EXILE/三代目JSB・岩田剛典&杉咲花W主演、映画『パーフェクトワールド』より“江ノ島デート”の場面写真公開

■「一応記念。付き合い始めた」(EXILE/三代目JSB・岩田剛典演じる、主人公・鮎川樹のセリフより)

大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1! 有賀リエ原作の『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)が、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』というタイトルで映画化。10月5日より全国公開される。

原作は、「好き」だけでは乗り越えられない試練に直面しながらも、恋する気持ちを真っ直ぐに伝えて前に進もうとする主人公たちを描いた作品。登場人物たちの姿に共感し、心を打たれる感動作として、今、女性を中心に支持を集めている。

主人公の鮎川樹(あゆかわいつき)を演じるのは、数々のドラマや映画に立て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩田剛典。そして、樹をひたむきに想い続けるヒロインの川奈つぐみを、映画初主演となり、その存在感と演技力で注目を浴びている杉咲花が演じる。

インテリアコーディネーターの川奈つぐみと、つぐみの高校の先輩であり、初恋の相手でもある建築士の樹の偶然の再会からはじまる本作。爽やかな高校時代の思い出とともに、当時伝えられなかった想いが甦るつぐみが目の当たりにしたのは、車イス生活により様々な試練が立ちはだかるも、夢を諦めずに立ち向かう樹の姿だった。初恋の人との再会によって、つぐみの心に再び溢れてくる「好き」の気持ち。

今回公開されたのは、ふたりの距離がグッと近づく江ノ島デートのシーン。樹からのサプライズプレゼント場面の写真が解禁となった。

樹が昔、家族と来たことがあるという思い出の地、江ノ島にデートに来た樹とつぐみ。坂も多く「本当はもっと上まで行けたらいいんだけど」と言う樹に「全然いい! ここで充分!」と、一緒だからこそ楽しむことができる特別な時間に、笑顔をみせるつぐみ。そんなつぐみに、樹は「一応記念。付き合い始めた」と照れた様子でネックレスを渡す。樹からのサプライズプレゼントに驚きながらも、樹の想いを知ったつぐみ。「一生、ひとりで生きていくと決めたんだ」と頑なだった樹の心を、まっすぐなつぐみの想いが少しずつ溶かし、ふたりの仲が深まっていくのがわかる場面写真となっている。

江ノ島といえば夏のデートの定番。新江ノ島水族館でイルカショーを楽しんだり、シーキャンドルと呼ばれている江ノ島展望台で目の前に広がる海や湘南の夜景を楽しむことができる。そして恋人が多く訪れる江ノ島のNo.1 LOVEスポット・恋人の丘で「龍恋の鐘」をふたりで鳴らし、近くの金網に、ふたりの名前を書いた南京錠をつけると、永遠の愛がかなうと言われている。

大切な人と出会い、いくつもの試練を乗り越え、絆を深めた先で、ふたりは幸せに満ち溢れた完璧な世界にたどりつくことができるのか……。この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリーが誕生する。


映画情報

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』
10月5日(金)全国ロードショー
原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
主演:岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、杉咲花
配給:松竹 LDH PICTURES
制作プロダクション:ホリプロ
(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会 (C)有賀リエ/講談社


映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/pworld_movie

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』作品サイト
http://perfectworld-movie.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人