“女優”レディー・ガガ、『ベネチア国際映画祭』レッドカーペットに降臨

■「私は戦ったの。私は自分のやり方でやりたかった。つねに自分の歩む道は自分で決めたかったのよ。そこがアリーと同じところね」(レディー・ガガ)

歌の才能を見出され、スターの階段を駆け上がっていくアリーの成功と葛藤、愛を描いた心揺さぶる圧巻の感動エンターテイメント『アリー/ スター誕生』(12月21日 日本公開)。

ヒロインのアリーを演じるのは映画初主演の“歌姫”レディー・ガガ。そして『アメリカン・スナイパー』(2015年)で主演・製作を務めた俳優・ブラッドリー・クーパーが初監督を務める。

このたび、すでにアカデミー最有力候補の呼び声高い本作が『第75回ベネチア国際映画祭』のアウトオブコンペティション部門に出品され、9月1日(現地時間 8月31日)にワールドプレミアとして世界で初お披露目。主演のレディー・ガガと監督・主演を務めるブラッドリー・クーパーが参加するレッドカーペットセレモニーが華々しく執り行われた。

『ベネチア国際映画祭』でのワールドプレミアを皮切りに、『トロント国際映画祭』『サン・セバスチャン国際映画祭』と名だたる映画祭への出品が続き、世界的に注目を浴びる本作の初お披露目、そしてガガの昨年の活動休止宣言からの完全復活とあって、世界中から数多くのマスコミが集まった。

現地では圧倒的な完成度に、批評家からの絶賛の声が続々と集まっている。批評家サイト「ROTTEN TOMATOES」では、脅威の94%フレッシュの高評価。辛口批評で有名な『ガーディアン紙』のファーストレビューでは、星5の最大評価で手放しの絶賛! 「衝撃」「傑作」「今年最も感動的な傑作ドラマ」「映画史に残る素晴らしい偉業を達成」と世界中で絶賛の嵐が巻き起こっている。

『アリー/ スター誕生』は、ウェイトレスをしながら歌手になることを夢見るアリー(レディー・ガガ)が、世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)と出会い才能を見出され、一気にスターダムを駆けあがっていく物語を描く。

自分の容姿にコンプレックスを抱えながらも、“等身大の自分”を大事にしながらショービジネスの世界に飛び込んだアリーの“苦悩”と“喜び”に満ちた人生は、歌手として不遇の時代を経てからトップの座に上り詰めたガガの人生そのものということもあり、その演技と歌に早くも注目が集まっている。

さらに、メイン楽曲「Shallow」をはじめとする 19曲もの楽曲はガガとブラッドリーによる映画のための書き下ろし。素晴らしい楽曲の数々がストーリーを彩り、観る者の心を揺さぶる。

■レッドカーペット&プレミア試写 レポート
会場前に敷かれたレッドカーペットの周りには、“女優”レディー・ガガをカメラに収めようとするマスコミと会場に駆け付けた2,000人のファンが溢れかえり、ここ数年の映画祭でいちばんの盛り上がりを見せた。

さらにレッドカーペットには、本年度の『カンヌ国際映画祭』で審査員長を務めたケイト・ブランシェットをはじめ、スーパーモデルのイリーナ・シェイク、そして世界的デザイナーのドナテラ・ヴェルサーチなど世界的なセレブが本作のプレミアを祝って駆けつけた。

淡いピンクのファードレス姿のレディー・ガガとブラッドリー・クーパーが登場すると、会場は地鳴りのような歓声が沸き起こり、いっせいにフラッシュが焚かれる。ふたりは集まったファンにていねいにファンサービスをしながら、スクリーニング会場へ。

ワールドプレミア試写では、ガガ演じるアリーが初めてステージに上がり、メイン楽曲「Shallow」を歌うシーンで上映中にもかかわらず、会場から拍手喝采が起こる異例の称賛ぶり。上映後には、ガガとブラッドリーにスタンディングオベーションで割れんばかりの拍手が起きた。

■記者会見 レポート
同日には記者会見も行われた。ガガとブラッドリーの話を聞こうと集まったマスコミで、300席ほどある会見場は超満員に。さらに立ち見でも入りきらず、外の会場では100名ほどが待機する事態に。

映画初主演となったガガは、「この作品にはとても美しいストーリーがあり、世界中の人々の心を動かす物語だと思う。そこには愛、人間としてのプライドがあるの。多くの人に観てもらえる機会を楽しみにしているわ」と作品への自信の程を語った。

自身が演じたアリーのキャラクターついては、「私はあまり容姿に恵まれていなかったから、レコード会社の上層部は私の歌をほかの歌手に歌わせたがったけれど、私は戦ったの。私は自分のやり方でやりたかった。つねに自分の歩む道は自分で決めたかったのよ。そこがアリーと同じところね」とコメント、どんな逆境に置かれても“ありのままの自分”を信じ続けるアリーと自身を重ね合わせた。

役作りについても、「映画のスクリーンテストのとき、ブラッドリーはメイク落としを私の顔に置いて、メイクはいらないと言ったの」と明かし、「不安定な状態になるんだけど、でもブラッドリーは私の中からそういう“脆さ”を引きだしてくれた。アリーを演じるにあたって、彼はより私を自由にしてくれたの。ここに100の人がいて、たとえ99人が(自分を)信じてくれなくても、ただひとりの人が信じてくれればいい。それがブラッドリーだったのよ」とブラッドリーに絶大な信頼を寄せた。

印象的なシーンでは先述の初めてアリーがステージで歌うシーンを挙げて、「ブラッドリーが“感じるままに楽しんでやればいい”と言ってくれたからそうした。まるで人生で初めて歌うような気持ちがして、忘れられない経験だったわ。とてもスペシャルな体験だった」と語った。

また、初監督兼主演を務めたブラッドリー・クーパーは「ガガを主演にこの物語を撮ることができたことは、とても幸運だった」と断言。

「僕が演じたジャクソンは、自らの名声についてはまったく気にかけていない。彼は自分の意志を大事する。そうしてアリーと運命的な出会いをするんだ」と自信の役柄について語り、「僕にとっての名声は“一瞬にして訪れて去ってゆくノイズ”のようなもの。あとに残るのは孤独。そんなリズムをこの映画にも持たせたかった」と監督として導きたかった作品の方向性について明かした。


映画情報

『アリー/ スター誕生』
12月21日(金)全国ロードショー
監督&製作:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
全米公開:2018年10月5日
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


リリース情報

2018.10.05 ON SALE
レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
DIGITAL ALBUM『アリー/ スター誕生サウンドトラック』
※日本盤CDの発売も予定


映画『アリー/ スター誕生』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人