BiSH×MOROHA、本気のタイマン!「MOROHAが好きですなんて言ってくれてたけど、そういうのはよそでやってください!」

■「お互いの違いを同じステージで認め合うことは、共通項を探して“いいね”や“ハート”を送り合うことよりも相手へのリスペクトを感じました」(エリザベス宮地)

10月13日、名古屋クラブクアトロにて『MOROHA BEST 〜十年再録〜 FINAL SERIES×エリザベス宮地企画 Vol.3  「東海サバイバル」』が、BiSHを迎えて開催された。

「タイマンしに来ました! BiSHです!」。そう宣言して先攻でステージに現れたBiSHは、「My landscape」「BiSH-星が瞬く夜に-」とキラーチューンを最初から次々に投下。超満員の客席を狂乱の渦に巻き込んでいく。

東京サバイバル、大阪サバイバルに次いで三度目となった今回のMOROHAとの対バン。ちょうど1年前の初対バンのときと比べ物にならないほど、彼女たちのパフォーマンスはより鋭利に、よりすさまじい熱量で、ライブハウス全体を掌握していく。

「絶対に勝つ」という気迫をこれでもかと見せつけながら、「Primitive」「サラバかな」「ALLS」といった楽曲を立て続けに披露するBiSH。

「MOROHAは赤だとか黒だとか、ポップスだとかアイドルだとか、いろんなもので私たちをいつも敵にしてきますが、なんと言われようと、甘いと言われようと、私たちはMOROHAが好きです。今、同じ時代に音楽ができて幸せです」というセントチヒロ・チッチのMCのあとにフロアに放たれた「プロミスザスター」で客席は沸点を迎え、BiSHのライブは幕を閉じた。

「MOROHAと申します! よろしくどうぞ!」。おなじみのフレーズを放ったあと、代表曲のひとつ「革命」を披露するMOROHA。「奮い立つCDショップにて」「俺のがヤバイ」のギターの旋律と言葉の圧とで、BiSHの熱量にあてられたひとりひとりの首根っこをつかんでいく。

そして中盤で披露されたのは、主催のエリザベス宮地がMUSIC VIDEOの監督をつとめたバラード「バラ色の日々」。この9分近くにもなる楽曲を、ワンマン以外のライブでパフォーマンスするのはエリザベス宮地のこのイベントだけだ。胸が張り裂けそうになるメッセージを受け止めたフロアに、目頭をぬぐう影がすこしずつ目立ち始める。

「MOROHAが好きです、なんてBiSHは言ってくれてたけど、そういうのはよそでやってください!」と吐き捨て、「勝ち負けじゃないと思える所まで俺は勝ちにこだわるよ」でふたたび客席に殴りかかるMOROHA。ラストは音源化されていない新曲の「五文銭」を圧倒的な熱量で放ち、MOROHAのふたりはステージを降りた。

まさにノーガードの殴り合いのようなBiSHとMOROHAのパフォーマンス。エリザベス宮地という奇才のもとに集った2組のアーティストの、ライブを超えたタイマン「東海サバイバル」は、こうして大団円を迎えた。

PHOTO BY MAYUMI-kiss it bitter-

<セットリスト>
■BiSH
My landscape
BiSH-星が瞬く夜に-
GiANT KiLLERS
本当本気
Primitive
サラバかな
ALLS
SMACK baby SMACK
beautifulさ
プロミスザスター

■MOROHA
革命
奮い立つCDショップにて
俺のがヤバイ
tomorrow
バラ色の日々
勝ち負けじゃないと思える所まで俺は勝ちにこだわるよ
恩学
新曲太郎
五文銭

エリザベス宮地 コメント
“わかり合うなんて無理だ無意味だ
別にそれでいい むしろそれがいい”

MOROHAが東海サバイバルのために書き下ろした新曲の一節。
その歌詞のとおり、BiSHは誰になんと言われようが“好き”という想いを貫き通し、MOROHAは最後まで“勝ち負け”にこだわり抜いたライブを、同じステージで繰り広げました。
お互いの違いを同じステージで認め合うことは、共通項を探して「いいね」や「ハート」を送り合うことよりも相手へのリスペクトを感じました。

BiSHを見つめる笑顔と、MOROHAを見つめる泣き顔。
2組の違いが、ひとりの表情に現れているのがたまらなく美しかったです。


BiSH OFFICIAL WEBSITE
https://www.bish.tokyo/

MOROHA OFFICIAL WEBSITE
http://moroha.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人