FTISLAND、全国ツアーが日本武道館で閉幕!「来年も日本でライブしたい!」

■本編ラストの日本最新シングル「Pretty Girl」のサビでは、ファンがFTISLANDに向かって“Pretty Boy”と大合唱!

韓国を代表する5人組ロックバンド、FTISLANDが9月28日、東京・日本武道館で『FTISLAND AUTUMN TOUR 2018 -Pretty Girl-』を行い、7都市11公演のツアーを締めくくった。

毎年、春にアリーナツアー、秋に10本ほどの全国ツアーを行っているFTISLANDだが、今回は丸1ヵ月をかけて、スタンディングのライブハウス、初訪問の岐阜を含むホール、そして武道館とバラエティに富んだ会場を回った。

韓国では7月に6thミニアルバム『WHAT IF』をリリースし、8月にソウルでワンマンライブを開催。休むことなく8月22日に日本で18thシングル「Pretty Girl」をリリースして、本ツアーに突入したが、直前に行ったソウルライブとはまったく違うセットリストで臨んでくれた。

今回はアルバムを披露するツアーではないので、日韓の新曲を中心に、ライブの流れにならった新旧の日韓楽曲がバランスよく配置された、ライブに集中できるセットリストだった。

「Hey! 今日もよろしく!」というホンギの第一声と共に、韓国最新アルバム『WHAT IF』のリード曲「Summer Night’s Dream」からスタート。哀愁漂うミドルテンポのこの曲では、ギターのスンヒョンがひさびさにラップを披露する。

続く初期のシングル曲「Let it go!」では、歌詞に“君の声が聴きたい”とあるように、客席のシングアロングもどんどん大きくなる。その勢いに乗って「みんなの声をもらうから!」と会場中に響くファンのコーラスで始まったのは、ベースのジェジンが作った「AQUA」。「AQUA」はライブで育った曲だな、としみじみと感じる。

上階はもとより、ステージサイドまでぎっしり埋まった客席を見てゴキゲンなホンギ。ここからはFTISLAND流ロックのパートに突入。「Time To」ではボクサーのように軽やかなステップを踏みながら歌うホンギに操られるように武道館を埋めたオーディエンスが一緒に歌うが、もはやサビはファンのパートだ。ドラムのミンファンの刻むタイトなリズムに乗せて、ギターのジョンフン、スンヒョン、ベースのジェジンが3人連なって楽器を弾く姿もカッコいい。スピード感溢れる「BE FREE」で盛り上がりは最高潮に達して「1234」になだれ込む。

「今回ツアーで全国を回りながら、みんなの反応が良くなっているのがわかって満足しています。今回は自然の流れでみんなと話をして、歌って、遊んで、走って、笑う感じのライブにしたい」と、ホンギも会場との一体感に手応えを感じている様子。

MCも相変わらず、メンバーたちが自由にしゃべりまくるが、約1ヵ月間、ツアーで日本に滞在し、とりわけスンヒョンは日本語が上達したようで、メンバーたちに絶妙なツッコミを入れ爆笑を巻き起こす。ジョンフンも「毎日『テラスハウス』を見て、日本語が上達しました。僕もテラハに出たい!」と言って笑いを取った。

中盤は「みんなが知ってる曲を特別な形で披露します」とホンギが促すと、ジェジンが「バレ」をオペラ調で歌い、大喝采を集めた。スンヒョンも自分のパートをオペラ調で歌うと、ホンギはバレエのようなダンスを踊りながらミュージカル調に。ホンギとファンの大合唱でスタートした「チョケッソ(I wish)」は、いつもよりも緩めのアレンジにして変化を付ける。ツアーごとに、ライブ1本ごとに定番曲のアレンジを変えてくるのもバンドの醍醐味だ。

次のセクションでは、韓国の最新ミニアルバムの収録曲「Nowhere」と、日本の最新シングルのカップリング曲「Remember」という日韓の新曲を披露したが、「Nowhere」イントロのジョンフンのギターソロは、このライブの聴かせどころのひとつだった。

「YOU DON’T KNOW WHO I AM」で再びファンとのシングアロングで一体感を高めると、「ここからは、最後まで走っていくぞ!」とホンギが勢いをつけ、「Paparazzi」でファンのクラップの嵐に乗ってサウンドが疾走する。

「頭の上に手を挙げて!」というホンギの号令でタオルを掲げると、「Shinin’ On」がスタート。もうここからは、誰もが手を振り、喉が枯れるまで歌い、休むことなどできない。

武道館をパーティ会場に変える「Champagne」では、ホンギの魔法にかかったように大合唱が生まれ、そのまま「PUPPY」で“BOW!”と叫ぶ。ファンと一体となって曲を作り上げていくのがFTISLANDのライブの魅力だ。FTISLANDというキャンバスに描かれた下絵に、最後に色を付けるのが会場にいるファンなのだ。

そんな盛り上がりのあとに、「今回のツアーでは、初めて行った場所まで満席にしてくれて、ありがとうございます。今日はファイナルだからマジメにいこうかと思ってるんだけど」と言うホンギは、「僕らまだ(軍隊に)呼ばれてないので、来年もライブしに来れると思う。(入隊期間の)1年半、僕らがいなくてつまんない間に、うちの事務所の後輩たちのライブに行ってもいいけど、好きになっちゃダメ! いちばんはFTISLANDだから! 皆さん、変わらずにまた、遊びに来てくれると思っています」と心の内を正直に話してくれた。

リーダーのジョンフンも「今年、いろいろあったけど、僕たちのことをずっと応援してくれて感謝しています。今回のツアーが終わっても、来年、僕らがどこかへ行く前にまたライブします。決めた! このライブが終わったら事務所と話しますから」と、ファンとライブに対する想いを熱く語ると、「来年もたくさんのライブができるように、これからも応援よろしくお願いします」とホンギがやさしい眼差しでファンに言葉をかけた。

ラストは、「僕らが最近好きな、ポップなロック」という「Hold the moon」と、本ツアーのタイトルにもなっている日本最新シングルの「Pretty Girl」で締めくくったが、軽快なサマーソング「Pretty Girl」では、ホンギのお願いで、サビの“Pretty Girl”という歌詞の後に、ファンがFTISLANDに向かって“Pretty Boy”と歌う替え歌に。ファンからの“Pretty Boy”という大きな歌声に、ホンギも「Hey,Nice!」と笑顔で応えた。

アンコール1曲目は、韓国最新ミニアルバムの「Fade Out」。恋愛に対する男女の本音を歌うこの曲では、事務所の後輩、AOAのユナが女声パートを担当しているが、そのユナのパートをファンが韓国語で完璧に歌いあげるとホンギも「サイコーやな!」とご満悦。ジョンフンの弾くピアノのリフが印象的な「Stay what you are」では、花道のように1階席まで延びるステージの端から端までホンギが全速力で走りながら歌う。

アンコールを終えても鳴りやまない拍手とさらなるアンコールの声。ダブルアンコールでは“君がいるここがパラダイス”と歌う「Paradise」、そしてトリプルアンコールでは“いつでもぼくのそばにいて”と歌う「We are…」で応えたが、この2曲はまるで、FTISLANDからPrimadonna(ファン)へのラブレターのようだった。

最後のMCでも「今回のライブで、皆さんと僕らの相性の良さと、その相性が強くなっているのをめちゃ感じた」と言っていたホンギだが、今回のツアーは、FTISLAND史上最高のライブといえるだろう。ツアーごとに彼らも成長してきたが、それはPrimadonnaたちも一緒だ。ホンギはいつもライブで「一緒に遊ぼう!」と言うが、音楽を通して一緒に遊べるのがFTISLANDのライブ。彼らにも入隊が迫ってきているが、「来年も日本でライブをする!」と言ってくれているので、そのときはきっとまた、このツアーを超えるポテンシャルで、史上最高を更新してくれるだろう。FTISLANDのライブは、間違いなく今、見逃せない状態にある。

アンコールでは、12月にリリースされるホンギの2ndソロアルバム『Cheers』のリードトラック「Pathfinders」のティザー映像が初公開されるというサプライズも。なんとミュージックビデオでは、歌手として10年超のキャリアのホンギが初めてのダンスを披露! その姿に会場からも大きな驚きの声が上がった。

一緒に踊っているのは、ホンギがボーカルトレーナーとして参加した話題のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 48』でダンストレーナーを務めたMay J Lee。TWICEの「KNOCK KNOCK」などの振り付けを手がけるK-POP界の人気振付師だ。

「ソロで何ができるか考えた。ダンスは苦手だからポイントだけ踊ったけど、日本のアルバムにはMay J Leeさんが、韓国のアルバムには別の先生が参加してくれています」と明かしてくれたが、日韓でリリースされるソロアルバムへの期待が膨む。

また、年末に開催されるソロツアーに関しては、「今年のクリスマスと年末は、日本で皆さんと過ごします。1年のなかでクリスマスがいちばん好き。でも、ずっとクリスマスが休みだったことがない(笑)。皆さんといい思い出を作りたいから、遊びに来てください!」と豊富を語った。

日本のAKB48グループのメンバーが練習生として参加し、日韓で活動するガールズグループ・IZ*ONEが誕生した『PRODUCE 48』だが、この日の公演には番組に参加していたAKB48グループのメンバーたちも応援に駆け付けた。

LEE HONG GI(from FTISLAND)の2ndアルバム『Cheers』は、12月5日にリリースされ、12月20日の愛知・センチュリーホールを皮切りに12月28日の大阪・オリックス劇場まで、3都市5公演の『LEE HONG GI (from FTISLAND) 2018 Solo Concert in Japan“Cheers”』が開催される。

TEXT BY 坂本ゆかり

『FTISLAND AUTUMN TOUR 2018 -Pretty Girl-』
09/28(金)東京・日本武道館
<セットリスト>
01. Summer Night’s Dream
02. Let it go!
03. AQUA
04. Time To
05. BE FREE
06. 1234
07. バレ
08. チョケッソ(I wish)
09. A light in the forest
10. Nowhere
11. Remember
12. YOU DON’T KNOW WHO I AM
13. Paparazzi
14. Shinin’ On
15. Champagne
16. PUPPY
17. Hold the moon
18. Pretty Girl
-ENCORE-
19. Fade Out
20. Stay what you are
21. Paradise
22. We are…


リリース情報

2018.12.05 ON SALE
イ・ホンギ
ALBUM『Cheers』


『Cheers』特設サイト
https://sp.wmg.jp/leehonggi/cheers/

FTISLAND OFFICIAL WEBSITE
http://ftisland-official.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人