劇団EXILE・町田啓太、映画『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』に出演!「皆さんキラキラとしていてまぶしかったです」

■上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星出演、映画『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』に劇団EXILE・町田啓太がオトナの魅力をプラス!

コミックス累計発行部数1,000万部突破の超人気少女コミック『L▽DK』。2014年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こした。
※▽はハートマーク

そんな『L▽DK』がフレッシュな新キャストたちと、ドキドキの三角関係になって『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019年3月21日全国公開)としてパワーアップして帰ってくる。

そしてこのたび、本作に、注目作品への出演が続く最旬俳優・町田啓太(劇団EXILE)の出演が決定した。

町田啓太は、大河ドラマ『西郷どん』(NHK)や10月スタートの『中学聖日記』(TBSドラマ)、『ラストチャンス 再生請負人』、映画『OVER DRIVE』など幅広いジャンルの作品で活躍。注目作への出演が相次ぎ、その爽やかで端正なルックスと演技で多くのファンを魅了している。

そんな町田が演じるのは、カメラマンとして仕事をしながら、親代わりとして弟・久我山柊聖を見守る兄で、カメラマンをしている久我山草樹(そうじゅ)。葵(上白石萌音)との恋、そして将来に悩む弟に厳しくも愛のあるアドバイスをしたり、そのワイルドな見た目とは裏腹に、若手キャストたちを見守る優しいお兄ちゃんを演じる。

町田は、いままでの“爽やか”で“清楚”なイメージを一新。少しダーティーでワイルド、大人の色気溢れる原作キャラクター・草樹に似せるために、髪の毛を金髪に染め、ひげを生やし、原作ファンも納得のビジュアルとなった。

若手キャストが紡ぐ、ドキドキ・きゅんきゅんが詰まった『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の世界に、オトナの魅力・色気をプラスする!

町田啓太 コメント
登場人物たちの真っ直ぐさとかわいらしさが微笑ましく、ドキドキするストーリーに自分が少しでもプラスできるように励みたいと思いました。
僕が演じた、柊聖の兄でカメラマンをしている草樹は、陽気だけど、どこか掴み所のないキャラクター。原作のイメージに近づきたく髪の毛を金髪にし、ひげを生やして現場に挑みました。カメラマンという設定もあり、柊聖と玲苑をモデルに撮影をするシーンがあったのですが、被写体が良すぎてついつい撮るのに夢中になってしまい、気付いたら毛穴が見えるくらいに寄っていました(笑)。
皆さん初共演でしたが、キラキラとしていてまぶしかったです。上白石さんの柔らかな人柄、杉野くんのまっすぐな眼差し、流星くんのやる気に溢れる姿。それぞれ役柄にぴったりで見ているだけで元気をもらえました。僕には男兄弟はいませんが、杉野くんの不思議と構いたくなるピュアさに、弟がいたらこういう気持ちになるのかなと思わせてくれる存在でした。
応援しながらドキドキ感を楽しんでいただける、心温まる作品になっていますので、皆さんぜひ公開を楽しみにしていてください。


映画情報

『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 
原作 :渡辺あゆ『L▽DK』(講談社『別冊フレンド』刊)
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 ほか
(C)「2019 L▽DK」製作委員会


映画『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』作品サイト
http://www.l-dk.jp/


(C)渡辺あゆ/講談社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人