Perfume、「Tiny Baby」が映画『グリンチ』日本版イメージソングに抜擢

■「グリンチの意地悪なんだけど、どこかにやさしさが見え隠れする憎めないかわいさにキュンキュンしながら、最後に私たちの音楽を楽しんでもらえたらなと思います♪」(Perfume)

Perfumeの楽曲「Tiny Baby」が、映画『グリンチ』日本版イメージソングに決定した。

12月14日から公開される映画『グリンチ』は、『ミニオンズ』『ペット』『SING/シング』のイルミネーション/エンターテインメントが贈る最新長編アニメーション映画。

アメリカでは、サンタクロースと並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクター・グリンチが巻き起こす大騒動が描かれる。

今回、日本版イメージソングに抜擢された「Tiny Baby」は、Perfumeが8月にリリースしたアルバム『Future Pop』に収録されているナンバー。

今回の起用に関して、配給の東宝東和は「本国からの日本版イメージソングに“日本を代表するアーティスト”を提案してほしいという意向に応え、世界中で活躍して欧米でもファンが多いPerfumeを提案したところ、本国も絶賛。正式にお声をかけさせていただいたところ、Perfumeからも快く承諾いただき、グリンチのキュートでポップな世界観と曲のイメージがマッチした『Tiny Baby』という楽曲をご提供いただけることとなりました。」と、その経緯を説明している。

先日行われた本作の吹替え版製作発表会見で、グリンチの声を務める大泉洋や、ブリクルバウムの声を務めるロバートの秋山竜次が「作品に対するこだわりがとても強い」と、ひたすらに意識していた“本国(=ハリウッド本社)”のお墨付きのもと決定した今回のコラボレーション。

豪華吹き替えキャスト陣に加え、日本版イメージソングとして Perfume の参戦も決定し、ますますの盛り上がりを見せる映画『グリンチ』に注目だ。

■Perfume コメント
今回私たちPerfumeを『グリンチ』の日本版イメージソングに選んでいただけてとてもうれしいです! ありがとうございます!!
グリンチの意地悪なんだけど、どこかにやさしさが見え隠れする憎めないかわいさにキュンキュンしながら、最後に私たちの音楽を楽しんでもらえたらなと思います♪
いまアリーナツアーで大きな演出とともに披露しているこの曲が、また違う顔を見せてくれてうれしいです。
ライブとは違う、映画の物語の余韻をこの曲で浸ってほしいです。


映画情報

『グリンチ』
12月14日(金)全国ロードショー!!

日本語吹替え:大泉洋 杏 秋山竜次(ロバート) 横溝菜帆 宮野真守
プロデューサー:クリス・メレダンドリ
監督:Yarrow Cheney, Scott Mosier
声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ
配給:東宝東和
(c) 2018 UNIVERSAL STUDIOS

【STORY】
つぶらな瞳が愛らしく、超キュートだったグリンチは、大人になりすっかりひねくれ者に。洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人たちにいじわるをして楽しむようになっていた。
とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう……。
小さい頃はあんなにかわいかったのに、大人になるまでにいったい何があったのか!? そしてグリンチのとんでもない計画はどうなるのか!?


『グリンチ』作品サイト
https://grinch.jp/

Perfume OFFICIAL WEBSITE
http://www.perfume-web.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人