“私はミスはしない”。知英が、運命に翻弄される殺し屋を演じる日米合作映画『殺る女』ポスタービジュアル解禁

■知英演じる殺し屋・愛子の、ターゲットを絞った強い眼差しが印象的なポスター!

JYとして音楽活動も行う知英の新作主演映画『殺る女』のポスタービジュアルが解禁された。

日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×ミャンマー×デンマーク、世界のトップスターが豪華競演する映画『殺る女』が、10月27日よりシネ・リーブル池袋ほかにて全国公開となる。

「世界」をターゲットにした本作の主演には、竹中直人とのW主演でコミカルな演技が話題となった映画『レオン』、ドラマ『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜』(東海テレビ・フジテレビ系)での1人7役、そして主演映画『私の人生なのに』では新体操や車椅子やギター演奏を披露するなど、様々な役柄に挑戦し、名実ともに“カメレオン女優”の評価を得ている知英。運命に翻弄される殺し屋・愛子を演じている。

孤児院育ちで組織の鍵を握っている女・加賀由乃には、頭突きで瓦割りをするCMで話題となり、ドラマ『ワカコ酒』や映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』など数々の主演を飾り、アクション女優として国際的に活躍している武田梨奈。

由乃の兄で元暴力団員・加賀俊介には、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞し、数々の出演作で急成長を遂げている駿河太郎。

さらに、2016年度日本アカデミー新人賞の篠原篤、元K−1王者のニコラス・ペタス、セリーヌ・ディオンとの共演やオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリース、黒田アーサー、サヘル・ローズなど才能豊かなキャストが脇を固める。

監督は、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている『Japan Film Festival LA 2015』において『夢二 愛のとばしり』が最優秀作品賞を受賞し、世界的評価を得ている宮野ケイジ。シャリースが歌う主題歌「OUT THE WINDOW」が、哀しく交錯していく運命に光を当てる。

また、『殺る女』は『プチョン国際ファンタスティック映画祭2018』のWorld Fantastic Red部門に正式出品され、韓国での世界最速上映で多くの観客を魅了している。

本日公開されたポスタービジュアルは、殺し屋・愛子のターゲットを絞った強い眼差し、組織の鍵を握る女・加賀由乃の思惑が見え隠れする視線、そして元暴力団員で由乃の兄・加賀俊介の伏し目がちな表情と、三者三様の想いが現れており、基調にしているブルーカラーがインパクトを与えている。


映画情報

『殺る女』
10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開
監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二 愛のとばしり』)
出演:知英 武田梨奈 / シャリース ニコラス・ペタス 駿河太郎 ほか
(C)2018「殺る女」製作委員会


『殺る女』作品サイト
http://yaruonna.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人