました。(ミュージックビデオ撮影で)普通の子供なのかなと思っていたら、スタートがかかったとたんに変わる。彼女の演技を間近で見ると本当にすごいですね」と舌を巻いていた。

この日10月20日は、2015年に映画がクランクインした日であり、翌16年に原作者の小路啓之氏が亡くなった命日でもある。熊澤監督は「ちょうどこの映画がどうなるかわからない、というタイミングで先生がお亡くなりになってしまいました。今日、一般の方に見ていただけるスタートの日なので、先生にご報告したいと思います」と語った。

千原は「原作者の奥様から『旦那が喜んでると思います』というお言葉をいただけたので、やったかいがあったなと思っております。いろんな方に伝えていただけたらと思います」と締めくくった。


映画情報

『ごっこ』
出演:千原ジュニア / 優香 / 平尾菜々花、ちすん、清水富美加 / 秋野太作、中野英雄、石橋蓮司
監督:熊澤尚人
原作:小路啓之(集英社刊)
脚本:熊澤尚人、高橋泉(※「高」ははしご高が正式表記)
音楽:安川午朗
主題歌:「ほころびごっこ」(indigo la End)
制作プロダクション:楽映舎
企画・制作:タイムズ イン
製作:「ごっこ」製作委員会
配給:パル企画
(C)小路啓之/集英社 (C)2017 楽映舎/タイムズ イン/WAJA

【STORY】
大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にもかかわわらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子の親子が仲睦まじく暮らしていた。実はこのふたり、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった。十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知る幼なじみで警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。“ごっこ生活”のような不安定なふたりのその日暮らしはある日突然、衝撃の事実によって崩壊してしまう……。


リリース情報

2018.10.20 ON SALE
indigo la End
DIGITAL SINGLE「ほころびごっこ」


『ごっこ』作品サイト
http://gokko-movie.jp

indigo la End OFFICIAL WEBSITE
https://indigolaend.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人