「イ・ジュノ!」「イ・ジュノ!」JUNHO(From 2PM)、観客からの心のこもったサプライズに思わず涙

2018.09.06

■「歌手になれて、2PMになれて、そしてこうやって皆さんの前で歌って踊れて、本当にうれしいです。」(JUNHO)

2PMのメンバーであるJUNHO(From 2PM)が、ミニアルバム『想像』(7月11日リリース)を引っ提げて、全国ツアー『JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2018 “FLASHLIGHT”』を開催。そのツアーファイナル公演が、9月5日、大阪城ホールにて開催された。

2013年の夏にソロ活動をスタートし、今年まで6回連続で「夏」に全国ツアーが行われてきたが、今回でいったん最後の全国ツアーとなった。

『想像』が自身初となるオリコン週間アルバムランキング第1位(7月23日付)、Billboard JAPAN Top Albums Sales第1位(7月9日~7月15日集計)を獲得。実績にも後押しされ、自信に満ちたパフォーマンスで各会場を大いに沸かせてきたジュノだが、台風21号の影響により、9月4日に予定していた大阪城ホール公演は中止となった。その悔しさをエネルギーに変えるかのように、ツアー最終日の大阪城ホールは彼の魅力がほとばしる、まさに集大成と言える圧巻のライブとなった。

巨大なセットと最新鋭の照明機材を背に、序盤から代表曲「SO GOOD」「Candy」「ICE CREAM」と畳みかけ、会場を即座にジュノ色へ染めていく。ヒートアップした観客からの声援をうれしそうに噛み締めながら、ミニアルバム『想像』より新曲「Darling」「What you want」を大阪城ホールのみ特別に設けられたセンターステージで披露。続けて、Rock ver.の「キミの声」や「SAY YES」などの人気曲を届け、新旧織り交ぜたバリエーション豊かな内容でフロアを魅了した。

MCでは「昨日、台風で大きな被害があったと思いますが、皆さんは大丈夫ですか?」と来場者を気づかう場面も。また公演を中止した9月4日当日に、ツアー最終日をより良いものにするため、実は大阪城ホールでリハーサルをしていたというエピソードも明かした。

コンサート中盤では、映像を挟み会場が闇に包まれたあと、目隠しされ鎖に繋がれたジュノが登場。縦横無尽に走る照明やダンサーのパフォーマンス演出に囲まれながら、「Pressure」「想像」でアーティスティックかつ艶やかな「まだ、誰も見たことのないジュノ」を見事に体現した。ツアータイトルにもなっている「FLASHLIGHT」では、斬新な構成のトラックと眩い閃光がシンクロし、未知の領域へと誘う。その後も昨年初めて冬にリリースした「Winter Sleep」をはじめとしたシングル曲、ダンスで魅せる「WOW」「HYPER」などベストセレクション的セットリストで、フロアに息つく暇も与えぬままライブ本編が終了。

まだまだ今年の“夏”を終わらせたくない観客が、ジュノの愛称である「イ・ジュノ!」を連呼、アンコールの声で揺れる場内。

会場の熱気に背中を押され登場したジュノに、観客からのサプライズが行われた。大阪城ホールの観客全員が、ジュノのメンバーカラーである黄色の風船とペンライトで会場を埋め尽くしジュノを待ちわびていたのである。思わず涙ぐむジュノは「歌手になれて、2PMになれて、そしてこうやって皆さんの前で歌って、踊れて、本当にうれしいです。サプライズ、ありがとうございます」と感謝の想いを伝えた。3時間30分を超えた今年のツアーファイナル公演は、ファンにとってはもちろん、ジュノ本人にとっても、最後にして最高の“夏”の想い出となるフィナーレで幕を閉じた。

この『JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2018 “FLASHLIGHT”』大阪城ホールでのツアーファイナル公演の模様は、CSテレ朝チャンネル1にて11月に放送される。

PHOTO BY 立脇卓・川嶋謙吾(田中聖太郎写真事務所)


リリース情報

2018.07.11 ON SALE
MINI ALBUM『想像』


JUNHO (From 2PM) OFFICIAL WEBSITE
http://www.2pmjapan.com/junho/DSMN/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人