松崎しげる×Chage=“Chage&Matsu”が「YAH YAH YAH」を熱唱する場面も!『黒フェス』今年も大盛況

■4年連続出演のももクロ、松崎しげるへ感謝のメッセージ。「松崎さんがいなかったら今の私たちはない」

毎年、9月6日の“松崎しげるの日”に行われる松崎しげる主催の音楽フェス『黒フェス2018 〜白黒歌合戦 〜』が、東京・豊洲PITで開催された。

同イベントは、松崎と親交の深いアーティストが一堂に会し、夏の終わりに大騒ぎする音楽フェス。2015年から毎年開催されており、今年で4回目。今回も、松崎を筆頭に、ももいろクローバーZ、杏里、Chage、BiSH、天童よしみ、打首獄門同好会、Fischer’sといった世代、ジャンルを超えた彩り豊かな面々が集結し、会場を盛り上げた。

イベントでは、司会進行を務めるやまだひさしと守永真彩から「キング・オブ・ブラック」と紹介された松崎が登場すると、会場のボルテージは急上昇。松崎は「スタンディングの皆さんも、座っているシルバーシートの皆さんも(笑)、『黒フェス しげる祭』始まります!」と茶目っ気いっぱいに開会宣言を行った。

トップバッターの打首獄門同好会は「日本のお米は世界一」など全4曲を披露。力強いメロディと個性的な歌詞で、来場者のテンションをアゲアゲに。そんな中、「『黒フェス 〜白黒歌合戦〜』へようこそ! 我々、ステージに立った今でも白組なのか黒組なのかはわかっていない。(松崎)しげるさん以外みんな白組なんじゃないかという…」と挨拶し、笑いを誘った。

パフォーマンス後、ボーカルの大澤敦史は「10年以上前、結成1年目でテレビ番組に出たときに、松崎さんが審査員として出演されていて、その時に合格点をいただきました」と松崎との縁を明かし、「10年を経て松崎さん主催のフェスに出られるなんて……。(音楽活動を)続けてみるものですね」と感慨深げに語った。

続いてBiSHが登場。全員黒い衣装で登場したBiSHは「PAiNT iT BLACK」のほか3曲をパフォーマンス。激しいダンスを全力で踊り、観客たちを魅了していた。

3番手はFischer’s。「未完成人」など全2曲を熱唱。メンバーは会場の熱気に「めっちゃ、あたたけぇ〜」と感激しながらも、「圧、すげぇ! 2歩くらい下がっちゃった(笑)」と苦笑。さらに、「呼んでくださった松崎さんに」と楽屋に向かって一礼するひと幕も。ライブ後、メンバーは松崎とのエピソードについて「楽屋に来ていただいて『今日は楽しもう!』って言ってくださったときに、(興奮してしまって)『うおぉ!』ってなりました(笑)」と興奮冷めやらぬ様子で明かした。

天童よしみは、「やっと大好きな松崎さんの『黒フェス』に出させていただくことができました」とにっこり。また、「今日、北海道では大変なことが起こりましたが、『頑張れ、北海道!』という気持ちで歌わせていただきます」とコメントし、「やっぱ好きやねん」のほか2曲を熱唱した。

杏里は誰もが知る人気曲「CAT’S EYE」を披露したあと、「40年前に松崎さんと同じプロダクションに所属しておりまして、この『黒フェス』には4年前からお誘いいただいていたのですが、今日やっと来ることができました」と裏話を明かした。

色とりどりのサイリウムが光る中、登場したのは第1回から連続出演のももいろクローバーZ。メンバーは「私たちは、なんと4年連続でこの『黒フェス』に出演させていただいていて……しげる、ありがとー!!」とコメントして会場を沸かせた。

さらに、「松崎さんにはいつもお世話になっていて、松崎さんがいなかったら今の私たちはないっていうくらい。こういうときにしか恩返しできないから、しっかりと盛り上げていきたいと思います!」と意気込み、「サラバ、愛しき悲しみたちよ」など全4曲をパフォーマンスした。

パフォーマンス後、メンバーは「楽しかった〜! まだ呼ばれてないですけど、来年も来る気満々です」と感想を。また、松崎について「いつも優しくてパワフル。もう身内みたいな感じで、今年の私たちのカウントダウンライブに来てくれることが決まっているんです!」と笑顔で語った。

Chageは“Chage&Matsu”として松崎と共に「YAH YAH YAH」を熱唱。ふたりの歌声に合わせ、会場の全員 が拳を突き上げて大合唱していた。その後、Chageは「松崎先輩がこの曲をカバーしてくださいまして、いつかご一緒したいと思っていて、やっとかないました」とコメント。さらに、「実は、松崎先輩がカバーしているのは原曲から一音高いんですよ。この曲の音を下げるのは聞いたことありますけど、上げるっていうのは……すごいです」と松崎の歌唱力の高さに舌を巻いていた。

トリを務める松崎は、代名詞の「愛のメモリー」を持ち前のパワフルな歌声で熱唱。そして、「関西のほうも北海道も大変。“ここから元気を届けたい”という気持ちがあります。みんなと一緒になってこの曲を送りたいと 思います」と語り、9月5日に発売となった7年ぶりのアルバム『たいせつなもの〜Goodies〜』の表題曲「たいせつなもの」をファンの前で初披露。曲中には、ももいろクローバーZもステージに現れ、サプライズコラボで来場客を楽しませた。同曲の超ゴキゲンなサンバ調のリズムに来場者もノリノリで、フェスの締めくくりにふさわしいこの日いちばんの盛り上がりをみせた。

最後に、松崎は出演アーティストに敬意を表しながら、来場客に「ありがとう! 来年もやるぞー!!」と宣言して幕を閉じた。


リリース情報

2018.09.05 ON SALE
松崎しげる
ALBUM『たいせつなもの〜Goodies〜』


『黒フェス2018〜白黒歌合戦〜』OFFICIAL WEBSITE
http://kurofes.net


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人