広瀬アリス、『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』で劇中歌を初披露!「顔を真っ赤にしながら歌いました」

■「歌うのは好きです。でも、人前で歌うのは本当に恥ずかしくて……(笑)」(広瀬アリス)

「ケタハズレな冒険を。」をスローガンに、エンターテインメントを創出する株式会社ミクシィのXFLAGTM(エックスフラッグ) スタジオと、業界屈指の高い映像美を制作するCGアニメーション制作会社のオレンジによる世界基準の長編アニメーション映画プロジェクトとなる『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』が10月5日より全国公開。動員&興収ともに初登場No.1の大ヒットを記録している。

そんな本作のヒロイン・ソラの声優を務める人気女優・広瀬アリスが、本作で初めて劇中歌を披露。そしてこのたび、ほぼアカペラで歌う広瀬アリスの透き通るような歌声が響く本編シーンが解禁となった。

本作は13年前、謎のチカラによって東京の一部が地上と空に分断された現代の東京が舞台。解禁されたのは、広瀬が演じる謎の青い髪の少女ソラが、主人公で普通の高校生カナタ(演:窪田正孝)のピアノに合わせて歌うシーン。

古い家屋に入り込んだカナタ、ソラ、ヴァンパイアの少女ユウナ。カナタはピアノを見つけると、東京が浮いた13年前に流行った曲を弾き始める。するとソラが、カナタのピアノに合わせて“どんな夢見て 君は育つの 思い続けましょう”と綺麗な歌声で歌い始める。

実はカナタは13年前に東京が浮いたとき、両親が突然いなくなり、当時の記憶を失っていた。両親の顔も覚えておらず、楽しかった思い出も忘れてしまい、孤独を感じている。しかし、ソラの歌声を聞いて「この曲……!」と何かを思い出すカナタ。優しそうな金髪の女性が、ソラと同じ曲を歌っている記憶が甦るが、なぜカナタとソラは同じ曲を知っていたのか? カナタとソラを時を超えて繋ぐ、物語の重要な曲になっている。

ソラの声を演じた広瀬アリスは、これまで映画やドラマの中で歌をうたった経験がなく、本作で劇中歌初披露となった。普段は人前で歌うのが恥ずかしく、ひとりでカラオケに行くことが多いという広瀬は「歌うのは好きです。でも人前で歌うのは本当に恥ずかしくて……(笑)。顔を真っ赤にしながら歌いました」と、声の収録の裏話を明かした。

とくに今回歌った曲は、ほぼアカペラで、広瀬の歌声が静かに響く曲。広瀬は納得がいくまで何回も収録し、最後に“独り言のように歌った曲”が実際に劇中で使われた。広瀬は「最初は緊張してしまって、何回も録ったのですが、最後に独り言のようにささやく感じで歌ったんです。フッと力が抜けた瞬間があって、いちばんリラックスして歌えました。それが実際に使われているので、初挑戦の歌声にも注目していただけたらと思います」と語っている。

そんな広瀬が演じたソラは、強くて勝気な女の子。主人公カナタの元に突然空から降って来て、世界の命運をかけた戦いに挑んでいくというキャラクターだ。広瀬はソラについて「ソラは最初ちょっと嫌な子なんですよね(笑)。でもどんどん成長して変化していくし、話が進むにつれてカナタと友情や絆が感じられて好きでした。凛としてカッコいい女の子ですが、意外と普通な女の子の一面もあって、とても共感できる、かわいい女の子です」と、その魅力を明かした。

アニメーション映画の声優初挑戦となった広瀬の歌声や、ツンデレな一面にも注目だ。

「モンストをご存知の方はもちろんのこと、知らない方も楽しめて、共感される作品を届けたい」という制作陣の熱い想いから誕生した『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』。圧倒的クオリティで描かれる、美しく躍動的なアニメーション、そして実力派若手俳優&日本トップの実力派声優の豪華コラボにより命を吹き込こまれたキャラクターで描かれる、誰もが感動できるオリジナルストーリーは、この秋、世代・国境を超え人々の心を動かすことは間違いなさそうだ。


映画情報

『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』
全国大ヒット公開中
監督:錦織博
制作:オレンジ
製作:XFLAG
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)XFLAG


映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』作品サイト
https://anime-movie.monster-strike.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人