BiS、47都道府県ツアーで新体制BiS1st/2ndを初お披露目で研究員に約束「BiSで世界中を幸せにします!」

2018.09.04

■BiS1st/BiS2nd、新体制のお披露目ツアー開幕!

BiS.LEAGUE結果発表を経て、新体制となったBiS1st/BiS2ndが新体制のお披露目となる47都道府県ツアー『I don’t know what will happen TOUR』の岡山公演を9月2日にYEBISU YA PROにて開催した。

まず、BiS1stより2ndに移行したネル・ネールが加わったBiS2ndのライブが始まる。新体制お披露目のライブには大勢の研究員が集合し、会場の熱気はスタートとともに最高潮にする。

新曲「アゲンストザペイン」の衣装を纏い、4月からのツアーとは異なる新セットリストでライブは進行していく。

ライブの序盤より、「Don’t miss it!!」「primal.」「パプリカ」と新旧キラーチューンで熱いパフォーマンスを見せる中で、BiS1stより移行したネル・ネールは、BiSの象徴であるBiS1stのマインドを2ndに注入するかのような熱の籠ったパフォーマンスを見せつつも、早くも2ndにも融合する姿を見せ、フロアを盛り上げる。

途中のMCでは、岡山出身のネルが「ただーいま」とお茶目に挨拶を見せるも「凱旋とは、ことを成した人が戻ってきたときに言うので、それまではワールドチェンジャーとして全国をぶち壊してきます!」と世界を変えるという固い意思を感じさせ、2ndのあらたな可能性を示した。

その後も、会場のボルテージは常に上がり続け、終始、大熱狂のライブを展開していく。

本編終了後には、“ネル・ネール”コールが巻き起こり、BiS2ndが再登場するとBiS2ndキャプテンに就任したムロパナコは「私は何も不安はありません。メンバーを信用しているので。みなさんも信用して私たちに付いてきてください。私たちがBiS2ndです。よろしくお願いします!」とMCをし、アンコールの「BiSBiS」を披露し、大熱狂のライブは終了した。

続いて、2ndより移行したアヤ・エイトプリンスが加わったBiS1stのライブがスタート。ライブスタートから、“BiSがエンターテイメントの第一線に立つ”という強い意思を感じさせる、鬼気迫るパフォーマンスで会場を飲み込んでいく。

「パプリカ」では、楽曲中、永遠とスクワットをする全身全霊のフルパフォーマンスで、メンバーがステージに倒れ込むと、1stキャプテン/ゴ・ジーラがメンバーを支え、起き上がらせるという現在の1stを象徴するかのような場面も見られた。

その後も、会場内のすべての人が、彼女たちの確かな想いに触れ、感情の坩堝と化した空間が広がり、エモいエンターテイメントショーが終演まで繰り広げられた。

パン・ルナリーフィは、「私たち4人がBiS1stです。私たちの夢は、ここにい人、そして、世界中の人を幸せにすることです。世界中の人をBiSで幸せにします!」と宣言し、会場からは、大歓声が湧く。

アンコールで再登場時には、ゴ・ジーラが「BiS.LEAGUEの結果を経て、今ここにいる4人が正真正銘のBiS1stです」とBiS1st、そしてBiSの明るい未来を、BiSを信じてついてきてくれる研究員に約束した。

現在開催中の47都道府県ツアーも37本目を終え、終盤に差しかかり、新曲リリースも控える。日増しにエモーショナルになっていく現在のBiSの姿を肌で感じてもらいたい。

<セットリスト (BiS1st/2nd共通)>
1.Don’t miss it!!
2.primal.
3.パプリカ
4.gives
5.WHOLE LOTTA LOVE
6.明日が来るなら
7.Human after all
8.SOCiALiSM
9.ぎぶみあちょこれいと
10.Happy Birthday
11.Never Starting Song
12.Did not
13.ロミオの心臓
14.Give me your love全部
15.Nerve
16.ミステリアスホール
17.I can’t say NO!!!!!!!
18.CHANGE the WORLD
19.TiME OVER
20.NOT the END

EN1.BiSBiS


リリース情報

 

2018.11.14 ON SALE
BiS1st
SINGLE「アゲンストザペイン」

2018.11.14 ON SALE
BiS2nd
SINGLE「アゲンストザペイン」

 


BiS.LEAGUE OFFICIAL WEBSITE
http://bisleague.tokyo/

BiS OFFICIAL WEBSITE
http://www.brandnewidolsociety.tokyo/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人