劇団EXILE・八木将康、“CRAZY四角形”として念願の歌手デビュー! 「何かしらで1位」獲得で登坂広臣のソロツアーに出演

■三代目JSB・登坂広臣&ELLY、劇団EXILE・八木将康の熱量に押されてプロデュースのオファーを快諾!

劇団EXILEの俳優・八木将康が10月19日に、“CRAZY四角形”として歌手デビューすることが決定した。

プロデュースを務めるのは、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣とELLY。デビュー配信曲「WANAWANA」が、配信チャートなど「何かしらで1位」を獲得した暁には、現在開催中の登坂広臣のソロツアー『HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”』で、生パフォーマンスすることも発表された。

八木の歌手デビューへの道のりは、動画配信アプリLDH TVの企画から始まった。もともと歌手志望で、三代目 J Soul Brothersの登坂や今市隆二を輩出した『VOCAL BATTLE AUDITION 2』をキッカケに芸能界入り。現在は俳優として活動している八木だが、昨年の10月にTAKAHIROのファンクラブイベントを訪れた際、TAKAHIRO本人に促され、ステージ上でEXILEの「運命のヒト」を熱唱。そのときの感動が忘れられず、歌手活動への夢が沸々と甦っていたという。

そして以前、登坂とELLYが八木のインスタグラムをプロデュースしたことに味をしめた八木は、LDH TVの企画に便乗し、歌手デビューのプロデュースをふたりにオファー。登坂とELLYは困惑しながらも、八木の熱量に押されオファーを快諾。八木をスターにする『SUPER STAR PROJECT』が始動し、念願の歌手デビューを手にした。

登坂、ELLYがトータルプロデュースする今作は、LDHのヒットメーカーであるZEROとLucas Valentineが楽曲を担当。「パリピから子どもまで」すべてを飲み込む、最強のパーティチューンとなっている。さらに、AFROJACKやビョーク、PKCZ(R)などを手がけるWIRED MASTERSのCASS IRVINEがマスタリングを担当し、本気のダンスミュージックが完成した。

CRAZY四角形こと、八木将康は配信チャートで1位を獲得し、スーパースターとなれるのか!? そして、登坂のソロツアーで念願のパフォーマンスを披露できるのか!? 注目だ。


リリース情報

2018.10.19 ON SALE
DIGITAL SINGLE「WANAWANA」


劇団EXILE OFFICIAL WEBSITE
https://m.tribe-m.jp/artist/index/26


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人