King & Prince、主題歌の歴史! 映像作品との抜群の親和性に注目

■King & Princeメンバーの平野紫耀が主演する映画『ういらぶ。』主題歌は、明るくキャッチーなメロディーが印象的な「High On Love!」

2018年5月23日に、ジャニーズWESTから約4年ぶりとなるジャニーズのニューフェイスとしてデビューを果たした、King & Prince。

デビュー曲の「シンデレラガール」は、TVドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の主題歌として起用され大ヒットに。King & Princeは、「Yahoo!検索大賞2018【中間発表】」アイドル部門で1位を獲得するなど、日本中が今彼らに注目している。

2018年秋には、メンバーの平野紫耀が出演する、幼なじみ同士のこじらせまくりラブを描いた映画『ういらぶ。』(11月9日公開)で、初の映画主題歌に抜擢。

そんな、数々の映像作品と歩みをともにしてきたKing & Princeの足跡を振り返る。

■記録に残る大ヒット! 今なお人気を誇るデビュー曲「シンデレラガール」
◇「シンデレラガール」/TVドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』主題歌
メンバーの平野紫耀が出演し、TVドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』の主題歌に起用されたKing & Prince待望のデビュー曲。発売初週で57万枚以上を売り上げ、オリコン週間ランキングで初登場1位を飾るなど、華々しいデビューで、音楽業界に新風を吹き込んだ。美しくキャッチーなメロディと、ひとりの女性を一途に想った歌詞で、まさにデビュー曲にふさわしい王道のキラキラ爽やかラブソング! 一度聴いたら、思わず口ずさみたくなってしまうKing & Princeの原点だ。

■デビュー曲「シンデレラガール」の続編! 永遠の幸せを願うエターナルラブソング「Memorial」
◇「Memorial」/TVドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』主題歌
10月10日に発売された2ndシングル「Memorial」は、「シンデレラガール」の続編ともいえる、至高のエターナルラブソング。こちらは、King & Princeのメンバー高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹がトリプル主演を務める、10月22日スタートのTVドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』の主題歌。甘い歌詞にも注目だ。
※「高橋海人」の「高」は、はしごだかが正式表記。

■CDデビュー後初の映画主題歌「High On Love!」
◇「High On Love!」/映画『ういらぶ。』主題歌
「Memorial」のカップリング曲「High On Love!」は、11月9日に公開となる、平野紫耀のCDデビュー後初主演映画『ういらぶ。』の主題歌。

同じマンションで育った4人の幼なじみと最強ライバル兄妹が織りなす、究極の“こじらせ”ラブストーリー。幼なじみの優羽に素直に「好き」と言えずドSのフリをするこじらせ男子・凛をKing & Princeの平野紫耀が、そんな凛のせいで自分に自信が持てない超ネガティブ女子・優羽を桜井日奈子が演じ、2人の恋を優しく見守る幼なじみを玉城ティナ、磯村勇斗が好演。そんな凛と優羽の前に、「好きなら好きと言う」最強兄妹、和真(伊藤健太郎)と実花(桜田ひより)が現れ、大波乱! 6人の恋と友情はいったいどうなるのか――?

本作のために書きおろされた「High On Love!」は、繰り返される“WE LOVE”のコーラスと、明るくキャッチーなメロディーが印象的な、思わず一緒に歌い踊り出したくなるようなアッパーなナンバー。幼なじみのグループ恋愛を楽しく盛り上げている。映画のラストを鮮やかに彩るKing & Prince初の映画主題歌を、ぜひ劇場で楽しもう。


リリース情報

2018.10.10 ON SALE
SINGLE「Memorial」


映画情報

『ういらぶ。』
11月9日(金)全国ロードショー
出演:平野紫耀(King & Prince) 桜井日奈子
玉城ティナ 磯村勇斗 桜田ひより / 健太郎
監督:佐藤祐市
原作:星森ゆきも『ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―』
(小学館「Sho-Comi  フラワーコミックス」)
脚本:高橋ナツコ
製作:『ういらぶ。』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、共同テレビジョン
配給:アスミック・エース
(C)2018 『ういらぶ。』製作委員会
(C)星森ゆきも/小学館


映画『ういらぶ。』作品サイト
http://welove.asmik-ace.co.jp/

King & Prince ユニバーサル ミュージック公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/king-and-prince/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人