関ジャニ∞・横山裕&丸山隆平&大倉忠義、楽天本社“楽天クリムゾンハウス”に潜入!「こんな会社で働きたい」

■関ジャニ∞・横山裕&丸山隆平&大倉忠義が、様々な“グッとくる”働き方改革を実践するカンパニーを紹介!

9月17日9時55分から、TBS系列全国28局ネットで『関ジャニ∞の グッとくる!カンパニー ~こんな会社で働きたい!~』が放送される。

昨今、叫ばれる「働き方改革」、企業は様々な働き方への取り組みを実施しつつある。すでに面白い取り組みを始めているグッとくるカンパニー、社員に優しい働き方を実践し、業績アップを達成した企業がある。

番組では、プレミアムフライデー ナビゲーターを務める関ジャニ∞のメンバー、横山裕、丸山隆平、大倉忠義の3人が、最新の“働き方改革”を実践している企業を紹介。そこには、これからのニッポンに必要な働き方の取り組みがあった。

横山、丸山、大倉の3人がやってきたのは、インターネットショッピングサイト「楽天市場」など、各種事業を手がける「楽天」。売上高約9444億円を誇る楽天が、2015年9月に移転した社屋は、その名も「楽天クリムゾンハウス」。本社を移転してまで実現したかった大改革、彼らも驚いた、その取り組みの数々とは……?

社内には、働くパパママを支援する施設から、健康や美容のための施設まで完備。また朝食・昼食・夕食を利用できる社員食堂はベジタリアンなど多様な食の志向に考慮したメニューが揃い、焼き立てのパンも提供。その利用のしやすさから、社員同士のコミュニケーションの場にもなっている。

さらに効率的な勤務時間、休日取得、残業など、従業員それぞれに働き方がゆだねられていて、休憩時間は自由。残業代はすべて出る。仕事へのモチベーションもアップ!?

番組では、そのほかにも様々な“グッとくる” 働き方改革を実践しているカンパニーを紹介する。

社員17000人が働く「ソフトバンク」東京本社。今導入している気になる働き方とは? ちょっと変わった休暇 “その理由で会社を休めるの?”というくらい様々な休暇制度を導入している。休みで得た経験で仕事のモチベーションが上がり、業績もアップできる。

会議室はテントの中、焚き火を囲んでミーティング、テントで寝泊まりもできるのは、アウトドア用品製造販売企業「スノーピーク」。新潟県三条市にある約5万坪のキャンプ場に本社を構えた狙いとは何か? 会議の環境が変わると柔軟な発想が生まれる。オフィスの目の前で自社の道具を使ってキャンプをしている顧客に触れることで、今まで以上にユーザーに寄り添った商品開発が可能になったという。

仕事をしながらキレイになれる! そんな女性に優しい働き方を実践するのは、社員の約8割が女性の企業「マッシュHD」。「ジェラートピケ」「スナイデル」でお馴染みのアパレルブランドだ。社内には保育所、オーガニックカフェをはじめ、女性にうれしい施設を併設。お客様に幸せを届けるためには、社員一人ひとりが健康で笑顔でいられることが大切。ある時間になると社内を謎のドローンが飛び回るという会社。この会社が開発した世界初の試み、その驚きの理由とは?

最後に、知らないと働き損! ここまで進化していたプレミアムフライデー。3時に退社して絶景ビール列車で乾杯! 3時に退社して魅惑たっぷりな夜の動物園へ。プレミアムフライデーナビゲーター、関ジャニ∞の3人が独自のプランを提案する。

■大倉忠義 コメント
働き方を変えていかないといけない時代になっているんだと思いました。働きやすい環境を会社が提供することで、仕事の効率アップにも繋がり、出来た時間で人生が豊かになることにも繋がると思います。

■丸山隆平 コメント
今日お邪魔した楽天は、とにかく広くて、窓が大きく、オフィスも明るくて、その上設備も充実していて、とにかく社員のことを考えている会社だなというのが印象的でした。

■横山裕 コメント
社員のためにものすごく費用をかけているけれど、そのぶん社員の皆さんが大きな利益を生み出すという相乗効果が生まれているなと思いました。働き方改革が進んでいる会社は、それで大きくなっているんだなと感じます。社食のヒミツや驚きの施設も出てきますのでぜひご覧ください。

■山崎ケイ(相席スタート) コメント
この番組を女性がご覧いただくと、自分の会社が嫌になっちゃうかもしれないですね(笑)。画面の端々に多国籍の様々なタイプのイケメンが映り込んでいますので、そこも注目してみてください!
※「山崎ケイ」の「崎」は、たつさきが正式表記。


番組情報

TBS『関ジャニ∞の グッとくる!カンパニー ~こんな会社で働きたい!~』
09/17(月・祝)09:55~10:50
放送局:TBS系列28局全国ネット
出演:横山裕・丸山隆平・大倉忠義
山崎ケイ(相席スタート)・森永卓郎(経済アナリスト)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人