RISING SUNで珍事連発(!?)フテネコ作者の芦沢ムネトが今いちばん“アツい会場”で全力で楽しむライブ紀行【AshizawaExperience】

『フテネコ』の著者であり、お笑い集団パップコーンの一員でもある芦沢ムネトが各地の“アツい会場”へおもむき、現地の臨場感を届けながら、まずはいちばん自身がいちライブの観客として楽しむ(←これ大事)、ライブ紀行番組がiBEYAにてスタート。M-ON! MUSICでは、同番組と連動したイラストレポートを実施。

【AshizawaExperience】
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO
2018.08.10~11@北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

大橋トリオ

大橋トリオさんのライブがちょうど始まったところを描いたんですけど、自然の中のステージということで外の風と大橋トリオさんの音楽がめちゃくちゃ気持ちよかったので、その気持ちよさそうな感じが伝わる絵を描きました。

で、MCになると、サポートメンバーのギターの方ですかね。話をふるんですけど「ハイハイ、ちょっと何言ってるかわかんないです」って笑顔のまま、すげーさらっと冷たいことを言ってて(笑)。メンバーとの距離の近さも見えましたし、「大橋さん、そんな感じで切り込んでいくタイプだったんだ!」となかなか面白かったです。

そして、基本皆さん服がゆったりしてたっていう(笑)。なんでしょうかね、皆さんの服装がすごくゆったりしているのを見て、ああいうゆったりしている人たちがゆったりした音楽やるとカッコ良いなって改めて思いました。服装ひとつとってもそういう雰囲気っていうんですかね、出るんだなと。

 

かねあいよよか

よよかちゃん(ds、vo、key)っていう8歳の天才ドラマーがいて、その子を中心に家族でバンドをやっている方々がいて。お母さん(りえ/vo、g)、お父さん(あきふみ/b、g、key、vo)、サブメンバーで弟のしどうくん(エアギター、踊り、ds)。そこに特別ゲストでKenKenと(奥田)民生さんが急遽参加するっていう。

RED STAR FIELDの奥にある、RED STAR CAFEで演奏してたんですけど、6畳ぐらいしかないような場所でこの豪華メンツ(笑)! よよかちゃんが作った「ハッピー」っていう曲をみんなが一生懸命弾いているのが素敵だったので、僕から観た、真横の“かねあいよよか”を書きました。

 

山下達郎

あと、この方は外せないでしょう、やまたつさんです。山下達郎さんは本当に最高すぎましたね。ライブを重んじている方だと思うので、なかなか映像で拝見できることもないじゃないですか。これは描くしかないなと思ったんですけど、結局見入ってしまって……(笑)。慌てて歌っているところを描きました。

斜めにブルーのラインが入ったシャツを着ていて、シンプルだけどおしゃれでした。歌う瞬間にぐっと眉間にシワが寄ります(笑)。きっと皆さんが“山下達郎はこういう声だろう”と想像したとおりの歌声で、あのライブを観た人は「プロフェッショナルってこれだな」って僕もそうですけど、痛感してたんじゃないですかね。どう説明すればいいのか、難しいんですけど、感嘆の“はぁー”って声が漏れるぐらいすごいライブでした。

あと、夢中になって絵は描けなかったんですけど、竹内まりやがあんなにさらっといるもんかねって(笑)。コーラスとして、最終的にステージに登場されてたんですけど、あんな感じでさらっといるんだ~と。あの方だけでも埋まるだろうにって。その豪華さもすごくて、大感激でした。

「硝子の少年」(KinKi Kidsに提供した楽曲)やって、「ハイティーン・ブギ」(近藤真彦に提供した楽曲)も山下達郎だったんだ! って驚かされました。その瞬間をとらえた表情です。僕が言えることは……「最高でした、ありがとうございました!」

イラスト & TEXT BY 芦沢ムネト
※テキストまとめ:M-ON! MUSIC 編集部 


番組情報

AshizawaExperience
10/02(火)05:00/11:15/17:15/23:00
10/03(水)11:45/18:45
10/04(木)00:15/13:15/21:15
10/05(金)03:15/13:45/21:45
10/06(土)04:15/19:00
10/07(日)01:15/04:30/22:30
10/08(月)05:00/11:45/17:45
詳細はこちら

dTVチャンネルに新規登録して視聴する。
https://dch.dmkt-sp.jp/

※dTVチャンネル(TM)内『iBEYA』にて配信中。
※見逃し配信対応コンテンツ。
※「dTVチャンネル」は株式会社NTTドコモの商標です。
(C)2018 M-ON! Entertainment Inc.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 芦沢ムネト

    芦沢ムネト

    アシザワムネト/1979年東京生まれ。多摩美術大学映像演劇科卒。お笑いユニット「パップコーン」のリーダーとして活躍する傍ら2011年末よりTwitterで掲載した癒し系キャラクター「フテネコ」が話題を呼び、現在Twitterのフォロワー数は13万を超える。音楽雑誌「ワッツイン」では、対談連載「芦沢ムネトのネコの手も借りたい!」を掲載中。