平井堅、エンタメの本場で『Ken’s Bar』開催!「最高の夜にしようぜ、ニューヨークボーイズ&ガールズ!」

■「『Ken’s Bar』開店20周年を記念して、こうしてニューヨークでコンサートができたこと、こんなぜいたくなことはないと思います」(平井堅)

平井 堅が自身のライフワークと位置づけ、1998年にスタートしたアコースティック形式のコンセプトライブ『Ken’s Bar』。この開店20周年記念公演が、今年5月のTOKYO DOME CITY HALLに続く第2弾として、8月27日・28日の2日間にわたって米国・ニューヨークで行われた。

平井堅にとっては2010年のデビュー15周年記念公演以来、8年ぶりとなるニューヨークでのライブで、会場はブロードウェイの劇場など、エンタテインメント施設が数多く集まるエリアに2018年3月にオープンしたばかりのSony Hall。ジャズクラブで知られるブルーノートの所有、運営で、各国の、そして様々ジャンルのアーティストのライブがブッキングされているが、平井はこの会場のステージに立つ初めての日本人シンガーとなった。

オープニングナンバーは、もともと1977年の映画『ニューヨーク・ニューヨーク』のために作られたのだが、のちにフランク・シナトラがカバーしたことで世界的に広まった「Theme From New York, New York」。ニューヨークという大都市で成功を夢見る若者の野心を歌ったものであり、そのためには愛する君が必要なんだというプロポーズを歌ったラブソングでもある。

このスタンダードを歌い終えると、平井は「こんばんは。『Ken’s Bar』にお越しくださいましてありがとうございます。本当にうれしい限りです」と挨拶。満員のフロアを見渡すと笑顔で、「最高の夜にしようぜ、ニューヨークボーイズ&ガールズ!」とお決まりの文句で観客を煽ると、さらには英語で「ニューヨークで歌うことができてとても幸せです。ベストを尽くします」というMCも披露した。

そして、2016年発表のシングル「魔法って言っていいかな?」、2003年発表のコンセプトカバーアルバム『Ken’s Bar』にも収録されているジョージ・マイケルの「FAITH」と、平井のファンにとってはおなじみのオリジナル曲とカバー曲が続いたあと、エロティックな歌詞が特徴のマニアックな楽曲が登場。2000年に発表されたオリジナルアルバム『THE CHANGING SAME』収録曲の「LADY NAPPER」で、ステージを照らす赤い照明がこの楽曲が持つ妖しい世界観を見事に演出していた。

そんなムードが残るなか、“ニューヨークでも I want your request”と、「リクエストコーナー」の始まりを告げるジングルのニューヨークバージョンが歌われると、場内に割れんばかりの拍手と歓声があがった。平井の投げたボールをキャッチした人が、自分の歌ってほしい平井のナンバーをリクエストできるという人気企画で、初日は「Run to you」、2日目は「wonderful world」が披露された。なお、「リクエストコーナー」のジングルはいつもはピアノをバックに歌われるのだが、今回はアコースティックギターバージョンにアレンジされ、新鮮な印象を残した。

『Ken’s Bar』ではひとつの楽器の演奏だけで歌われるスタイルが圧倒的に多く、続く「why」「瞳をとじて」「知らないんでしょ?」もピアノだけをバックに披露された。

ここで二部構成の前半となる1st STAGEが終了し、休憩を挟んで2nd STAGEがスタートしたのだが、ステージ上にはベーシストしか現れない。ひとつの楽器の演奏だけで歌われるスタイルはまだ続くようだ。

ところが、ウッドベースが鳴り出しても平井は出てこない。すると突然、客席の後方に照明が照らされると、そこに平井が登場。1959年の映画『お熱いのがお好き』でマリリン・モンローが披露した「I wanna be loved by you」を歌いながら、フロアを埋めたファンのあいだを通ってステージへ戻っていった。このサプライズな演出に、会場は大変な盛り上がりとなった。

サプライズは続く。「哀歌(エレジー)」である。『Ken’s Bar』ではいつもピアノだけの演奏だが、今回はウッドベースのみ。平井が発するひとつひとつの言葉と、ウッドベースのひとつひとつの音が絡み合うようなアレンジは、退廃的な男女の関係性を歌った「哀歌(エレジー)」にぴったりであり、そして新鮮だった。過去の楽曲にまったく違う響きを持たせることで観客を驚かせる、それが『Ken’s Bar』の楽しみのひとつでもある。

ここで、“「哀歌(エレジー)」の余韻をぶっ壊しもう1曲 リクエストコーナー”と、歌詞を変えた人気企画のジングルが再び始まり、会場のムードは一変。2度目のリクエストコーナーでは、いつものピアノでなく、1st STAGEのアコースティックギターでもなく、今度はウッドベースだけで、初日は「まばたき」、2日目は「POP STAR」を歌唱。これまた新鮮な驚きをオーディエンスに与えた。

続いて、アコースティックギターだけの「One Love Wonderful World」が終わると、シンプルな演奏でずっと展開してきた『Ken’s Bar』に、ピアノ、ベース、パーカッションが加わり、「ソレデモシタイ」「世界で一番君が好き?」「KISS OF LIFE」とアップテンポなナンバーを演奏。

平井のライブのハイライトを飾るおなじみの楽曲ばかりということもあって、ステージ上だけでなく、それまで座っていた観客が立ち上がって頭上で手を叩くなど、フロアの景色も変わっていった。それを眺めた平井は満面の笑みを浮かべ、あらためてお礼の言葉を述べた。

「『Ken’s Bar』開店20周年を記念して、こうしてニューヨークでコンサートができたこと、こんなぜいたくなことはないと思います。今日という思い出の日を作ってくださって、本当にありがとうございました。今回はニューヨークで開催したわけですが、引き続きセレブレイションイヤーとして、次は11月からツアーを開催します」

2nd STAGEは昨年、『NHK紅白歌合戦』をはじめ、数多くのテレビ番組で披露してきた「ノンフィクション」で終了し、そしてアンコールは2曲。1998年の開店当時から歌っている『Ken’s Bar』のテーマソングともいうべき「even if」と、この楽曲の登場人物のその後を描いた「Half of Me」だった。

この2曲のあいだに平井はニューヨークで生活をする人たちに対し、「世界でいちばん刺激のある街。世界でいちばん戦わなければならない街。ここニューヨークで自分らしく、悔いのない人生を送ってください」とメッセージを送ったあと、さらにこう述べた。

「自分を愛し、大切な人を愛し、自分の気持ちに正直に、つねに悔いのない人生を、と、自分に言い聞かせて歌っています。皆さんもノーリグレットなライフをこれからも過ごして、また会いに来てください。ニューヨークでもいいですし、パリでもどこでもいいんですが、皆さんにこうしてお会いできる日まで頑張って歌っていこうと思います」

そう語った平井は、ラストにまだ音源化されていない楽曲「Half of me」を披露し、ライブを締めくくった。

PHOTO BY MAYUMI NASHIDA

■『KEN HIRAI Ken’s Bar 20th Anniversary Special!! Vol.2』
2018年8月27日(月)、 28日(火)米国・Sony Hall
<セットリスト>
【ACT1】
01. Theme From New York, New York(Frank Sinatra)
02. 魔法って言っていいかな?
03. FAITH(George Michael)
04. LADY NAPPER
05. リクエストコーナー:Run to you(27日)、wonderful world」(28日)
06. why
07. 瞳をとじて
08. 知らないんでしょ?

【ACT2】
09. I wanna be loved by you(Marilyn Monroe)
10. 哀歌(エレジー)
11. リクエストコーナー:まばたき(27日)、POP STAR(28日)
12. One Love Wonderful World
13. ソレデモシタイ
14. 世界で一番君が好き?
15. KISS OF LIFE
16. ノンフィクション0:04:35 AG

【ENCORE】
17. even if
18. Half of Me


リリース情報

2018.05.30 ON SALE
SINGLE「知らないんでしょ?」

2018.05.30 ON SALE
SINGLE「トドカナイカラ」


ライブ情報

Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.3
11/23(金・祝)北海道・北海きたえーる
12/02(日)福岡・マリンメッセ福岡
12/08(土)広島・広島グリーンアリーナ
12/15(土)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
12/23(日・祝)神奈川・横浜アリーナ
12/24(月・休)神奈川・横浜アリーナ


平井 堅 OFFICIAL WEBSITE
https://kenhirai.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人