ジュンスカが自由が丘駅前で30年ぶりホコ天ライブ!「みんなが生活している場所に音楽を届けられて本当にうれしい」

JUN SKY WALKER(S)が三連休の中日、10月7日に『第46回 自由が丘女神まつり』に登場し、自由が丘駅前ロータリー広場をジャック! ジュンスカがいわゆる“ホコ天ライブ”を開催するのは1988年の最後の原宿ホコ天ライブ以来、実に30年ぶりだ。

【イベントレポート】
JUN SKY WALKER(S)

第46回 自由が丘女神まつり
JUN SKY WALKER(S) 全国 ホコ天 ストリートLIVE Vol.1 Supported by MUSIC ON! TV(エムオン!)
2018.10.07@自由が丘駅前ロータリー広場


30年ぶりのホコ天ライブ、“あの景色”は何も変わらなかった

JUN SKY WALKER(S)の熱い一日を待っていたかのように10月にもかかわらず、最高気温は30℃超えとなる真夏並みの暑さ。開演は16時10分。まだ太陽が照りつけ、青空が広がるなか、駅前に設けられた特設ステージにメンバーが姿を現すと、世代を超えて集まったオーディエンスから大歓声。森 純太(g)はガッツポーズ、宮田和弥(vo)は右手を高く掲げ、オープニングの「歩いていこう」からいきなり大合唱が自由が丘に響きわたった。

オイコールで盛り上がり、サビをみんなが歌ったのは「START」。黒のジャケットを脱ぎ捨て、白いTシャツ一枚になって、動き回りながら歌う宮田。見上げると視界に入る東横線の電車に向かって手を振り、車内の人たちも手を振り返す場面も。ホームからジュンスカのライブを観戦している人たちがいたのも、このロケーションならではだろう。

宮田和弥(vo)

森 純太(g)

「みんなが生活している場所に音楽を届けられて本当にうれしい」

ジュンスカのキラーチューンが次々に放たれ、4カウントで入った「MY GENERATION」は大拍手と大歓声。森がセンターでギターをかき鳴らし、寺岡呼人(b)がストイックにリズムを刻み、小林雅之(ds)が力強いビートを叩き出す。

宮田は自由が丘駅前ロータリー広場に集まった面々だけでなく、一緒に少しでも楽しもうとしてくれる人がいるならとホームで観ている人へ再び「ホーム!」と叫び、広場以外の人も巻き込んでテンションを上げてしまう。これぞストリートから始まった、叩き上げのバンドの底力だ。

「ジュンスカが30年ぶりにホコ天に帰ってきました!またみんなが生活している場所に音楽を届けられて本当にうれしいです」とも語っていた。

「今日は日曜日」という言葉とともに披露されたのは灼熱となった空間に気持ちいい風を送り込んだバラード「休みの日」。続けて披露された再結成第1弾シングルとなった「青春」ではシンガロング。宮田はみんなにマイクを向け、想いを共有するように歌った。“僕らの青春は まだ始まったばかりだ”と歌うこの曲が再び歩き始めているJUN SKY WALKER(S)の“今”を刻むように響いてきた。

寺岡呼人(b)

小林雅之(ds)

宮田&小林の懐かしい高校時代の思い出も

MCでは宮田が「ホームのみんなも手を振ってくれて、本当にありがとう!駅員さんもありがとう!」と会場を沸かせ、台風もあって当日の天候が心配だったことに触れ、遠くから足を運んでくれた人や通りがかりに足を止めて聴いてくれた人たちに感謝の言葉を伝えた。そして、ドラマーの小林とは中学の同級生でもう40年のつきあい、高校生の頃には自由が丘の“ダンキンドーナツ”によく行っていたというレアな思い出も。

ほっこりした空気から「今日の夜もきっときれいな夜空でしょう」と告げると次の曲を予測したファンから大歓声。大合唱の中、「すてきな夜空」が届けられ、上手から下手へと動きまわり、森もジャンプ。一体となる広場で宮田が「もう一発イケますか!」と叫び、ラストナンバーは「全部このままで」。下手で宮田が森の肩に手を回し、ひとつのマイクで歌う場面も飛び出し、月日を重ねても色褪せない曲たちとロックバンドの素晴らしさを野外のフリーライブという空間で改めて見せつけた。

全7曲の演奏が終わり、JUN SKY WALKER(S)が現在、全国ツアー中であること、「白いクリスマス」の2018年バージョンを11月21日にリリースすることを発表。最後は全員が前に出てきて、集まったみんなと一緒に記念撮影。

笑顔で手を振り、肩を組んで4人で挨拶。清々しい空の下、開催された30年ぶりのホコ天ライブはあらたなレジェンドとして語り継がれていくだろう。

TEXT BY 山本弘子
PHOTO BY 中村彰男

SETLIST

01.歩いていこう
02.START
03.MY GENERATION
04.休みの日
05.青春
06.すてきな夜空
07.全部このままで


ライブ情報

30th Anniversary Tour ~全部このままで~
10/20(土)宮城・仙台MACANA
10/21(日)福島・郡山 CLUB #9
10/27(土)千葉・柏DOMe
11/10(土)埼玉・HEAVEN’S ROCK Kumagaya VJ-1
11/17(土)大分・別府 COPPER RAVENS
11/18(日)長崎・DRUM Be-7
12/09(日)神奈川・F.A.D YOKOHAMA
12/15(土)長野・CLUB JUNK BOX
12/16(日)新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
12/22(土)鹿児島・CAPARVO HALL
12/23(日)熊本・B.9 V1
[2019年]
01/12(土)愛媛・松山 WstudioRED
01/13(日)高知・X-pt.
01/19(土)愛知・名古屋 大須 ElectricLadyLand
01/20(日)静岡・Live House 浜松 窓枠
01/26(土)兵庫・三宮 VARIT.
01/27(日)石川・金沢 vanvan V4
02/10(日)岡山・livehouse IMAGE
02/11(月・祝)鳥取・米子 laughs
02/16(土)山梨・甲府 KAZOO HALL
02/23(土)栃木・HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2
03/02(土)福岡・DRUM Be-1
03/03(日)広島・Cave-Be
03/16(土)岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
03/17(日)青森・Quarter
03/23(土)京都・磔磔
03/24(日)大阪・梅田 CLUB QUATTRO

30th Anniversary Tour FINAL 〜全部このままで〜
05/25(土)東京・日比谷野外大音楽堂
詳細はこちら


プロフィール

ジュン・スカイ・ウォーカーズ/宮田和弥(vo)、森 純太(g)、寺岡呼人(b)、小林雅之(ds)からなるロックバンド。1988年5月21日にメジャーデビュー、1997年6月14日に解散したものの、2007年に再び動き始めた。

JUN SKY WALKER(S) OFFICIAL WEBSITE
JUN SKY WALKER(S) 30周年特設サイト


リリース情報

2018.05.21 ON SALE
ALBUM『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』
DREAMUSIC

2018.11.21 ON SALE
MINI ALBUM「白いクリスマス2018」
DREAMUSIC
※DVD付

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人