クリープハイプ×スーパーカブ。“種子島”の高校生たちに思いを馳せ書き下ろされた、心揺さぶる新曲&MVが完成

■感謝と応援の気持ちを込めて。Hondaとクリープハイプのコラボが実現!

本田技研工業株式会社が、スーパーカブで通学する種子島の高校生へ感謝を伝えるため、クリープハイプとコラボレーションしたミュージックビデオ「ゆっくり行こう」を9月14日より公開した。

このミュージックビデオは、HondaのYouTubeオフィシャルアカウントにて公開。また「Me and Honda」のwebサイトでは、特設ページが公開されている。

スーパーカブは今年で誕生60周年。2018年は、世界中に存在するHondaで人生を楽しむ人たちを紹介するドキュメントコンテンツ『Me and Honda』の一環として、スーパーカブを愛用している人々に日頃の感謝を伝える活動を行っている。

第3弾である今回は、スーパーカブで通学する種子島の高校生へ向けて。電車もなく、バスも少ないこの島では、多くの高校生がスーパーカブで通学している。

そんな、大切な青春時代をカブとともに過ごしてくれた人たちに、特別な感謝の気持ちを贈りたい――。そんなHondaの想いに賛同し、コラボレーションしたのが、その歌詞と世界観で若者から絶大な支持を集めるクリープハイプ。そして、種子島の高校生のために特別に書き下ろした楽曲「ゆっくり行こう」が完成、さらに種子島のカブライダーに向け、感謝と応援の気持ちを込めたミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオの舞台は、東京の小さなアパートと、大自然に囲まれた種子島の高校。新聞配達にやってきたカブのエンジン音が耳に届くところから、音楽が始まる。種子島の高校生たちに思いを馳せながら綴られた歌詞にも注目だ。

■ミュージックビデオ撮影秘話
今回のミュージックビデオは、種子島と東京、遠く離れたふたつの場所で撮影を実施。上京してきた青年が、不意にカブの音を耳にして、故郷・種子島に想いを馳せる――。そんな場面をイメージして描かれている。

尾崎世界観出演シーンの撮影は、マンションのベランダを使用して、深夜から早朝にかけて実施。当日は、美しい朝焼けが印象的で、遠く離れた種子島を思い起こさせるかのよう。ニューアルバム制作のスタジオから撮影現場に直行した尾崎は、早朝とはいえ真夏の暑い時期でスタッフが汗だくになる中でも、普段どおりの涼しい顔で演奏。衣装は尾崎の私服を使用しており、尾崎らしいリアルな朝の様子を再現している。

今回のミュージックビデオを手がけた柘植監督には尾崎も信頼を置いていたそうで、出来上がった映像にも大満足の様子だった。

ミュージックビデオの冒頭では、新聞配達カブのエンジン音が使われている。そのエンジン音を収録するためにカブを用意していたが、 撮影時間帯が早朝だったため、本物の新聞配達カブも走行しているのを発見 。スタッフ一同笑顔になった。

種子島のシーンは、実際にカブで通学している高校生たちの、リアルな高校生活を追いかけるドキュメンタリー。

撮影は3日間にわたり実施。学校内に撮影隊が入ってきて最初は恥ずかしがっていた生徒だったが、3日間かけてすっかり打ち解けることができた。撮影日はちょうど運動会直前の時期に重なっており、放課後になると生徒たちは応援の練習や準備に勤しんでいた。そのためか、放課後の取材に誰も集まらないというハプニングもあり、翌日教室で待ち構えて、なんとか取材をすることができた。

通学シーンの撮影に協力してくれた生徒は当時1年生。撮影に恥ずかしそうにしながらも、憧れのカブ通学に、時折うれしそうな様子も見せた。下校シーンの撮影時には、種子島の海岸に落ちる美しい夕日にスタッフ一同見とれていた。

■「ゆっくり行こう」作詞/作曲:尾崎世界観

意味ならないけどだからなに
うるせーよ 黙ってろ もういいよ
茶色く染まった君の髪
でも 同じ声 同じ顔 同じ君

そんなに焦るなよ ゆっくり行こう

いつか

くだらない妬みや 変わらない痛みに
傷ついて気づく日も
この先いつだって 君の味方だよ
だからなに うるせーよ     どうせ明日には元通り
真っ黒に なるくせに いきがるな
だから今日だけは
いつもより悪そうに 怒っても 怖くない

そんなに簡単に 変わらないよ

居場所がなくなって 自分だけがいつも
ひとりだと思う日も
なんだ偶然だな ほら一緒だよ
だからなに うるせーよ

■クリープハイプ コメント
東京と種子島。
楽曲制作をしていくなかで、遠い距離を身近に感じる瞬間もありました。
映像で鳴っている、静かに強いカブの音が印象的でした。
今回、こうして関わることが出来て嬉しかったです。

■監督・柘植泰人 コメント
昨年の夏に訪れた種子島は、透き通った碧い海と、種子島高校の生徒たちの笑顔が印象的でした。
スーパーカブで通学する彼らの、キラキラした日々の断片を集めて尾崎さんに渡したら、こんなに素敵な楽曲を作ってくれました。
彼らは近い将来、この日々を卒業して、たくさん傷ついたり、何かをすり減らしながらも懸命に生きていくんだと思います。
「ゆっくり行こう」はそんな彼らに贈るメッセージのようで、その歌詞から尾崎さんの優しさを感じました。


リリース情報

2018.09.26 ON SALE
クリープハイプ
ALBUM『泣きたくなるほど嬉しい日々に』


特設サイト
https://www.honda.co.jp/pod/tanegashima_creephyp/

『Me and Honda』OFFICIAL WEBSITE
https://www.honda.co.jp/pod/

“スーパーカブ”60周年記念サイト
https://www.honda.co.jp/supercub-anniv/

クリープハイプ OFFICIAL WEBSITE
http://www.creephyp.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人