初音ミク、『東京150年祭』で明治・大正・昭和・平成のファッションとともに“150年分の流行歌”を歌唱

■『東京150年祭』は、江戸から東京への改称、東京府開設から150年の節目であることを記念した事業『Old meets New 東京150年』のメインイベント!

人気のバーチャルシンガー、初音ミクが、東京都が主催する『東京150年祭』に出演することが発表された。

10月26日~28日に浜離宮恩賜庭園で行われる『東京150年祭』は、江戸から東京への改称、東京府開設から150年の節目であることを記念した事業『Old meets New 東京150年』のメインイベント。「伝統と革新」をテーマに、東京の魅力を様々な展示で発信する催しのメインプログラムとして、初音ミクが起用された。

『刻を遊ぶ時空の旅~初音ミク Links Tokyo 150~』と題された本プログラムは、庭園内の潮入の池に、幅30m高さ15mのウォータースクリーンを設置し、初音ミクを投影。さらに、中島の茶屋や背後の木々にも、プロジェクションマッピングを投影し、これまでにない空間を創出しながら、初音ミクが、明治、大正、昭和、平成のファッションとともにこれまで150年の間に生まれた流行歌を歌唱する。

音楽監督は、日本を代表するジャズ・ピアニスト/作曲家の佐藤允彦。初音ミクの歌をジャジーなアレンジで昇華させる予定だ。本日、本プログラムのメインビジュアルとトレーラーが公開された。

なお、佐藤允彦と初音ミクのコラボレーションは継続的に行われており、11月11日には『かわさきジャズ2018』のメインイベントのひとつとして、カルッツかわさきにてフルライブも予定されている。

(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
illustration by Rella


イベント情報

『Old meets New 東京150年』事業メインイベント『東京150年祭』
10/26(金)~10/28(日) 東京・浜離宮恩賜庭園

かわさきジャズ2018  Jazz, Anime & Internet Songs vol.1
佐藤允彦JAZZ BAND & VOCAL ENSEMBLE feat.初音ミク&巡音ルカ
11/11(日) 神奈川・カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホール


『東京150年祭』イベントサイト
https://www.tokyo-150.jp/

『かわさきジャズ2018』イベントサイト
https://www.kawasakijazz.jp/

日本コロムビア 初音ミク OFFICIAL WEBSITE
http://columbia.jp/hatsunemiku/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人