自分の仲間以外の世の中が大嫌いだった男が、主催音楽フェスを成功させるまで【舞台の袖から】

ステージの“袖”で活躍する人々のドキュメンタリー『舞台の袖から』。第2弾は、『MUROFES』主催者・室 清登。「将来については何の希望も持っていなかった」という室の、人気フェス主催に至るまでの経緯に密着した。

2018.09.19

この記事の画像一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

この記事に関するキーワード