映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』より、藤野涼子、松井玲奈、田畑智子演じる新選組の男たちを愛した女たちの場面写真が公開

■時代に翻弄された男女の切ない愛の物語が描かれる、映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』。原作は浅田次郎。

12月15日より劇場公開される映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』より、場面写真4点が解禁された。

原作は、浅田文学<新選組>第二弾となる同名小説『輪違屋糸里』(読み:わちがいやいとさと/文春文庫刊)。歴史が大きく変わろうとしている渦の中で、大義をもって都を守り、そして恐れられた新選組の姿を、女性の視点で描いた愛の物語だ。

解禁された場面写真は、物語の軸になる女たち。主人公・糸里は、華麗なる花魁姿のビジュアル。そして平山五郎との切ない恋愛模様を繰り広げる吉栄、暗殺されてしまう芹澤鴨の愛人・お梅の場面写真が解禁された。

新選組の男たちを愛してしまった女たちは、自らどんな道を選択していくのか。さらに、3人の女たちに愛された新選組の勇ましい場面写真も解禁となる。

主人公、島原輪違屋の芸妓・糸里を演じるのは、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた藤野涼子。映画での時代劇は初挑戦となる。糸里との愛を育む土方歳三には、『赤い糸』で同じく日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した若手実力派・溝端淳平。

そして吉栄を松井玲奈、吉栄が愛した男・平山五郎を佐藤隆太が熱演。新選組局長・芹澤鴨には塚本高史、愛人・お梅を田畑智子が演じる。

結成当初の彼らにとって最も重要な事件となる、局長・芹澤鴨の暗殺事件を背景に、時代に翻弄される男女の切ない物語を重厚感溢れる映像で描く、本格的な時代劇の誕生だ。


映画情報

『輪違屋糸里 京女たちの幕末』
12月15日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開
出演:藤野涼子 溝端淳平 / 松井玲奈 佐藤隆太 / 新妻聖子 / 石濱朗(特別出演) 榎木孝明(特別出演) / 田畑智子 塚本高史
原作:浅田次郎『輪違屋糸里(上・下)』(文春文庫刊)
監督:加島幹也
脚本:金子成人、門間宜裕、加島幹也
配給 アークエンタテインメント
配給協力:エクセレントフィルムズ
(C)2018銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会


映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』作品サイト
http://wachigaiya.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人