ブラッドリー・クーパー、レディー・ガガとの出会いを語る。「今思うと、彼女の前で歌うなんてクレイジーだった」

■レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー、映画『アリー/ スター誕生』USプレミアの“ブラックカーペット”に降臨!

歌の才能を見出され、スターの階段を駆け上がっていくアリーの愛と成功を描いた、心揺さぶる圧巻の感動エンターテインメント『アリー/ スター誕生』(12月21日日本公開)。

ヒロインのアリーを演じるのは、映画初主演の“歌姫”レディー・ガガ。そして『アメリカン・スナイパー』(2015年)で主演・製作を務めた俳優ブラッドリー・クーパーが初監督を務める。

すでにアカデミー最有力候補の呼び声高い本作のUSプレミアが、このたび、劇中でアリーが歌う重要なシーンの舞台として登場する、米国・ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムにて開催された。

『アリー/ スター誕生』は、ワールドプレミアとなった『第75回ヴェネチア国際映画祭』、そして『トロント国際映画祭2018』と名だたる映画祭へ出展。各映画祭で絶賛評を受け、早くもアカデミー賞の最有力候補として名高く、辛口の米・映画評論サイト「Rotten Tomatoes」でも依然として95%フレッシュの好評価を得ているほか、ひと足先に映画を観たマスコミからも「究極にエモーショナル!」(『Variety』誌)、「天才女優・ガガが誕生した」(『TIME OUT』誌)など、惜しみない絶賛を受けている。

そんな全世界で話題沸騰中の本作が、10月5日のUS公開まで1週間と迫るなか、アメリカでの初お披露目となるUSプレミアがアメリカ・ロサンゼルスで行われ、レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパーほか豪華キャストが駆けつけた。

会場となったのは劇中でガガ演じるアリーがある重要な“うた”を披露する劇場、シュライン・オーディトリアム。これまでアカデミー賞やグラミー賞、エミー賞など数々の賞の授賞式の舞台になった由緒正しい劇場で、アリーとブラッドリーがバンドと共に歌うことから、会場前には“ロックンロール”を意識したブラックカーペットが敷かれた。周辺には19時の開演の前から約2,000人ものファンとマスコミが詰めかけ、入りきれずに道の反対側にも人だかりができるほど。

ブラックカーペットに監督・主演を務めたブラッドリー・クーパーと、長いシルバーのドレス姿のガガが到着すると、会場のボルテージは最高潮に。声援と拍手で会場が埋め尽くされる中、ガガとブラッドリーは一人ひとりにていねいにファンサービスをした。

ブラックカーペットでのインタビューで、ガガは「今日この場にいることができて本当にうれしいわ」と映画をお披露目できる喜びをあらわにした。

また、自身の役柄であるアリーについて、「私も高校生のころ自分に自信がなくて、夢がとても大きかったから周りにいじめられたりしたことがある。そこがアリーと似ているところね。その頃の自分を思い出して演じたわ」と明かした。

監督のブラッドリーについて「『僕を信じれば大丈夫』と言ってくれたブラッドリーの存在が本当に大きかった。心から信頼している」と絶大な信頼を寄せるガガ。

同じく、監督・主演を務めたブラッドリーも、ガガのことを「生涯の友人を見つけた」「本当に素晴らしい人で、出会えて本当に良かった」と語る。

本作は、ガガとブラッドリーほかスタッフによって書き下ろされた“うた”が大きな見どころのひとつだが、「初めてガガと会ったとき、彼女の家に行って一緒に歌ったんだ」とブラッドリーは明かし、「今思うと彼女の前で歌うなんてクレイジーだけれど、なぜあんな勇気が突然出たのかというと、あまりにも彼女と一緒にいると安心できたからなんだ」と振り返り、はじめから物語の成功を感じさせる何かが彼女との間にあったと語った。

本作は、ウェイトレスをしながら歌手になることを夢見るアリー(レディー・ガガ)が、世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)と出会い、才能を見出され、一気にスターダムを駆けあがっていく物語。

自分の容姿にコンプレックスを抱えながらも、“等身大の自分”を大事にしながらショービジネスの世界に飛び込んだアリーの“苦悩”と“喜び”に満ちた人生は、歌手として不遇の時代を経てからトップの座に上り詰めたガガの人生そのものということもあり、その演技と歌に早くも注目が集まっている。

さらにメイン楽曲「Shallow」をはじめとする数々の楽曲は、ガガとブラッドリーが映画のための書き下ろし。素晴らしい楽曲の数々がストーリーを彩り、観る者の心を揺さぶる。


映画情報

『アリー/ スター誕生』
12月21日(金)全国ロードショー
監督&製作:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
全米公開:2018年10月5日
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


映画『アリー/ スター誕生』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人