山下健二郎(三代目JSB)とのドラマ共演で、本仮屋ユイカが「きっと良いパパになる」と思ったポイントとは?

彼女にフラれて大ピンチの崖っぷち男が愛を取り戻すまでを描く逆転ラブコメディ『Love or Not』が帰ってきた。山下健二郎、本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナらのほかに、佐津川愛美、細田善彦が新加入し、さらにパワーアップ!

【オフィシャルインタビュー】
山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)× 本仮屋ユイカ
dTV×FOD共同製作ドラマ『Love or Not 2』

本作で、不器用で鈍感で何をやってもダメ、だけどハートはアツい会社員・宇佐美幸助を演じる山下健二郎と、その同棲中の恋人である広澤真子を演じる本仮屋ユイカ。前作から1年3カ月ぶりの共演、続編の製作が決まった時の気持ちや撮影秘話、作品を通しての恋愛観の変化、見どころなど、幅広く話を聞いた。


「言えばいいのにね」って(笑)

──まさか別れを告げられるという物語の始まりに驚きました。

山下健二郎 僕たちもびっくりしました。本当になんでなんだろうって(笑)。それから台本を読んでいくうちに、ああそういうことかと理解して。撮影に入って、最初に本仮屋さんと会った時「なんで(本音を)言わないんだろうね」と話しました。

本仮屋ユイカ 「言えばいいのにね」って(笑)。

山下 そうなるとドラマにならないんですけど(笑)。本仮屋さんとは、役や台本についても話し合えましたし、撮影を重ねるごとにこのドラマに深みが増して良くなっているなということを感じて、撮影をしていて楽しかったです。

──山下健二郎さん演じる“幸助”は、物語の中で男性として成長していきます。山下さんは役柄との共通点やリンクするポイントを感じますか?

山下 任されたことに対する責任感は共通点だと思います。前作の時はもっと抜けている感じだったんですけど、『Love or Not 2』になってから少し大人になって、任される仕事内容、責任感、後輩を背負っている感じとか、自分に共通する部分は多くありました。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEとして活動させていただいていて、最近まではすごく勢いよく活動していた自分がいたんですけど、振り返ると後輩もたくさんできて、グループも成熟しつつあって。

そこから、見せ方を変えていったり、考え方がすごくシャープになってきたりしているというか。いろいろな経験をしたからこそいろんな意見が出るという感じで、そういう部分は共通する点かなと思います。

 

本来の本仮屋さんなら確実にすぐ幸助に言うだろうなと思います

──本仮屋さんから見て、素の山下さんと幸助に共通点を感じることはありますか?

本仮屋 幸助の熱さやまっすぐさは、山下さんの持つそのままのおおらかさや優しさが詰まっているなと感じます。私が幸助を好きなのは、「それいいじゃん!」とか「良かったね!」というポジティブな言葉に一点の曇りもないところです。その愛情深さは山下さんそのままなので、こんなふうにポジティブなパワーを相手に惜しむことなく渡せる人って本当に素敵だなと思います。

そういうセリフを聞いたり、山下さんの普段のポジティブな言葉を聞いたりすると、すごく幸せな気持ちになるし、とても似ているふたりだなと思います。似ているというか山下さんの良さが幸助に入っていった感じがして……台本以上にその良さが際立っていました。

山下 それはうれしいですね。真子(演:本仮屋ユイカ)はすごく思いやりがあって、その人のことを思って行動するんですけど、本仮屋さんと似ていると感じます。現場の雰囲気、周りのことや先のことをすごくよく考えて動いている方だなと思いました。

まったく違う部分としては、本仮屋さんは思ったことを口に出して言うタイプなので、真子の悩んでいても相手のことを考えて言わないという部分については、本来の本仮屋さんなら確実にすぐ幸助に言うだろうなと思います。

 

お互いにいじり合ってるっていう。仲良いね、本当に

──お互いを愛称で呼びあうようになったのはいつ頃からですか?

山下 最初(前作)からかな。

本仮屋 前作の時に(メインキャスト)6人でとにかく仲良くなろうっていうのがあったので、皆さん愛称や呼び捨てで呼んでいる感じです。

山下 仲良くなるきっかけじゃないですけど、あんまり堅くしたくないなっていうのはあったので、僕も“ユイカちゃん”って呼んでいました。やっぱりラブコメなので。

本仮屋 そういうムード作りは最初からすごくたくさんしてくださいました。

山下 僕は人見知りしないので、ズカズカいっちゃうんですよね。人見知りの方にとってはすごく面倒くさい人だと思いますね(笑)。水沢エレナさんに関しては僕のことちょっと苦手だったと思います(笑)。

本仮屋 山下さんが女性4人の中で水沢さんにだけ当たりが強いんですよ(笑)。

山下 面白いんですよね、いじりがいがある(笑)。

本仮屋 だから水沢さんも山下さんのことを“じーじ”って呼ぶようになって、お互いにいじり合ってるっていう。仲良いね、本当に。

──(笑)。山下さん、本仮屋さんがそこまで仲良くなれたのはなぜだと思いますか?

山下 わりと腹を割ってすべて話すタイプなので、それで話しやすい人だなと思ってくれたんですかね。そして、僕は話すだけでなく相手にもいろいろと聞いてしまうんですよ。

僕も仕事の話や恋愛観、結婚観とかも話しますし。いろいろなお話をして、この人こういう人なんだって思って、自分のことも話すからどんどん仲良くなっていったのかな。

本仮屋 心を開いている、その開きっぷりがすごいんですよね。閉じるタイミングあるのかなっていうぐらい全部開いていて。出会った瞬間から今まで変わらないんですよ。そのおおらかさと潔く自分のままでいられる優しさに、「この人、頼っていいんだ」という安心感をすごく覚えました。

 

いや大丈夫です。そこはちゃんと時間作るので

──山下さんが結婚する女性に求める条件を教えてください。

山下 ポジティブな人がいちばんですね。あとは釣りに行くのを許してくれる人。ちなみに明日から6日間テキサスに釣りに行きます。でも、釣り人って離婚率が高いらしいんですよ、統計的に。

本仮屋 えー! そしたら付箋で6日分書いておけばいいよ(※ドラマの中で、幸助と真子は付箋を使ってコミュニケーションをとる場面がある)。

山下 なるほどね!(笑) なので、趣味に時間を使っても許してくれる人。あとは自分の仕事を理解してくれることが大きいかもしれないです。やっぱりドラマとか映画になると朝から夜中までになったりして、家を空けることも多いですから。そこにお互いリスペクトできる環境があればって感じですね。

──本仮屋さん、女性としてこの条件はいかがですか?

本仮屋 困りますね(笑)、だいぶ困りますよ。

山下 いや大丈夫です。そこはちゃんと時間作るので。

本仮屋 でも山下さんを見ていると、メリハリをつけながら生きるのが上手だなと思います。ドラマ撮影中にグループ活動の仕事をマネージャーさんと素早くやったかと思うと、幸助の役にすぐ入っていたり、撮影が終わったら「よし帰ろう!」とか「ご飯食べに行こう!」とか、切り替えが上手な方だなという印象があります。

遊ぶ時は遊ぶし、家庭を大事にする時はするような、きっと良いパパになると思います。


番組情報

dTV×FOD共同製作ドラマ『Love or Not 2』(読み:ラブオアノットツー)
10月5日(金)00:00開始
※週1回更新、全6話(1話=25分)

演出/脚本:水田成英、浅見真史、本間利幸 / ますもとたくや、錦織伊代
出演:山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE) 本仮屋ユイカ
町田啓太 浅見れいな 八木将康 水沢エレナ 佐津川愛美 細田善彦
主題歌:DOBERMAN INFINITY「Never Change」(LDH MUSIC)
(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

dTV×FOD共同製作ドラマ『Love or Not 2』特設サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人