ポルノグラフィティがソニーのウォークマン(R)CMに登場!「音楽がこんなに身近にあるって、若い人たちは幸せですね」

■ポルノグラフィティの迫力あるパフォーマンスが堪能できるWEBムービーも公開!

ポルノグラフィティが登場する、音質を徹底的に追求したハイレゾ対応「ウォークマン(R) NW-A50シリーズ」のプロモーションがスタートした。

特設サイトでは、WEBムービーやメイキング映像、インタビュー映像などを公開。また、全国の家電店(※1)、ソニーショールーム/ソニーストア(※2)のウォークマン(R)コーナーで展開。「Hi-Res Tasting Spot」では、テーマ曲「Zombies are standing out」を先行試聴できる。

※1: 一部の家電店では実施していない場合があります。
※2: ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座 ・ソニーストア札幌・ 名古屋・大阪・福岡天神

■ポルノグラフィティの迫力あるパフォーマンスが堪能できるWEBムービー公開!
プロモーションの一環として、WEBムービーを公開。本ムービーは、カフェで過ごしている女性がウォークマン(R)の再生ボタンを押すシーンから始まる。ポルノグラフィティの楽曲「Zombies are standing out」が鳴り出すと同時に女性はライブの世界に引き込まれてしまう。ポルノグラフィティの迫力あるパフォーマンスに、女性が踊り出す躍動感のあるムービーに仕上がった。

ミュージックビデオ「Zombies are standing out」では、モデルの立花恵理もゾンビメイクに挑戦。ハロウィンを連想させるような、ゾンビをテーマにした世界観に注目だ。

■WEBムービーメイキングレポート
本WEBムービーはミュージックビデオと連携して撮影を実施。船の中にセッティングしたステージはピンクやブルーの照明に照らされ、ポルノグラフィティならではの骨太なサウンド、ゾンビをテーマにした世界観を演出するため、バンドメンバーや女性ダンサーもゾンビメイクを施し撮影に臨んだ。

ライブの世界に引き込まれた女性を演じた、モデルの立花恵理は「ポルノグラフィティさんは、小学校のときからずっと聴いてたので、今回の撮影に参加できてとてもうれしいです」とコメント。

ポルノグラフィティのふたりは、「船の中で4時間以上、撮影ができるギリギリの時間まで様々なカットにこだわって撮影したので、完成がとても楽しみです」と撮影の感想を語った。

■ファン必聴のレア音源が先行試聴できる「Hi-Res Tasting Spot」
全国家電店やソニーショールーム/ソニーストアなどのウォークマン(R)のコーナーで展開される「Hi-Res Tasting Spot」では、ポルノグラフィティの「Zombies are standing out」が先行試聴可能。音楽世界をたっぷりと堪能できる。

開催期間:10/06(土)〜順次展開
開催場所:全国の『Hi-Res Tasting Spot』を設置している家電店のウォークマン(R)コーナー、ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア札幌・ 名古屋・大阪・福岡天神
試聴楽曲:「Zombies are standing out」ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティ コメント
岡野昭仁:初めてウォークマン(R)を手にしたのは25〜26年前で、その時はどこに行っても音楽が聴けるんだという優越感に浸っていましたが、今音楽がこんなに身近にあるって、若い人たちは幸せですね。しかもいい音で聴けるのが、また素晴らしいですよね。
新藤晴一:ハイレゾの音質は“音像”が違うなぁと思いました。情報量としてもアナログに近いし、音楽専用機だからめっちゃこだわって作っている。すごくいい。
岡野昭仁:MP3でもハイレゾ相当の音質で楽しめるアップスケーリング機能は、帯域が足りないなと思ったら音を補完してくれるので音がリッチになった感じがしますね。
新藤晴一:Bluetooth(R)レシーバー機能で聴いてみると、(一般的には)低音域だけとか、高音域だけとか派手な方にイコライジングしていく傾向があると思うんですけど、これは非常に音楽的な補正、アップコンバートだと思いました。店頭試聴では、この良い音質をウォークマン(R)NW-A50で体感してもらえたらうれしいです!


リリース情報

2018.07.25 ON SALE
SINGLE「ブレス」


Zombies are standing out/ポルノグラフィティ 特設サイト
https://www.sony.jp/headphone/lovemusic/pornograffitti/

ポルノグラフィティ OFFICIAL WEBSITE
http://www.pornograffitti.jp/index.php


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人