木村カエラ、BiSH、感覚ピエロ、永野ら著名人が、映画『音タコ』を絶賛! 「私も音量を上げていきます!」(木村カエラ)

■田中光による『サラリーマン山崎シゲル』とのコラボイラストほか、映画『音タコ』にエールを贈るテンション爆上げイラストも続々と到着!

『時効警察』シリーズや『俺俺』『インスタント沼』『転々』など、誰にも真似のできない独自のコメディセンスを持つ三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日に公開となる。

本作は、“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”を持つ世界的ロックスター・シンと、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかが、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となった、シンの最後の歌声をめぐって、謎の組織から追われるさまをハイテンションで描くロックコメディ。

4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱える主人公のロックスター・シンを演じるのは、映画『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』の阿部サダヲ。その圧倒的かつフルスロットルな演技を、破天荒なキャラに激烈注入! 「グループ魂」のボーカル・破壊として活躍する歌声をスクリーンに叩きつける。

そして、シンとは対照的に異様に声が小さく、何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうかを演じるのは、大ブレイク中の吉岡里帆。そのコメディエンヌぶりは本作でさらにパワーアップ! そして、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらクセが強すぎるキャストたちが集結し、“パンチ×毒”全開の超個性派俳優たちがスクリーンで暴れまくっている。

さらに、音楽面では、HYDE、いしわたり淳治、あいみょん、ほか全14組の豪華アーティストが集結し、楽曲提供・出演し、本作を盛り上げる!

そしてこのたび、ひと癖もふた癖もある個性的なキャラクターが巻き起こす<笑い>と、本編を彩る<音楽>が見どころの本作に、ミュージシャンからお笑い芸人まで、音楽に、笑いに、音量を上げた絶賛コメントが到着した。

木村カエラは、「ドーンと爆発的な衝撃のあとに、ふんわりきれいな風に乗って届けられるこの映画からのエール。その力が何ともすごい。眠っていた本来の私が目を覚ます。私も音量を上げていきます!」、楽器を持たないパンクバンド・BiSHのセントチヒロ・チッチは、「笑いと涙と引き込まれる音楽が散りばめられていてお腹いっぱい。歌うことに命をかける彼の魂に、歌う人間としてハッとさせられました」と、音楽と笑いがつまった本作に感化されたよう。

また、お笑い芸人の永野からは、「髪型と声量が酷似していて、阿部サダヲさんが自分に見えて仕方なかったです! つねづね感じてましたが、人生、音量を上げるに越したことはないですね!」と、ツッコまずにはいられない前半部分はさておき、前向きなコメントが寄せられた。

さらに、田中光による『サラリーマン山崎シゲル』とのコラボイラストや、川原瑞丸、谷口崇、フクザワといったイラストレーターからのテンション爆上げイラストも続々と到着。要チェックだ!

イラスト提供:
田中光(芸人・漫画家)
川原瑞丸(イラストレーター)
フクザワ(音楽系イラストレーター)
谷口崇(アニメ・イラスト作家)

著名人からのコメント
■木村カエラ(歌手)
ドーンと爆発的な衝撃のあとに、ふんわりきれいな風に乗って届けられるこの映画からのエール。その力が何ともすごい。眠っていた本来の私が目を覚ます。私も音量を上げていきます!

■BiSH・セントチヒロ・チッチ(楽器を持たないパンクバンド) 
前からファンだった三木監督のワールドが最高で、気づいたら飲み込まれていました。笑いと涙と引き込まれる音楽が散りばめられていてお腹いっぱい。歌うことに命をかける彼の魂に、歌う人間としてハッとさせられました。いろんな気持ちの最後には、はっぴーな気持ちにさせてくれる素晴らしい映画なので、たくさんの人に届いてほしいです!

■BiSH・アユニ・D(楽器を持たないパンクバンド) 
三木監督の映画は、人生においてタメになるので、とても好きでした。シュールなやりとり、そしてパワーワードや記憶に残る文章が、さりげなくながらもガッツリいくつも入り込んでいるところ。好きな言葉がまた増えました。

■感覚ピエロ(ミュージシャン)
阿部サダヲさんの破天荒な演技、吉岡里帆さんの柔らかいオーラ、大大大好きなおふたりの初タッグ映画!!! 「個性」が散乱しまくり!! 予想を遥かに超える毒とクセ! なのに、最後はどこかグッとくる。。うん、せこい!

■キュウソネコカミ・ヤマサキセイヤ(ミュージシャン)
クセの強いキャラによる、怒涛の勢い!! スカムパンクのライブを観ているときの感覚を得ました!! ドバッと楽しい!! そして、ミュージシャンとドラッグは、聞いたことあるけど、ミュージシャンとドーピングは初耳でした。ドラッグは自分の快楽のため、ドーピングは自分とお客さんのため。声が出にくい辛さはよくわかる…いざという時に欲し…ボイトレ頑張ります! 笑

■CHAI ユウキ(b/ミュージシャン)
とにかくうるさい!(笑)目からも耳からも、入ってくるものがとにかくうるさい! でも、やめる言い訳をすぐに考えちゃう癖があるわたしにはドカーンときたよ! 負けてたまるかー! って感じで大きい声出していこうね! ウオー

■永野(芸人)
髪型と声量が酷似していて、阿部サダヲさんが自分に見えて仕方なかったです! つねづね感じてましたが、人生、音量を上げるに越したことはないですね!

■飯塚 健(映画監督・脚本家『虹色デイズ』『笑う招き猫』)
阿部さんがいい。やっぱりいい。負けじと吉岡さんもいい。つうか吉岡すげえいい!! 「ここではないどこかへ」連れて行ってくれる映画だった。さすが、三木聡監督の映画だ。キラッキラだった。あ、間違えた。キレッキレって言いたかったんですよ。


映画情報

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー
出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了 ふせえり 田中哲司 松尾スズキ
監督・脚本:三木聡(『俺俺』『時効警察』シリーズ)
音楽:上野耕路
主題歌:SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会


リリース情報

2018.10.03 ON SALE
ALBUM『音量を上げて聴けタコ!! 〜音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! オリジナルコンピレーションアルバム~』


映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』作品サイト
http://onryoagero-tako.com/

シン&ふうか OFFICIAL WEBSITE
http://www.sinandfuka.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人