星野源と松本潤の交流、松井珠理奈復帰ステージも。10時間生放送SPを含む9月の「Mステ」を定点観測!

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

[前編]ではウルトラフェスの全体的な印象についてお届けしましたが、[後編]では9月のMステに出演したアーティストの動向についてお話ししたいと思います。まずはついに復帰となったこの方の話題からどうぞ。

 

AKB48:松井珠理奈を待ち受ける苦難の道

ウルトラフェスでは「365日の紙飛行機」「恋するフォーチュンクッキー」をパフォーマンスしたAKB48ですが(「365日の紙飛行機」の前には、タモリがこの楽曲について「年配の男性にもAKB48の楽曲だと知られない形で支持されている」というエピソードを話していました)、9月7日のMステにも出演して新曲「センチメンタルトレイン」を披露しました。

この曲は6月に行われた選抜総選挙で選ばれた16人による楽曲です。すでに複数の音楽番組で披露されていましたが、総選挙後にこの曲のセンターを務める松井珠理奈が7日のMステ直前までは体調不良で休養しており、“センターポジションを空けたまま15人で歌う”というこのグループにしては珍しい形でのパフォーマンスが続いていました(普段の楽曲では、本来のメンバーが不在の場合は他のメンバーが穴埋めをすることで同じ人数を維持しています)。

よって、総選挙から3ヵ月近く経ったこの日が、晴れてフルメンバーでの初ステージとなりました。番組オープニングで「今までのMステの中でいちばん緊張してます、タモリさん助けてください!」ととてもナーバスになっていた珠理奈も、いざステージが始まると曲の世界に入り込んだパフォーマンスを見せていました。

総選挙での言動を含めていろいろと心配されていたものの、無事に表舞台に帰ってきた松井珠理奈。ここからグループのあらたなセンターとして順風満帆な活動を期待したいです、と言いたいところですが、まだ体調が万全でないのか次のシングルに珠理奈は不参加(関連する握手会もすべて不参加とのことです)。

このシングルは先日まで日韓同時放送されていた「PRODUCE48」で活躍した面々がフィーチャーされた人選になっており(世界デビューする日韓合同グループのIZONEに選ばれた本田仁美が初の選抜にしていきなりフロントメンバーに抜擢、竹内美宥や宮崎美穂など番組を盛り上げたメンバーも久々に選抜入り)、この番組で芳しい評価を得られず結果的に途中離脱となってしまった珠理奈とのコントラストが鮮明な感じになってしまいました。

また、次の総選挙で再戦を望んでいた宮脇咲良もIZONEのためにHKT48での活動を2年半休止することが発表され、来年の総選挙の欠場はほぼ決定的。悲願の総選挙1位を獲得したものの次の物語が見えづらい状況に陥ってしまった松井珠理奈はこの先どんな道のりを歩んでいくのでしょうか。

 

野宮真貴、電気グルーヴ:ウルトラフェスに現れたおしゃれ空間

「ウルトラフェス、間延びしてたのでは?」という話は[前編]でお伝えしましたが、そんな番組のなかでちょっと独特の空気を生み出していたのが、屋外のステージで行われた電気グルーヴと野宮真貴のパフォーマンス。電気グルーヴは「Fallin’ Down」と「Shangri-La」を、野宮真貴はピチカートファイヴ時代の名曲「東京は夜の7時」を披露しました。

どちらも「なぜ唐突に登場?」という感はありましたが、10時間という膨大な放送枠があるからこそ、時としてこういう尖ったブッキングがさらっと行われたりもするわけですね。電気グルーヴのふたりはステージ後に直前のパフォーマンスだった西野カナとの写真をツイッターにアップするなど、初めてのウルトラフェスを堪能したようでした。

 

ウルトラフェス2018ダイジェスト

上記2組以外で気になったのは、大雨のなかの毛利庭園で「一休さん」を歌った水曜日のカンパネラ、8月のMステに続いて固定カメラでパフォーマンスしたPerfume(タモリの「人生は長いワンカメ」という名言も飛び出しました)、星野 源と松本 潤の交流が明かされたことなどなど。あとこの日で弘中綾香アナウンサーがMステ最終出演でした。5年間おつかれさまでした。

10月のMステは19日の2時間スペシャルから。ウルトラフェスが終わったばかりですが、今度は年末のスーパーライブに向けて徐々に出演者が発表されていくと思いますのでそちらも楽しみですね。それでは来月もよろしくお願いいたします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2018年9月7日放送分 出演アーティスト「ウルトラフェス2018」】
きゃりーぱみゅぱみゅ「ファッションモンスター」「キズナミ」
西野カナ「Bedtime Story」
CNCO「恋のレゲトン・レント」
sumika「ファンファーレ」
AKB48「センチメンタルトレイン」
NEWS「生きろ」
桐谷健太「海の声」

【2018年9月17日放送分 出演アーティスト「MUSIC STATION 2時間SP」】
嵐「Troublemaker」「Love so sweet」「truth」
E-girls「E.G. SPECIAL DANCE MIX ごめんなさいのKissing You~Highschool ♡ love~Anniversary!!~Show Time~DANCE WITH ME NOW!」
イル・ディーヴォ「故郷」
宇多田ヒカル「誓い」
AKB48「365日の紙飛行機」「恋するフォーチュンクッキー」
A.B.C-Z「テレパシーOne! Two!」
荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」
KAT-TUN「Real Face#2」
関ジャニ∞「ズッコケ男道」
キアラ・セトル×登美丘高校ダンス部「This Is Me」
Kis-My-Ft2「アイノビート」
木村カエラ「リルラ リルハ」
きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」
Kiroro「長い間」
King & Prince「シンデレラガール」
倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」「Love, Day After Tomorrow」
劇団四季ミュージカル『キャッツ』「ラム・タム・タガー~つっぱり猫」「メモリー」他
CHEMISTRY「Wings of Words」
欅坂46「二人セゾン」「語るなら未来を…」「サイレントマジョリティー」
郷ひろみ「GOLDFINGER ’99」
ゴールデンボンバー「女々しくて」
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「100degrees」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「AGEHA」「Y.M.C.A. 」
島袋寛子+フェアリーズ「Body & Soul」
ジャニーズWEST「ええじゃないか」
ジャニーズミュージカル「JOHNNYS’ mini IsLAND」東山紀之・King & Prince・ジャニーズJr.
水曜日のカンパネラ「一休さん」
スキマスイッチ「ガラナ」
SEKAI NO OWARI「RAIN」
Sexy Zone「ぎゅっと」
高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「天国と地獄」
高橋 優「虹」
DA PUMP「U.S.A.」
ダン・バラン(O-Zone)「恋のマイアヒ」
TRF「EZ DO DANCE」
電気グルーヴ「Fallin’ Down」「Shangri-La」
東京スカパラダイスオーケストラ feat.さかなクン&白石麻衣「銀河と迷路」「Paradise Has No Border」
TWICE「Candy Pop」「TT -Japanese ver.-」
夏川りみ「涙そうそう」
西野カナ「パッ」
NEWS「チャンカパーナ」
乃木坂46「何度目の青空か?」「シンクロニシティ」
野宮真貴「東京は夜の七時」
Perfume「FLASH」
B.B.クィーンズ「おどるポンポコリン」
BEGIN「笑顔のまんま」
ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン ~カナブンブーンデモエビインビン」
V6「愛なんだ」
Hey! Say! JUMP「Come On A My House」
星野 源「恋」「アイデア」
松平 健「マツケンサンバⅡ」
三浦大知「Cry & Fight」「Look what you did」「(RE)PLAY」「EXCITE」
宮沢和史「島唄」
ももいろクローバーZ「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」
ゆず「虹」
YOSHIKI feat.HYDE「Red Swan」
LiSA「DESIRE -情熱-」
Little Glee Monster「だから、ひとりじゃない」「Dancing Queen」
RADIO FISH「PERFECT HUMAN」
WANIMA「シグナル」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人