稲垣吾郎、草なぎ剛の愛犬“くるみ”との2ショットに反響多数!「かわいい!!!」「癒されます」「ぎこちない(笑)」

■「スタッフには『くるちゃん』ではなく『くるみさん』と“さん付け”されてました。すでに大物女優!?」(稲垣吾郎)

稲垣吾郎が、10月10日、アメーバオフィシャルブログを更新。草なぎ剛の愛犬“くるみ”との2ショットを公開し、ファンから悶絶の声が相次いでいる。
※「草なぎ剛」の「なぎ」は、弓へんに前+刀が正式表記

「くるみさんとごろうさん」と題して更新されたアメブロ。

「先日の『ななにー』。
まったりしたトーンから始まり、豪華ゲストをお迎えして、最後にはパリでのホンネトークと、盛りだくさんの内容でしたね」

と、稲垣・草なぎ・香取慎吾の3人によるAbemaTVレギュラー番組『7.2新しい別の窓』(毎月第1日曜17時~生放送)の第7回を振り返った。

続けて、

「本気で空手の組手をしていた、おふたりの身体が心配なのですが…」

と綴り、

「『いやいや、貴方も本気出しなさい』
『嫌です。。僕の道着姿は二度と見れないと思います。
日傘姿ならこれからもお見せしますが…』
と自問自答の一部始終・・笑」

と、極真空手の稽古に自問しながらも、

「これからも、ホンネで語り合える皆様との関係でありたいものです」

と意欲をみせた。

さらに、

「最近の僕といえば、舞台『No.9』のお稽古の毎日」

と、稲垣が主演を務める舞台『No.9-不滅の旋律-』(11月11日〜12月2日 東京・TBS赤坂ACTシアター)について触れ、

「新しいキャストの方をお迎えすることにより、前回の舞台の記憶をなぞるわけではなく、また新しいベートーヴェンの命が芽生えてきています。
楽しみにしていてください!」

と呼びかけた。

最後は、

「とある撮影にて」と、草なぎの愛犬“くるみ”を抱っこした2ショットと共に、

「このラベンダーの香りがする人、誰?」
「あのー、わたしのパパはどこ?」

と“くるみ”の心の声を公開したり、

「この間、パパはギターに夢中だったのです。笑」

「スタッフには『くるちゃん』ではなく『くるみさん』とさん付けされてました。
すでに大物女優!?
羨ましいでしょ」

と、撮影現場の草なぎの様子なども明かしている。

この投稿にファンからは、

「くるちゃんになりたい!!」
「くるちゃんとゴロさん、とても似合っていますね!」
「羨ましい」
「ブロガー・ゴロウさんとクルチューバー・くるみちゃん、かわいらしく微笑ましい」
「癒されます」
「ぎこちない(笑)」
「くるちゃん、かわいいですねー」
「かわいい!!!」
「抱っこのフィット感! 2人ともかわいい顔!!」
「癒しの女優犬、くるみちゃん!」
「くるみさんに負けないぐらい吾郎さんがかわいい…」
「かわいくてかわいくて~~」

と悶絶の声が多数寄せられている。

2015年に初演された舞台『No.9-不滅の旋律-』は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが「第九」の通称で知られる生涯最後の交響曲“交響曲第九番ニ短調作品125”を生み出すまでの苦難の日々を描いた作品。聴覚障がいを抱えながら、音楽で新しい時代を切り拓くベートーヴェン役を初演に引き続き稲垣が演じ、ベートーヴェンを支える架空の人物マリア役は、今回あらたに出演する剛力彩芽が演じる。

初演時と同様に、演出は白井晃、脚本は中島かずき(劇団☆新感線)、音楽監督は三宅純が担当。共演者には片桐仁(ラーメンズ)、村川絵梨、鈴木拡樹、岡田義徳、深水元基、橋本淳、広澤草、小川ゲン、野坂弘、奥貫薫、羽場裕一、長谷川初範が名を連ねる。


稲垣吾郎オフィシャルブログ Powered by Ameba:記事タイトル「くるみさんとごろうさん」
https://ameblo.jp/inagakigoro-official/entry-12410919139.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人