バスケ×青春×恋。土屋太鳳、北村匠海、小関裕太ら出演、映画『春待つ僕ら』ティザーポスター解禁

■土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友ら豪華キャストによる、感動の青春映画が誕生!

土屋太鳳、北村匠海、小関裕太……というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作 『ROOKIES』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓を食べたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ映画『春待つ僕ら』が、12月14日に公開となる。

そしてこのたび、胸アツ必至のティザーポスターが完成した。

ずっと周囲に溶け込めず、ひとりぼっちだった美月(土屋太鳳)は高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すが、何をやっても空回り。落ち込む美月のバイト先に、校内の人気者、男子バスケ部の四天王が突然やって来て、振り回され始める美月の日常。一見チャラいが実はバスケに真剣で、 仲間想いな4人の素顔を知っていくうちに、次第に美月は彼らに心を許していく。

今回到着したビジュアルは、大事な試合に挑む四天王と、4人を力強く応援する美月が描かれたもの。幼少時代に傷ついていた四天王のひとり・永久(とわ/北村匠海)は、バスケを始め、恭介(磯村勇斗)や竜二(杉野遥亮)、瑠衣(稲葉友)と出会い、大切なもの=バスケを見つけ、弱かった自分を克服した。

そんな永久は、弱い自分を変えたいともがく美月にかつての自分を投影し「“大事なもの”が見つかれば、 強くなれる」と励ます。「大事なものなんて、見つからないと思ってた。」というキャッチコピーが示すように美月は、ある挑戦を決意し、強い自分になるために一歩踏み出す。4人もそんな美月を優しい眼差しで見つめており、真っ直ぐに生きる5人の胸が熱くなる展開を予感させる。

自らを変えようと意気込んだ新生活。バスケ部男子4人との出会いで、美月が見つけた大切なものとは? そして、そんな一歩を踏み出す美月と四天王はどのように関係していくのか? バスケ、 友情、そして恋。この冬、誰もが胸を熱くする青春映画が誕生する。


映画情報

『春待つ僕ら』
12月14日(金)全国ロードショー
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉友 泉里香 佐生雪 緒川たまき
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会


映画『春待つ僕ら』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人